モナWiFiは本当にお得?口コミや評判から契約すべきか徹底調査!

大容量プラン かつ 縛りなしという特徴で、人気を集めるモナWiFi。

口コミや評判を調査すると、「おすすめしない!」「避けるべき」といった声が見受けられて、不安になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、当記事ではモナWiFiのメリット/デメリットに加えて、ユーザーの口コミを紹介の上、どんな人にモナWiFiがおすすめなのか?について徹底解説します。

契約前に絶対知っておくべき注意事項にも、忖度なく触れているので、モナWiFiを検討している方はぜひ最後までご覧ください。

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


縛りなしで大容量?モナWiFiの概要をチェック!

縛りなしで大容量で好評を博すモナワイファイの概要について解説します
まずは、モナWiFiの概要をチェックしていきましょう。

モナWi-Fiの概要
運営会社 株式会社シレーヌ
サービス開始年 2020年
最低利用期間&解約違約金 なし
初期費用 5,500円
支払い方法 クレジットカード
(デビッドカードも可)
販売プラン モナSIMプラン
ルーター付レンタル
(50GBプラン/
超大容量プラン)
クラウドSIMルータープラン
(1日10GB)
キャンペーン なし
モナWiFiは、株式会社シレーヌが運営するモバイルWi-Fi。サービス開始年は2020年と新しく、お客様第一主義を掲げ、業界No.1を目指しています。

モナWiFiは、縛りがない&大容量のモバイルWi-Fiであることを強調しており、端末セットのみならず SIMだけのレンタルもできる数少ない会社です。

そんなモナWiFiがどんなモバイルWi-Fiを販売しているのかをチェックしていきましょう。

SIMのみのプランもあり!モナWiFiの料金プランは?

モナWiFiには、以下の3プランが用意されています。

▼モナWiFiが提供する料金プラン▼

  • モナSIMプラン
  • ルーター付レンタル(50GBプラン/超大容量プラン)
  • クラウドSIMルータープラン(1日10GB)
1つずつ、使える容量や特徴をチェックしていきましょう。

モナSIMプラン
データ容量 月間50GB
月額料金 3,850円
SIM再発行手数料 4,400円
※SMSを利用してしまうと、賠償金5,000円が発生します。 モナWiFiはSIMカードだけをレンタルできるプランも販売しています。

他のプランより料金が安いため、自分のモバイルWi-Fiのルーター端末がある方にとっては嬉しいプランと言えるでしょう。逆を言えば、自分で用意することができなければ、中古の端末を用意する必要があります。

また、APN設定を自分で行うこととなります。事前にAPNの設定方法を調べておくとスムーズに使い始められますよ。

ルーター付レンタル(50GBプラン/ 超大容量プラン)
データ容量 月間50GB 超大容量プラン
(100GBまで)
月額料金 3,850円 6,028円
スタンダードなルーター付きのプランです。取扱機種は、以下の2端末。
FS030W 602HW
端末画像 FS030W 602HW
サイズ 高さ 約 74.0mm
幅 約 74.0mm
厚さ 約 17.3mm
高さ 約65.1mm
幅 約109.9mm
厚さ 約15.5mm
重要 約128g 約135g
通信速度 受信時
最大150Mbps
送信時
最大50Mbps
4G LTE
(FDD-LTE):
下り最大350Mbps
上り最大37.5Mbps
連続通信時間 最大20時間
(LTE通信時)
約8.5時間

お次に、クラウドSIMのルータープランの詳細をチェックしていきましょう。

クラウドSIMルータープラン(1日10GB)
そして、最後にクラウドSIMのルータープランです。

クラウドSIMは、使える場所でより適切な回線が繋がる、比較的新しい仕組みのSIMです。このクラウドSIMの魅力は、三大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)の回線が使えるということ。

都市部はもちろんのこと、郊外部でもつながりやすいという特徴を持っているので、WiMAXがエリア外で使えない…という方にもおすすめのモバイルWi-Fiです。

GlocalMe U2
端末画像 GlocalMe U2
サイズ ⾼さ 127mm×
幅 65.7mm×
厚さ 14.2mm
重要 約128g
通信速度 受信時最大150Mbps
送信時最大50Mbps
連続通信時間 最大13時間
以上3プランがモナWiFiが料金プランです。ご自分の容量・希望に合わせて、選ぶようにしましょう。

モナWiFiを契約するメリットとは?

2つの、モナワイファイのメリットについて解説します
料金プランや、概要を知っていただいたところで、お次にメリットを確認していきましょう。

▼モナWiFiのメリット▼

  • 縛りがないので、違約金が発生しない
  • 300GB超えの大容量プランがある
1つずつ詳細を説明していきますね。

縛りがないので、違約金が発生しない

モナWiFiのメリット1点目は、縛りがないので、違約金が発生しないこと。

一般的に、モバイルWi-Fiには最低利用期間、いわゆる縛りが設けられています。最低利用期間が終了する前に解約すると高額な違約金が発生することはご存じの方も多いのではないでしょうか。

ただ、モナWiFiは縛りがないため、違約金が発生しません。そのため、短期利用の方やいつ解約するか分からないという方にうってつけのモバイルWi-Fiと言えるでしょう。

300GB超えの大容量プランがある

モナWiFiのメリット2点目は、大容量プランがあること。

モバイルWi-Fi業界が指す「大容量」は、100GBが一般的です。これより多い大容量もあるのですが、200GB前後が最大。そんな中、モナWiFiは月に300GB使える(1日10GB)という大容量さです。

100GBじゃ全然足りていないからもっとデータ容量が多いモバイルWi-Fiが欲しい、という方にモナWiFiはおすすめのモバイルWi-Fiと言えるでしょう。

以上がモナWiFiのメリットです。次の章から、デメリットや注意点をチェックしていきましょう。

契約前に要チェック!デメリット・注意点は?

デメリット・注意点について解説します モナWiFiのデメリットや注意点は以下の点です。

▼モナWiFiのデメリット▼

  • 月額料金が最安級ではなく、高め
  • 事務手数料が他社と比較して高額
  • 問い合わせ方法がメールのみで電話は不可
  • 端末故障・紛失時の弁済金が高額
メリット同様、1つずつチェックしていきましょう。

月額料金が最安級ではなく、高め

モナWiFiのデメリット1点目は、月額代金が他のモバイルWi-Fiと比較して高額ということ。

同じ容量 で縛りのないモバイルWi-Fiと比較してみましょう。

まずは、SIMのみのモナSIMプランです。
       
月額代金
モナSIMプラン 4,235円
クラウドWiFi東京 2,980円
モンスターモバイル 3,190円

このように、クラウドWiFi東京の方が圧倒的に安いということがお分かりいただけたでしょうか。クラウドWiFi東京とモンスターモバイルは、端末付きのプラン。自分で端末を持っていなくても、問題ありません。

お次にルーター付レンタルの2プランを比較していきましょう。

       
月額代金
モナWiFi 50GBプラン 3,828円
クラウドWiFi東京 2,980円
モンスターモバイル 3,190円

         
月額代金
モナWiFi 超大容量プラン 6,028円
Air WiFi 3,608円
クラウドWiFi東京 3,718円
モンスターモバイル 3,938円

どちらを見ても、やはりモナWiFiが最安ではありませんでした。クラウドSIMルータープランに関しては、他に1日10GB使えるモバイルWi-Fiがなく、比較ができないため、超容量を使いたい方にはおすすめと言えるでしょう。

モナWiFiのルーター付きのプラン、SIMのレンタルは最安ではないということを覚えておきましょう。

事務手数料が他社と比較して高額

モナWiFiのデメリット2点目は、初期の事務手数料が高額ということ。 

モナWiFiの初期の事務手数料は5,500円(税込)。初期事務手数料は、3,300円と定めるモバイルWi-Fiが圧倒的に多いです。モナWiFiは2,000円近くも初期費用が高額になってしまうこととなってしまうため、縛りがないものの、すぐに解約すると損とも言えますね。

基本的に、モバイルWi-Fi業界は縛りの期間が長ければ長いほど、料金が安くなる仕組みです。縛りなしのモバイルWi-Fiは、プラン料金が高額であったり、その他部分が高額…ということが一般的。

モナWiFiは、縛りがない分を事務手数料を高額にしているとも考えられるでしょう。

縛りがないモバイルWi-Fiでも、初期事務手数料が3,300円の会社もあるため、初期費用を抑えたいとお考えの方は注意すべきと言えるでしょう。

問い合わせ方法がメールのみで電話は不可

モナWiFiのデメリット3点目は、問い合わせ方法がメールのみとなってしまう点。

実は問い合わせ方法がメールだけ、という会社は多数派。そのため、大きなデメリットではありません。

しかしながら、モナWiFiの場合は、サポートのレスポンスが遅いという口コミが多数見受けられたため、デメリットとして挙げさせていただきました。

問い合わせ自体はメールだけで問題ありませんが、その返事が遅いのは問題ですよね。

2022年時点で、公式HPには報告として記載があるお問い合わせ対応正常化と記載があるものの、実態は分かりません。トラブル時に起こった時にある程度自分で解決方法を調べて解決できる人でないと、モナWiFiはおすすめとは言えないでしょう。

端末故障・紛失時の弁済金が高額

モナWiFiのデメリット4点目は、端末に不具合があった場合に発生する弁済金が高額ということ。

自然故障の場合でも、モナWiFiは故障や紛失の際に22,000円の弁済金が発生してしまいます。

MONSAセーフという保証サービスが加入すればよいものの、550円/月が発生するため、それを合算した料金を考慮すると、お得とは言えません。

モナWiFiを契約する際は、基本的に補償加入が必要で、そうなると高額となると覚えましょう。

また、モナWiFiを利用するとなると、もし補償をつけない場合、取り扱いに注意する必要があることを覚えておきましょう。

口コミ・評判を徹底調査!実際のユーザーをチェック

Twitter(ツイッター)にてモナワイファイの評判・口コミを調査しました
本章では、実際にモナWiFiを利用しているユーザーの口コミ・評判を調査の上、多かったものをピックアップしてご紹介しますね。

良い評判

速度が速いという評判が見られました。

こちらの口コミ以外にも多いの速度に満足する口コミが見受けれます。速度に関しては、問題なくでるっと認識しても問題ないと言えるでしょう。

悪い評判


接続できないにも関わらず、問い合わせへの返答がない、という口コミが見受けられました。

問い合わせしているのも関わらず、10日以上返答がこないという口コミです。

15を超えるモバイルWi-Fiの口コミや評判を調査した経験のある筆者ですが、直近で消費者センターに相談する障害が起こったモバイルWi-FiはモナWiFi以外に見たことがありません。

公式HPには解消したとの記載がありますが、トラブルを避けたいと少しお思いの方は、モナWiFiは避けるべきと言えます。

まとめ 〜モナWiFiはお得なモバイルWi-Fiなの?〜

まとめについて解説します
これまでの内容を踏まえると、モナWiFiがおすすめな方の特徴は以下の通りとなりました。

WiMAX「ギガ放題プラン」のおすすめポイント

300GB近く使える大容量のモバイルWi-Fiを使いたい

トラブルがあっても自分である程度解決が可能

過去のトラブルをあまり気にしない


過去の大規模なトラブルがあった以上、あまりおすすめとは言えません。

以下の記事より、30社以上のモバイルWi-Fiを比較の上、厳選したおすすめをご紹介している記事にリンクが可能ですので、「他のモバイルWi-Fiも比較したい!」とお思いの方はぜひご覧ください。

30社以上を徹底比較!
おすすめの
ポケットWiFiはこれだ!

よくある質問

本記事の内容のおさらいの意味も兼ねて、最後によくある質問について回答していきます。

モナWiFiには過去にどんなトラブルが起こったことがあるの?

2021年5月に、SIMカードレンタルを利用しているユーザーによる「繋がらない」「遅い」という口コミが急増しました。

通信障害を起こした結果、モナWiFiは以下の対応を行いました。

モナWiFiの対応 1 50GBとして継続利用/月額は2,800円
2 超大容量プラン、クラウドSIM超容量プランを特別価格で案内
3 解約
不具合のユーザーが多く、問い合わせも急増したため、この時期に問い合わせの返事ない、という口コミが多く見られています。

2022年現在、公式HPに問い合わせ対応正常化のアナウンスがあります。心配な方は避けるべきと言えるでしょう。

モナWiFiの解約方法を知りたい

モナWiFiの解約方法は、問い合わせフォームから、解約の旨を連絡をするだけ。

毎月21日が締め切りとなっていますので、解約希望の際は早めに連絡するようにしましょう。また、端末やSIMの返却が必要となりますので、決められた期日までに返送を行いましょう。

モナWiFiはテザリングが可能ですか?

公式HP上にて、動作保証、サポート対象外と記載されています。そのため、モナWiFiはテザリングが不可です。

モナWiFiのモバイルWi-Fiは速度はどれくらいですか?

プラン、端末によって異なります。以下が端末の最高速度となります。

  • FS030W:最大150Mbps
  • 602HW:最大350Mbps
  • GlocalMe U2:最⼤150Mbps


いずれも一般的なモバイルWi-Fi端末の速度で特に遅いということはありません。口コミを見ても、速度は満足している声が多く見受けられました。

モナWiFiに電話の問い合わせは可能ですか?

いいえ、電話番号の記載はなく、モナWiFiへの問い合わせ方法はフォームからのお問い合わせのみです。

モナWiFiの速度制限時の速度を知りたいです

ルーター付レンタル 及び レンタルSIMは128kbpsです。

クラウドSIMルータープランに関しては、記載がありませんでした。

モナWiFiは契約後いつ発送されますか?

以下のように公式HPに記載があります。

モナWiFiの発送に関する記述 「当⽉から利⽤」の場合は3営業⽇以内に発送。
「翌⽉から利⽤」の場合は翌⽉の3⽇までに発送となります。
当記事は以上となります。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
PAGE TOP