ドコモのモバイルWi-Fiルーターの評判・料金・エリア・制限

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの評判・料金・エリア・制限

料金、通信エリア、速度を解説!
ドコモのモバイルWi-Fiを徹底調査!


スマホや携帯では「通信エリアが広く、安心感がある」というイメージが強く、人気の高いドコモ(docomo)。中には「モバイルWi-Fi(ワイファイ)も、ドコモなら間違いない!」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、ドコモの電波というだけで安心感はありますよね。しかし、当サイトではドコモのモバイルWi-Fiをおすすめしません。その理由はいたってシンプル。月額料金が高すぎるためです!

結論からお伝えしましたが、まずはドコモのモバイルWi-Fiの詳細をりたいという方も多いはず。そこで当ページでは、ドコモのモバイルWi-Fiについて通信エリアや速度、料金についての基本情報から評判・口コミまで見ていきます。

最後までお読み頂くことで、なぜドコモのモバイルWi-Fiおすすめできないかが、おわかり頂けるはずです!それでは早速、見ていきましょう!
※掲載価格はすべて税込です。
田和さん

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


ドコモ(docomo)のモバイルWi-Fi!契約プランは2つ!

意外と知らない方も多いのですが、ドコモのモバイルWi-Fi専用のデータプラン(ルーター)に関しては、2019年5月31日を以て新規申し込み受付を終了しています。

2019年6月1日からは、ドコモのスマホ・タブレットなどと共通でモバイルWi-Fiも2つの新料金プランとなりました。 そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約プランは以下の2つです。

  • ドコモの低容量プラン!ギガライト
  • ドコモの大容量プラン!ギガホ

旧プランと比較して、お得になったのかどうかという点も含めて、ドコモの契約プランを確認していきます。モバイルWi-Fiだけでなく、スマホなどの契約プランとも共通しているのでしっかりと見ていきましょう。

ドコモの低容量契約プラン!ギガライト!

ドコモの低容量プランとなるのが、ギガライトプランです。ギガライトプランは、モバイルWi-Fiやスマホ使ったデータ容量に併せて、7GBまで段階的に料金が上がっていく仕組みとなっています。

そんなギガライトプランの料金の仕組みは以下の通り。
月間データ容量 月額料金
定期契約あり 定期契約なし
~1GB 3,278円 3,365円
~3GB 4,378円 4,565円
~5GB 5,478円 5,665円
~7GB 6,578円 6,765円

最大の7GB以上を使ってしまうと、スマホ、モバイルWi-Fiどちらであっても通信速度が128Kbpsという速度まで制限がかかってしまいます。128Kbpsという速度は、インターネット検索すらもサクサク進まない速度。インターネット接続する際は、かなり不便となります。

そのため、ドコモのギガライトプランはメールやSNSなどモバイルWi-Fiを使って、インターネットをあまり利用しないという方におすすめのプランとなっています。

ドコモの大容量プラン!ギガホ!

ドコモの新料金プランのもう1つが、大容量のギガホプランです。ギガホプランは、月間最大で30GBのデータ容量を使うことができます。

そんな、ドコモのモバイルWi-Fi新料金プラン、ギガホの詳細は以下の通りです。
月間データ容量 月額料金
定期契約あり 定期契約なし
〜3GB 5,368円 5,555円
〜60GB 7,018円 7,205円

ギガホに関しては、3GBまでと60GBまでと料金が2段階になっているプラン。

また、ギガライトプランと違い、60GB以上のデータ容量を使ってしまっても安心。ギガホプランの場合、低速時も1Mbpsという速度でインターネット通信が可能です。

1Mbpsであれば、通常画質でYoutubeなど動画を視聴することができる程の速度となっています。データ容量を使い過ぎてしまっても、インターネット接続ができないという速度ではないので安心です。

そのため、ドコモのギガホプランは、動画視聴やオンラインゲーム等のデータ容量を多く使う通信を行う方におすすめのプランとなっています。

ギガライトプランがおすすめの人

メールやSNSなど、モバイルWi-Fiを使って、インターネットをあまり利用しないという方におすすめ!

ギガホプランがおすすめの人

動画視聴やオンラインゲーム等のデータ容量を多く使う通信を行う方におすすめ

ドコモのモバイルWi-Fiの新料金プランは、スマホなどとも統一され、非常に分かりやすくなりました。とはいえ、旧プランと比較しないことにはお得かどうかはわかりません。そのため、本当に安くなったのか、ドコモのモバイルWi-Fiの新契約プランについて、旧契約と料金を比較していきましょう。

徹底比較!新料金プランと、旧プランどっちがお得?

ドコモのモバイルWi-Fiを契約した場合の、料金プランを比較します。月間データ容量を基に、新料金プランは安くなったのかを確認しましょう。

データ通信量 ドコモの旧料金プラン ドコモの新料金プラン
5GB データプランベーシックパック/7,040円 ギガライトプラン/5,478円
20GB データプラン・ウルトラデータLパック/8,140円 ギガホ/7,018円
30GB データプラン・ウルトラデータLLパック/11,000円 ギガホ/7,018円

新旧プランを比較した所、どのデータ容量であっても新料金プランの方が安いという結果となりました。

しかし、料金が安くなったとはいえ、やはりドコモのモバイルWi-Fiがおすすめできないということに変わりはありません。その理由を具体的に見ていくため、ドコモのモバイルWi-Fiについて口コミ・評判を確認していきます。

ドコモのモバイルルーターは?評判・口コミからメリット・デメリットを解説

ここからは、口コミ・評判を基にドコモのモバイルWi-Fiルーターについて見ていきましょう。まずは、基本的なルーターのスペックを見た後、ドコモのモバイルWi-Fiのメリット・デメリットを確認していきます。

ドコモのモバイルルーターのスペック

ドコモの最新モバイルWi-Fiルーターのスペックは以下の通りです。

ルーター名 Wi-Fi STATION SH-52B
通信速度 5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大218Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
サイズ 約74(H)×約108(W)×約15.7(D)mm
重量 約166g
連続通信時間(5G/PREMIUM 4G/LTE) 約440分/約430分/約630分
同時接続台数 17台(Wi-Fi:16台/有線LAN:1台 or USB:1台)

上記が、ドコモの最新モバイルWi-FiルーターWi-Fi STATION SH-52Bのスペックとなっています。そんなドコモのモバイルWi-Fiについて、口コミ・評判を確認していきましょう!

ドコモのモバイルWi-Fiに関する良い口コミ・評判

■ 通信エリアが1番広いのはドコモ
2012年に終了したmova回線の空きが出た800MHz帯(プラチナバンド)で、Xi(下り最大50MbpsのLTE)を提供しています。つながりやすさという面を比較するなら、周波数帯域のバランス良く、LTE回線が充実しているドコモのモバイルWi-Fiがおすすめです。

またLTEがつながらないエリアでも、FOMA回線(3G)を利用することができます。FOMA回線は人口カバー率100%で、新幹線8路線すべての駅でエリア化も完了済。通信エリアの広さという面では、他のauやソフトバンク、WiMAXと比較してもドコモのモバイルWi-FiがNo.1と言っても過言ではないでしょう。

■ドコモのモバイルWi-Fiは速度、通信エリアは非常に良い!
ここまでの調査結果では、速度、通信エリアという観点ではドコモのモバイルWi-Fiは非常におすすめということがわかりました。

しかし、冒頭でもお伝えした通り、それでも私はドコモのモバイルWi-Fiを決しておすすめしません。その理由ともなるデメリットについて、見ていきましょう。 

ドコモのモバイルWi-Fiに関する良い口コミ・評判

■ 月額料金が非常に高い
一般的なモバイルWi-Fiの月額料金相場と比較して、ドコモのモバイルWi-Fiの料金は非常に高く設定されています。

月間データ容量に制限のない、WiMAXやY!mobileの場合、月額料金は約3,500円~4,500円程。一方、ドコモの大容量プランの場合、月間60GBと制限があるにも関わらず料金は7,018円と2倍近い料金がかかってしまいます。

通信エリア、速度の芽里意図を含めて考えても、ドコモのモバイルWi-Fiは、データ容量に制限があり料金も高いという最大のデメリットがあり、おすすめしにくいポイントとなっています。

■ データ通信の利用量に注意
上記の料金の部分でもお伝えしましたが、ドコモのモバイルWi-Fiには無制限データ容量を使えるプランはありません。そのため、自宅でご家族とパソコン、スマホ、タブレットなど、複数端末でインターネット接続する場合、データ容量がすぐに上限に達してしまう可能性があります。

新料金プランのギガホでは、データ容量が上限を超えた後の速度制限が緩和されたものの、やはり無制限プランには及びません

ドコモのモバイルWi-Fiを契約する場合は、普段からどれだけのデータ容量を使ったかを確認して利用する必要があるというのもデメリットの1つとなっています。

ドコモのモバイルWi-Fiはおすすめできない!

ここまで、ドコモのモバイルWi-Fiについて、新料金プランから良い評判・悪い評判までを見てきましたが、いかがでしたか。

繰り返しにはなりますが、NTTドコモが提供するモバイルWi-Fiは決しておすすめできません!その理由は非常にシンプル。通信エリア、通信速度は日本一のモバイルWi-Fi言えますが、月額料金も日本一であるため。モバイルWi-Fiサービスを提供する大手キャリアのソフトバンク、Y!mobile、WiMAXと比較して、データ容量が少ないにも関わらず月額料金は最も高い料金となっています!

そのため、敢えておすすめするのであれば「高い料金でも気にしないから、とにかく広範囲で高速通信を利用したい!」という方にドコモのモバイルWi-Fiはおすすめと言えます。

そこで、当サイトでは、本当におすすめのお得なモバイルWi-Fiを契約したいという方に向けて、独自でモバイルWi-Fiを徹底的に比較調査しました。「おすすめのモバイルWi-Fiを探している」「なるべく安い料金でモバイルWi-Fiを契約したい」という方は、下記のページをご参考にして下さい。 最安値のおすすめモバイルWi-Fiをきっと見つけて頂けるはずです!


モバイルWi-Fiの徹底比較表!
おすすめNo.1はこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
PAGE TOP