ソフトバンクから格安スマホへ。乗り換えのすすめ

現在、スマホ料金を安く抑えるため、格安スマホに乗り換える方が急増中です。

「この流行りに乗って、自分もソフトバンクから乗り換えたい!」そう思っているソフトバンクユーザーの方がきっとこの記事を読まれているのではないでしょうか?

色々な格安スマホを比べて選びたくても、サービスが多すぎて、調べるだけで一苦労ですよね。

そこで今回は、ソフトバンクから格安スマホへの乗り換えを検討している方向けに、おすすめの格安スマホについて解説します。

これを読めば、ソフトバンクユーザーにおすすめの格安スマホから乗り換え時の注意点まで全て網羅できてしまいますよ!

※掲載価格はすべて税込です。
株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


まずは格安スマホの仕組みを理解しよう

乗り換えには欠かせない格安スマホの仕組みについて解説します

とっても便利なスマートフォン。今や何をするにも欠かせない存在です。 ただ、1つだけスマホに言いたい文句があるとすれば「スマホの料金が高すぎる!」ということではないでしょうか。

格安スマホが登場するまでは、ソフトバンク等の大手キャリア以外に選択肢もなく、高いスマホ料金は変えられないものでした。

しかし、「格安スマホ」が登場した今、スマホの機器本体とSIMカード、料金プランを選んで組み合わせ、自分だけのお得な格安スマホを作ることができるようになったのです。

ただし、格安スマホならどれでもいいというわけではありません。 サービスの特徴や料金プランは格安スマホ会社や「回線の違い」によっても異なるため、自分にとって最適な格安スマホを選ぶことが大切です。

「回線の違い」とは、「ソフトバンク回線、au回線、ドコモ回線」 のこと。格安スマホについて調べると、この言葉をよく目にしませんか?

どの回線の格安スマホを選ぶかが、最適な格安スマホ選びの重要なファーストステップとなります。

ソフトバンクユーザーという条件や、自分のスマホの利用方法にピッタリな格安スマホを選ぶため、まずは格安スマホの仕組みについて理解しておきましょう。

格安スマホの回線の違い

格安スマホとソフトバンクなどの大手キャリアのサービスの1番大きな違いは何か、皆さんは知っていますか? それは、インターネット回線を自社が提供しているか、他社から借りたものを提供しているか、という点です。

インターネット回線を自社提供しているのは、ソフトバンク等の大手キャリア。 一方、格安スマホ会社は大手キャリアからインターネット回線を借り、それを提供することでサービスを運営しています。

だから、格安スマホには「ソフトバンク回線、au回線、ドコモ回線」と、利用できる回線に違いがあるのです。

中には、3つのうちどれか1つの回線だけを提供している会社もあれば、3回線全てに対応している会社もあります。

そして、ソフトバンク・au・ドコモの回線の違いが、インターネットを利用できるエリアやスピード、使えるスマホ機器本体の違いにも影響を及ぼします。

そのため、格安スマホを選ぶ際には契約したい会社がどの回線を利用しているのかを考慮することが必要です。 条件次第では、元の回線と新しく契約した回線が違ったために、インターネットが使えない状況に陥ってしまう可能性もあります。

例えば、ソフトバンクからau回線の格安スマホに乗り換えると、回線が違うためインターネットに接続できない可能性が高いということです。

なぜこのようなことが起こるかというと、キャリアで購入された端末はSIMがロックされているから。

しかしながら、2022年現在、SIMロックの解除はマイページ上から無料で行うことができます。そのため、実質回線の違いは気にする必要はありません。

回線の違いについて理解していただいたところで、ソフトバンクから乗り換えに特におすすめの4社を厳選してご紹介していきます!

ソフトバンクから乗り換えにおすすめの格安スマホ

必ずチェックすべき、ソフトバンクから乗り換えにおすすめの格安スマホについて解説します

ここからは、ソフトバンクから乗り換えにおすすめの格安スマホ会社4選を紹介していきます。

格安スマホのサービスで比較すべき尺度は、速度と料金。なぜかというと、格安スマホの仕組みに関わってきます。

格安スマホはMVNOといって、キャリアから通信回線を借りてサービスを提供しているため、その分月額料金が安いのです。

ただ、借りている回線数には限りがあるため、キャリアよりも回線が混雑しやすく、安定した回線は期待できない場合も。

もちろん、キャリアと変わらない通信速度を持っている格安スマホ会社もあります。しかし、他の格安スマホ会社を比較すると月額料金が少々高めに設定されているケースがほとんど。

そのため、格安スマホを選ぶ上で速度と値段のどちらを重視するかを決めておくとよいでしょう。

上記、格安スマホを選ぶ上の前提を踏まえて、当サイトおすすめの会社の平均速度と料金プランを一覧にまとめてみました。

▼ソフトバンクから乗り換えにおすすめの格安スマホ一覧表
※この表は横にスクロールできます。
会社名 平均速度 15〜25GB 料金プラン
Y!mobile
下り 64.69Mbps
上り 16.34Mbps
15GB 3,278円
25GB 4,158円
mineo
下り 38.77Mbps
上り 8.62Mbps
20GB 2,178円
ahamo
下り 117.7Mbps
上り 13.49Mbps
20GB 2,970円
5分の通話し放題
オプション組み込み
LINEMO
下り 80.83Mbps
上り 16.61Mbps
20GB 2,728円
※みんそくより
※正しく比較するために、料金プランは20GB前後のもののみを抜粋しています。

一覧で速度と料金を比較すると、速度が上がるほど、値段が上がることが分かりますよね。

上記表を踏まえて、あなたのソフトバンクケータイの解約状況と重視する基準でおすすめなものが分かるようにご紹介しております!気になる会社をご覧ください。

ソフトバンク解約に違約金がかかってしまう場合
●速度と対面サービス重視:Y!mobile
●値段と速度重視:LINEMO
※いずれもソフトバンクからの乗り換えは無料で可能です。
違約金が発生しない場合 ●安さ重視:mineo
●速度重視:ahamo
●電話の頻度が多く、料金を安く抑えたい
・通常電話なら:ahamo
・LINE通話なら:LINEMO
●総合的なバランス重視:ahamo

①Y!mobile|キャリア並みの通信速度とサポートの充実度重視の方向け

ワイモバイル,コンテンツロゴ

こんな方におすすめ

通信速度、サポートの充実度重視



ワイモバイル,コンテンツロゴ

こんな方におすすめ

通信速度、サポートの充実度重視


Y!mobileのおすすめポイント

通信の安定性がソフトバンク並み!

店舗数が格安スマホの中で1番なので対面相談もOK!

ソフトバンク光の割引が使える


Y!mobileの料金表
シンプルプランSML
データ通信容量
(データ増量キャンペーン2年間)
3GB15GB25GB



基本使用料2,178円3,278円4,158円
通話22円/30秒
最低利用期間なし
契約解除料0円
MNP転出手数料無料
契約事務手数料
(初期費用)
3,300円
シンプルプランSML
データ通信容量
(データ増量キャンペーン2年間)
3GB15GB25GB



基本使用料2,178円3,278円4,158円
通話22円/30秒
最低利用期間なし
契約解除料0円
MNP転出手数料無料
契約事務手数料
(初期費用)
3,300円
※Y!mobileもテザリング機能は利用可能です。
※Y!mobileはソフトバンク回線を利用していますが、ソフトバンクのスマホでもSIMロックを解除しないとY!mobileのSIMカードを使うことができないので注意が必要です。

ソフトバンクのサブブランドとして人気を博す「Y!mobile」。

サブブランドということもあり、格安スマホの中でも通信速度の安定性に定評があります。値段は、格安スマホ業界では高額の部類なので、値段よりも通信の安定性を重視する方におすすめです。


②LINEMO(ラインモ)|LINE通話とメッセージをよく利用する方向け

LINEMO,コンテンツロゴ

こんな方におすすめ

通信速度、価格重視



LINEMO,コンテンツロゴ

こんな方におすすめ

通信速度、価格重視


LINEMOのおすすめポイント

3GBプランが実質半年間無料キャンペーン実施中

20GB2,728円でソフトバンク同等レベルの通信速度

LINEトーク/通話がギガカウントフリー


LINEMOの料金表
ミニプランスマホプラン
データ通信容量3GB20GB



基本使用料990円2,728円
通話22円/30秒
最低利用期間なし
契約解除料0円
MNP転出手数料無料
契約事務手数料
(初期費用)
無料
ミニプランスマホプラン
データ通信容量3GB20GB



基本使用料990円2,728円
通話22円/30秒
最低利用期間なし
契約解除料0円
MNP転出手数料無料
契約事務手数料
(初期費用)
無料
LINEMO(ラインモ)は、2021年に登場したソフトバンクの格安プラン。LINEモバイルがソフトバンクに吸収されてできた会社となります。

店舗サポートこそ受けられませんが、ソフトバンクが販売する格安プランということもあり、通信速度がソフトバンク並みの安定性であることが特徴と言えます。

2022年現在、3GBプランが半年間実質無料キャンペーンを行なっておりますので、お得に利用したい方は申し込みのチャンスとなっています。

通信速度と値段のバランスが取れた格安SIMをお探しの方におすすめと言えるでしょう。

ここまでの説明だと前に説明したY!mobileとの違いが曖昧ですよね。

Y!mobileとLINEMOの違いは、その店舗数。 LINEMOは対面のサービスは受けられず、サポートもチャットが基本。人件費や店舗となるテナント代金がかからないため、その分プランが安くなっています。

一方、Y!mobileは格安スマホの中で店舗数がNo.1。街中を歩いていて、Y!mobieの看板を見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

Y!mobileは全国に店舗があり、対面のサービスが受けやすいため、充実したサポートを受けたい方におすすめです。Y!mobibeをやはり検討したい方はこちら


③mineo|月額料金が安いプランにしたい方向け

マイネオ、コンテンツロゴ

こんな方におすすめ

とにかく値段重視!



マイネオ、コンテンツロゴ

こんな方におすすめ

とにかく値段重視!


mineoのおすすめポイント

他のmineoユーザーとデータ通信量をシェアできる

豊富なオプションサービスで自分だけのプランを作れる

20GBプランの値段が業界最安級!


mineoの料金表

データ容量 1GB 5GB 10GB 20GB
月額料金 1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
無料通話 mineoでんわ 10分かけ放題 935円/月
通話定額60(月間最大60分の無料通話) 1,848円/月
通話定額30(月間最大30分の無料通話) 924円/月
データ容量 1GB 5GB 10GB 20GB
月額料金 1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
無料通話 mineoでんわ 10分かけ放題 935円/月
通話定額60(月間最大60分の無料通話) 1,848円/月
通話定額30(月間最大30分の無料通話) 924円/月


格安スマホの代表格と言えるmineo。豊富なプランに加えて、ユニークなコミュニティ制度で人気の会社です。

20GBでも2,178円とリーズナブルで、 マイそくといったデータ無制限になるオプションも魅力的です。1GBや5GBのプランもあるので、そこまでデータ容量を使わない方にもおすすめ。

夜の帰宅時間帯やランチの時間帯に関しては、混雑してしまい、速度が下がってしまう傾向にあるため、速度より値段重視の方におすすめの格安スマホです。


④ahamo | 価格と速度重視の方におすすめ

ahamo,コンテンツロゴ

こんな方に向いている!

使い心地と値段の安さ重視


ahamo,コンテンツロゴ

こんな方に向いている!

使い心地と値段の安さ重視


2021年にドコモから発売された格安ブランドahamo。ドコモのサブブランドということもあり、その速度の安定性に注目が集まっています。「ドコモと同程度の速度!」という声も多くみられました。ドコモ回線のため、ライバルのサービスのpovoやLINEMOより通信の安定性や対応エリアの広さは随一と言えるでしょう。

また、オプションはあれど、料金プランは20GBのプラン1つのみで、とてもシンプル。そんなahamoの料金プランは以下の通り。

▼ahamo 料金
スマホプラン(ドコモ回線)  
データ容量 20GB
月額料金 2,970円
5分の通話をし放題付き
オプション +80GB 4,980円
通話し放題 1,650円

多くの格安スマホの会社が端末を販売していない中、ahamoは端末も販売しているため、端末の新規購入も検討している方におすすめ。

また、ahamoは5分の通話をし放題なので、短い通話が多い方にも適しています。

ahamoの契約前に気をつけたいのが、サポートが最低限であること。チャットのサポートのみで、対面でのサポートは行っていません。

しかしながら、ライバルプランと言えるpovoと LINEMOとは違い、有料ではありますが、ドコモショップにて店舗サポートは受けられるので、最終的に対面サポートを受けられる選択肢があった方が良いという方にぴったりのサービスです。


どの格安スマホ事業者も、料金プランが安く、ユニークなサービスを提供していて魅力的ですよね。 お気に入りの格安スマホは見つかったでしょうか?

いくつか候補が見つかったら、より詳しく料金プランなどについて調べて、最も自分に合うものを選び出しましょう!

ソフトバンクから格安スマホに乗り換えるメリット

そもそも乗り換えるメリットについて解説します

おすすめの格安スマホについて知っていただいたところで、本家ソフトバンクから格安スマホに乗り換えした際のメリットや注意事項といった基本情報について、ご紹介します。

まずは、ソフトバンクから格安スマホに乗り換えするメリットからチェックしていきましょう。

①今持っているスマホをそのまま使える

ソフトバンク・au・ドコモのキャリアでスマホを契約すると、スマホに「SIMロック」が掛けられます。 SIMロックがかかっていると、その端末は契約したキャリアの回線にしか繋がりません。

言い換えれば、他社の回線のSIMカードを差しても、その回線を使えないようにする、意地悪な鍵が掛けられているのです。

しかも、SIMロックには契約後101日目以降でなければ解除ができない、というさらに意地悪なルールがあります。

そのため、ソフトバンクで新しいスマホを契約したばかりの方が他社回線の格安スマホに乗り換えてしまうと、インターネットを利用できないという事態に陥ってしまいます。

この事態を回避するための解決策は主に3つです。

  • 同じ回線に乗り換える
  • SIMロックを解除する
  • SIMフリー端末を購入する

  • 同じ回線に乗り換える
  • 回線が同じ場合、この問題は発生しません。ソフトバンクユーザーの方はソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えましょう。

  • SIMロックを解除する
  • 契約から101日以上経っていてSIMロックを解除することができれば、ソフトバンク回線以外の格安スマホも利用でき、選択肢は広がります。 また、端末を一括購入すれば、利用日数にかかわらずSIMロックを解除することができます。

    SIMロックは、各社のマイページ(ソフトバンクはMy SoftBank)から自分で簡単に解除可能です。また、不安な方は店頭でスタッフに解除をお願いすることもできますが、手数料3,300円がかかります。

    自分で解除する場合、手数料はかかりません。 解除の手間が面倒だ、というソフトバンクユーザーの方は、ソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えれば問題はありません。

    また、SIMロックが解除できる端末は2015年5月以降に発売されたスマホのみです。 iPhone6s以前のスマホの場合、SIMロック解除ができません。

    そのため、古いタイプの携帯を再利用したいソフトバンクユーザーの方はソフトバンク回線の格安スマホに乗り換える必要があります。

  • SIMフリー端末を購入する
  • SIMフリー端末を購入する方法もあります。 中古品であれば比較的安いものを手に入れることができます。

②料金が安くなる

ソフトバンクから格安スマホに乗り換える最大のメリットと言えるでしょう。

タイトルの通り、ソフトバンクを使っている時よりも値段が安くなります。口コミを調査すると、1/2以下になった!という声があるほど。

「スマホの料金が高いからもっと削減したい!」とお思いの方にはぴったり。

料金が安くなるものの、サービスの質が下がるということではありませんので、ご安心ください。

③豊富なプランから自分に合ったプランを選ぶことができる

最後のメリットが、自分に合ったプランを選択できる点です。格安スマホを扱う会社の数は10社を超え、差別化のため、独自のプランを展開していることがほとんど。

  • 値段はある程度落としたものの店舗サービスにも対応可能
  • エンタメフリーなのでYoutubeを実質見放題
  • 速度はイマイチだが値段の安さはピカイチ
このように、料金の安さ以外にも会社ごとにそれぞれの特色があり、auではなかったサービスを見つけられるでしょう。

最後に実際にソフトバンクから格安スマホに乗り換える時の注意点について説明します。

乗り換えの注意点を確認

乗り換え前に知っておくべき注意点について解説します

良さそうな格安スマホも見つけて、格安スマホに乗り換える準備は整いましたね。

ただ、いざ契約をするとなると、「何かデータが消えたらどうしよう」、「乗り換えに失敗しないかな」、と不安になってしまいませんか?

せっかく格安スマホに乗り換えたのに、大切なデータが消えてしまって後悔した、なんて事態は避けたいですよね。

そんなソフトバンクユーザーさんのために、乗り換え前に確認しておきたい注意事項についてお話しておこうと思います。

「今すぐソフトバンクから格安スマホに変えたい!」という方も、乗り換えに失敗しないために一度落ち着いて注意点を確認しておきましょう。

格安スマホに乗り換える前に確認していただきたい注意点は以下の6つです。

格安スマホに乗り換える際の注意事項
  • 格安スマホに求める条件の確立
  • 最適な格安スマホを契約 / SIMロックの解除
  • 動作確認端末
  • バックアップ
  • メールアドレス
  • MNPの用意


どれも簡単なものに思えますが、事前に確認しておかないと乗り換えに失敗してしまうことになりかねません。 ここからは、注意事項を1つずつ詳しく確認していきましょう。

格安スマホに求める条件の確立

今回ご紹介した4つの格安スマホだけでも、サービス内容が多種多様であることがおわかり頂けたと思います。

ご自身の月のデータ消費量、よく使うアプリ、使う時間帯等に合わせて最適なプランを選ぶことで、それぞれのサービスの特徴を最大限に活用できるのです。

スマホ利用において何が重要か、優先度が高いのか、格安スマホに求める条件を明確にしましょう。

最適な格安スマホを選ぶ

格安スマホに求める条件を確立することができたら、その条件に最も当てはまる格安スマホ事業者を選びましょう。 いくつか候補が挙がった場合、定めた条件に沿って絞り込むことができますね。

また、今回ご紹介した格安スマホは、ほんの一部に過ぎません。

もちろん他の格安スマホという選択肢も広がります。条件を固めておけば、最適な格安スマホを新しく見つけ出すことも比較的簡単になるはずです。

動作確認端末

格安スマホへの乗り換えの際に見落としてしまいがちなのが「動作確認端末」です。

格安スマホ会社は、iPhoneやAndroidの様々な機種が自社のSIMカードを利用して正常に作動するか、動作確認を行っています。 「動作確認端末」は、各社のホームページでチェックできます。

特に、手持ちのスマホをそのまま使いたいという方は必ず確認しておきましょう。 稀に、ホームページに載っていない端末もあります。 そのような場合は電話で確認してみることをおすすめします。

バックアップ

端末ごと買い換える方は、機種変更をする時と同様に必ずデータのバックアップをしておきましょう。

SIMカードだけ交換する方は、バックアップの必要はありません。 写真や連絡先、アプリ、音楽などのデータはSIMカードを変えただけでは消えることはないので安心してください。

メールアドレス|キャリアのメールアドレスを使っている人は注意!

格安スマホの申込みの際には、新規契約先との登録をメールでやり取りする場合が多いため、GmailやYahoo!mail等のフリーメールアドレスが必要です。 乗り換える前に必ず取得しましょう。

また、格安スマホ移行後は、キャリアのメールアドレス(ソフトバンクの場合@softbank.ne.jp)が使えなくなります。 大切なメールの保存先やメールアドレスをIDとして登録しているサービスの登録情報を変更しておくと安心です。

ただ、「メールアドレス持ち運び」と、ソフトバンクのメールアドレスを引き続き利用できるサービスもあります。1メールアドレス3,300円でできますので、お金がかかって問題ない方はぜ利用してみてはいかがでしょうか。

MNPの用意

MNPとは、今使っている携帯番号を格安スマホでも継続して利用するために必要な番号のことです。

取得手順は簡単で、今契約しているキャリアのマイページ(ソフトバンク携帯の場合はMy SoftBank)、電話、店頭で手続きが可能です。 電話番号を引き継ぎたい場合、この手続きが必要になることも頭に入れておきましょう。

初期設定(APN設定を行えば利用スタート!)

格安スマホは、キャリアとは違い、初期設定を自分で行う必要があります。

その大きな1つが、APN(アクセスポイントネーム)の設定です。接続先を設定する工程となり、全員が必要となります。

難しい名前ですが、説明書を見れば3分程度で終わる作業のため、ご安心ください。

注意事項についてきちんと確認し、不安を取り除くことはできましたか? 全ての項目をクリアできれば、ソフトバンクから格安スマホに乗り換える準備はバッチリです。 早速格安スマホに乗り換えて、お得に楽しくスマホを使いまくりましょう!

今回は、格安スマホの仕組みや回線の違いから、ソフトバンクユーザーのための格安スマホ情報を解説してきました。

ソフトバンクユーザーが格安スマホを選ぶべき理由や、格安スマホならではの優れたサービスについてよく理解して頂けたのではないでしょうか。

あなたが「格安スマホ」という新しい選択に踏み出すお手伝いができたのなら幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました!

おすすめの
格安スマホ会社に戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
PAGE TOP