どこよりもWiFiは契約すべき?他モバイルWi-Fiの会社とプランを料金を徹底比較!

「実際、どこよりもWiFiは安いの?」
「検討中から、どこよりもWiFiユーザーの生の声を聞いてみたい…。」

そうお悩みの方にぴったりの記事です。

当記事では、どこよりもWiFiの概要やメリット・デメリットをどこよりも分かりやすく、丁寧に解説していきます。

モバイルWi-Fi契約前に気になる、どこよりもWiFiの口コミや評判も調査しましたので、リアルを知ることができるでしょう。

また、公式HPを見ているだけでは分からない、他社の同じプランとの料金比較をしていますので、「どこよりもWiFiは安いのかどうか」という点にもしっかり触れました。

損しないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


まずは概要をチェック!料金プランや端末をチェック

まずは料金プランや端末といった概要を解説していきます

「そもそも、どこよりもWiFiってどんなモバイルWi-Fiなの?」とお思いの方向けに、概要を解説していきますね。

  • 料金プラン
  • 端末情報
  • 運営者情報

の3つに分けて解説していきますので、ぜひご覧ください。

段階式が嬉しい!どこよりもWiFiの料金プラン

料金プラン
では早速どこよりもWiFiの料金プランをチェックしていきましょう。

2022年現在、どこよりもWiFiが提供している料金プランは2プラン。2年割が適用されたプランと、縛りのないプランです。

どこよりもWiFiの料金プラン
2年割適用料金
ピタッとプラン
シンプルスタンダード
通常料金
ピタッとプラン
シンプルスタンダード
プラン料金 〜5GB 900円
〜20GB 1,900円
〜50GB 2,900円
50GB〜 3,400円
〜5GB 1,400円
〜20GB 2,400円
〜50GB 3,400円
50GB〜 3,900円
最低利用期間 24ヶ月
初期費用 3,300円
機器損害金 19,800円
支払い方法 クレジットカードのみ
キャンペーン なし
発送日 最短翌日発送
どこよりもWiFiの料金プランの特徴は、段階式の料金であること。

毎月一定金額を支払う料金プランでないので、使うデータ容量が少ない場合は、データ容量に応じた料金となります。

では、次にどこよりもWiFiの端末についてチェックしていきましょう。モバイルWi-Fiの速度は、端末のスペックに依存するため、要チェックです。

docomoエリアで使える!機種端末について

どこよりもWiFiで利用する端末の特徴を一覧にまとめました。

どこよりもWiFiのルーター端末情報
端末名 FS030W
最高速度  下り150Mbps
上り50Mbps
サイズ  74mm×74㎜×17㎜
(高さ×幅×厚さ)
重さ  128g
利用回線  docomo

通信速度は、一般的なモバイルWi-Fiと同じ。最高速度だけ見ると、他のモバイルWi-Fiより劣っていることはないと言えるでしょう。

重さは文庫本一冊分より軽い程度なので、持ち歩きやすいサイズ。

どこよりもWiFiの運営情報は?

どんな会社が運営しているの?なんてことも気になりますよね。

早速どこよりもWiFiの運営情報をチェックしていきましょう。
どこよりもWiFiの運営会社情報
 運営会社 株式会社Wiz
所在地  〒170-000
東京都豊島区南大塚2-25-15
事業内容  Wiz cloud事業/ITプロダクト事業/新生活サポート事業/メディア運営事業/開店オンライン事業/保育サポート事業 /nene事業/デジタルサイネージ事業/アプリプラット事業/DX承継事業/HRコンシェルジュ事業/パートナー事業
電気通信事業者届出番号 A-28-15584

小さな会社が運営していることの多いモバイルWi-Fiですが、どこよりもWiFiは社員が1,000人以上の中規模の会社が運営しています。

モバイルWi-Fi以外にも多角的に事業を展開している会社。

電話番号を公開していない会社が多い中、会社概要にも電話番号が記載されており、好感が持てます。

後で詳細を解説しますが、契約前にチャットで相談も可能です。サポート体制が整っていることから、契約しても問題ない会社と言えるでしょう。

段階式の料金形態が嬉しい!どこよりもWiFiのメリットは?

必見のどこよりもWiFiのメリットを解説します では、早速どこよりもWiFiのメリットをチェックしていきましょう。

▼どこよりもWiFiのメリット▼

  • データを使わない月は値段が安くなる
  • 縛りなしプランも提供されている
  • チャット機能があり、契約前に不明な点を問い合わせすることができる
  • 縛りなしで20GBまで使う場合は料金が安い
1つずつチェックしていきましょう。

データを使わない月は値段が安くなる

どこよりもWiFiのメリット1点目は、データを使わない月は値段が安くなるということ。

プラン料金を解説した欄でも触れましたが、どこよりもWiFiの料金プランは、4段階の段階式料金プラン

つまり、使った分だけ料金が加算される料金プラン。

具体的にどのようなメリットがあるかというと、どこよりもWiFiであれば、「使わない月があった際には、高額な料金を支払う必要がないということ。」

ほとんどのモバイルWi-Fiは一定の料金なので、どれだけ使おうが使わなかろうが、支払う金額は変わりません。

毎月利用するデータ容量が変動する方におすすめのモバイルWi-Fiです。

縛りなしプランも提供されている

どこよりもWiFiのメリット2点目は、最低利用期間がないプランも販売しているということ。

基本的にモバイルWi-Fiには最低利用期間(通称、縛り)が設けられており、その縛りが終わる前に解約をすると、数万円に及ぶ解約違約金が発生します。

ただ、どこよりもWiFiの場合は、縛りのないプランを契約できるため、短期でモバイルWi-Fiを利用予定の方も安心。

1年以内の短期予定の方は、ぜひどこよりもWiFiを検討してみてはいかがでしょうか。

チャット機能があり、契約前に不明な点を問い合わせすることができる

どこよりもWiFiのメリット3点目は、チャット機能があるため、自動のチャットボットではなく、人が対応してくれる点。

モバイルWi-Fiは長期で契約すること方が多いですよね。そのため、契約後の損した!とならないよう、契約前に不安点をちゃんとクリアしたいもの。

ただ、ほとんどのモバイルWi-Fiは電話番号やチャット機能がなく、契約前に相談することができません。

しかしながら、どこよりもWiFiであれば、契約前にチャットで相談をすることができます。そのため、モバイルWi-Fiを初めて契約する方も安心して契約ができるでしょう。

縛りなしで20GBまで使う場合は料金が安い

どこよりもWiFiの最後のメリットは特定のプランでは、業界最安級ということ。

その特定の条件とは、以下の場合です。

どこよりもWiFiの業界最安となる条件 ・縛りなし20GBまで

また、どこよりもWiFiは最大で124GB利用できることもあり、100GB以上のデータ容量が必要!という方におすすめ。

100GBで十分の場合は、他のモバイルWi-Fiでよいのですが、100GB以上使う場合は1GBあたりの値段が最安となりますので、100GB以上120GB以下の場合には、どこよりもWiFiがうってつけと言えます。

以下より、それぞれのプランの比較表をご覧いただけますので、ぜひ気になるプランのプラン比較表をご覧ください。

20GBのプラン比較を見る

縛りありの場合
どこよりもWiFi 2,032円
ギガWiFi
(ミニ重量プラン)
20GB
使った場合
1,676円
THE WiFi FiT
(20GBまで) 
2,204円

縛りなしの場合
どこよりもWiFi 2,675円
クラウドWiFi東京 2,855円
ゼウスWiFi 2,893円
モンスターモバイル 2,915円

50GBのプラン比較を見る

縛りありの場合
どこよりもWiFi 3,032円
ギガWiFi 2,764円
それがだいじWiFi 2,887円
Ex Wi-Fi CLOUD 3,078円

縛りなしの場合
どこよりもWiFi 3,675円
クラウドWiFi東京 3,255円
モンスターモバイル 3,465円

100GBのプラン比較を見る

縛りありの場合
実質月額料金 1GBあたりの料金
どこよりもWiFi 3,536円 29.4円
THE WiFi
(100GB)
3,308円 33.1円
それがだいじWiFi
(100GB)
3,464円 34.6円
ギガWiFi
(100GB)
3,334円 33.3円
Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
3,450円 34.5円

縛りなしの場合
実質月額料金 1GBあたりの料金
どこよりもWiFi 4,179円 35円
AiR WiFi
(100GB)
3,883円 38.8円
クラウドWiFi東京
(100GB)
3,993円 39.9円
モンスターモバイル
(100GB)
4,213円 42.1円
mugenWiFi
(100GB)
4,653円 46.5円


契約前に要チェック!どこよりもWiFiのデメリット・注意点は?

契約前にチェックすべきデメリット・注意点を解説していきます

どこよりもWiFiのメリットをご覧いただき、どこよりもWiFiに魅力を感じたのではないでしょうか。

ただ、どこよりもWiFiにも契約前に知っておくべき注意点があります。

そんなどこよりもWiFiの注意点は、以下の通り。

▼どこよりもWiFiのデメリット▼

  • 1日に4GBまでという速度制限がある
  • 端末を壊してしまった場合には19,800円の賠償金が発生
  • 支払い方法がクレジットカードのみ
1つずつ詳細をチェックしていきましょう。

1日に4GBまでという速度制限がある

どこよりもWiFiのデメリット1点目は、1日に4GBまでという速度制限があるということ。4GBをオーバーすると、翌日0時を過ぎるまで速度制限にかかってしまいます。

また、月間の上限設定なしという謳い文句があるものの、1日の制限は4GBまでなので、1ヶ月で使える容量は最大124GB(1ヶ月31日の場合)。

完全無制限ではなく、1日に使えるデータ容量が限られているものとなりますので、契約前にはこの点を把握をしておきましょう。

さらに、1日で利用できるデータ容量の制限があることにより、「平日は仕事だからあまり使わないけど、休日にたくさん映画観賞をする!」といった、日によって利用するデータ容量が異なる方には合わないプランです。

この点は絶対に忘れずに契約しましょう。

端末を壊してしまった場合には19,800円の賠償金が発生

どこよりもWiFiのデメリット2点目は、端末を壊してしまった際に高額な賠償金の支払い義務が生じること。

どこよりもWiFiの端末は、無料提供ではなく、レンタル。どこよりもWiFi解約時に返却が必要となります。あくまでレンタルとなるため、故障してしまった際には、高額な賠償金が発生してしまいます。

1ヶ月440円のオプションをつけることで、無料修理サービスの補償を付けることができますが、盗難、紛失、経年劣化の場合は対象外となりますので、利用上には注意が必要に。

どこよりもWiFi契約時に、補償をつけない場合は、丁重に扱う必要があることを覚えておきましょう。

支払い方法がクレジットカードのみで口座振替は不可

どこよりもWiFiのデメリット3点目は、支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替ができません。

多くのモバイルWi-Fiがクレジットカードのみの支払いとなるため、大きなデメリットではないものの、口座振替希望の方には大きなデメリットになりますよね。

口座振替が可能なモバイルWi-Fiのおすすめを以下の記事にて紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

口座振替可能!
おすすめのモバイルWi-Fiをチェックする
 

速度の口コミ・評判をチェック!ユーザーの声を徹底調査

速度に関する口コミ・評判をチェックしていきます



気になる速さに関しては、まさに賛否両論。満足していない方の声が6割といったところでした。

モバイルWi-Fiは利用場所・環境に大きく依存するため、速度が遅いといえども自分と全く同じ環境で使っていることはないため、遅いことが自分に当てはまるとは限りません。

ただ、どこよりもWiFi契約後どうしても遅いと感じた場合は、初期契約解除制度という、クーリングオフのような制度がありますので、無料でキャンセルが可能です。

まとめ 〜どこよりもWiFiは結局どんな人が契約すべき?〜

結局どんな人が契約すべきなのかまとめを解説します

どこよりもWiFに関して、解説してきましたが、少しでも理解は深められたでしょうか。

メリットやデメリットを踏まえると、どこよりもWiFiがおすすめな方の特徴は以下の通りです。

どこよりもWiFiがおすすめな人の特徴

月によって使うデータ容量が異なる人

毎日使うデータ容量が一定の人

1日4GB以上使わない人

【値段重視の場合】短期の利用予定で20GB以上使わない人


上記条件に当てはまらない方や、「もっと他のモバイルWi-Fiも見てみたい!」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方向けに無制限のモバイルWi-Fiを比較しておすすめNo.1をご紹介している記事をご紹介します!

おすすめのモバイルWi-Fiの他にも、無制限のモバイルWi-Fiを選ぶ上で絶対に知っておくべき選び方などについても解説していますので、これからモバイルWi-Fiを契約したいと思っている方全員が必見の内容です。

ぜひご覧ください。

無制限のモバイルWi-Fiを
チェックする

よくある質問

よくある質問についてお答えしていきます 最後に本記事の内容のおさらいできるよう、よく受ける質問に関して回答していきますね。

どこよりもWiFiは初月日割り計算が可能ですか?

はい、どこよりもWiFiは、初月の日割り計算が可能です。

どこよりもWiFiは初期契約解除制度が適用されますか?

はい、適用されます。

初期契約解除制度
以下の条件が課されますので、利用予定の方は十分に注意してください。

初期契約解除の条件 ・端末到着より7日以内の申請、20日以内の端末返却が必須です
・1GB以上通信すると利用できなくなります

どこよりもWiFiは海外で使えますか?

いいえ、使えません。

以前利用していたクラウド SIMという仕組みであれば、海外でも利用が可能だったのですが、2022年1月時点では、異なる仕組みを用いているため、海外で使うことができません。

どこよりもWiFiは遅い?実際に使った速度を知りたい

以下が、どこよりもWiFiの平均速度です。

どこよりもWiFiの平均速度 平均ダウンロード速度: 18.85Mbps 平均アップロード速度: 12.05Mbps
「繋がりにくい」という評判もありますが、10Mbpsあれば高画質の動画も視聴可能なので、利用する上で問題なく速度が出るといえるでしょう。

どこよりもWiFiの解約方法を知りたいです

どこよりもWiFiの解約方法は、以下の流れとなります。

解約フォーム から送る 縛りなしの場合、どこよりもWiFiの解約月は特殊で、申請した次の月が解約月となります。解約申請を送っても、その月に解約はできませんので、なるべく早めに申請を行いましょう。

縛りのあるの場合は、解約したい月に解約申請し、月末までに到着するように端末の返却をすれば問題ありません。

どこよりもWiFiで、プラン変更は可能ですか?

どこよりもWiFiの場合、プラン変更はできません。

当記事は以上となります。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました

まとめに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
PAGE TOP