モンスターモバイルはお得?評判や口コミを調査して徹底解剖!

2020年10月に誕生したMONSTER MOBILE(モンスターモバイル)。契約期間や、使うデータ容量を選べて、自分のライフスタイルに合わせたプランを契約できることから人気を集めています。

ただ、モバイルWi-Fiは速度などをはじめとして、全ての情報をどうしても公式HPから知ることはできません。

当記事では、実際にモンスターモバイルを使っている方の評判や口コミを調査しながら、契約前に知るべき情報を徹底解説します。

モンスターモバイルの概要はもちろんのこと、メリットやデメリット、他社と比較すると本当に安いのか?など、モンスターモバイルが自分に合っているかどうか決め手になる記事となっています。

「モンスターモバイルを契約するか迷っている…。」
「特徴や契約前に知っておくべき注意点を把握したい。」

上記のようにお悩みの方にぴったりとなっておりますので、ぜひお付き合いください。

田和さん

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)の運営会社やプランは?

モンスターモバイル,MONSTER MOBILE,,解約,ネクスト,NEXT,モバイルWiFi,モバイルWi-Fi
まず、はじめに「モンスターモバイルの概要を知りたい!」という方に向けて、運営会社販売プランといった基本的な情報について解説していきます。

運営会社

モンスターモバイルの運営会社は、株式会社NEXT(ネクスト)

株式会社ネクストは、モンスターモバイル以外にも、auひかりやSoftBank 光、フレッツ光といった光回線の代理店を行っています。

モバイルWiFiのみならず、通信業界事業を手広く手がけており、通信業界にて実績のある会社。提供するサービスを安心して利用できるでしょう。

お次にモンスターモバイルがどのようなプランを販売しているかをご案内します。

モンスターモバイルが販売中のプラン

モンスターモバイルの概要を知っていただいたところで、モンスターモバイルが販売しているプランをご紹介します。

モンスターモバイルが販売中のプランは、大きく12プランに分かれます。まず一覧をご覧ください。

デイリープラン
容量 2GB/DAY 3GB/DAY 5GB/DAY
月間最大容量 62GB 93GB 155GB
月額料金
(1年契約)
2,728円 3,278円 3,828円
月額料金
(縛りなし)
3,278円 3,828円 4,378円
解約手数料 ※1年契約 1~12ヵ月目:10,780円
13ヵ月目(更新月):0円
14ヵ月目~:3,300円
マンスリープラン
容量 20GB/
MONTH
50GB/
MONTH
100GB/
MONTH
月額料金
(1年契約)
2,090円 2,640円 3,388円
月額料金
(縛りなし)
2,640円 3,190円 4,378円
解約手数料 ※1年契約 1~12ヵ月目:10,780円
13ヵ月目(更新月):0円
14ヵ月目~:3,300円

以下の流れでプランを決定するとスムーズに決めることができます。

  • STEP1 デイリープラン / マンスリープランを選ぶ
  • STEP2 容量を選ぶ
  • STEP3 契約期間を選ぶ

1つずつ詳細を解説していきますね。

STEP1 デイリー か マンスリーを選ぶ
モンスターモバイルでは、1ヶ月で利用する容量が2タイプに分かれます。

1つ目が、デイリープラン。それぞれ、1日に使える容量が決められています。

デイリープランは、1日で使う容量が一定の方におすすめ。

ただ、1日で余らせてしまったデータは次の日に繰り越せないため、「平日はあまり容量は使わないけど、休日に動画視聴をしてデータをたくさん使う…。」という使い方をする人にはおすすめできません。

そのような方には、マンスリープランがおすすめです。

マンスリープランは、デイリープランとは違い、月に●GBというくくり1日で利用できる容量が決まっていません。

ご自分のスタイルに合ったプランを選ぶようにしましょう。

容量を選ぶ
デイリープランかマンスリープランが決まったら、自分に合った容量を選びましょう。

以下のように、それぞれ選ぶことができます。

デイリープラン 2GB(最大月62GB)・3GB(最大93 GB)・5GB(最大155 GB)
マンスリープラン 20GB・50GB・100GB

それぞれ、小容量・中容量・大容量のプランがあるので、自分に合った容量を選ぶことができます。

契約期間を選ぶ
容量が決定したら、次には契約期間を選びましょう。モンスターモバイルは以下の2プランを用意しています。

モンスターモバイルの契約期間 ・1年契約
・契約期間なし

縛りがあった方が安くなるような設計で、契約期間なしのプランの方が550円 高くなります。

利用端末

モンスターモバイルで利用できる端末は、2種類。モンスターモバイルオリジナルのルーター端末で、どちらを選んでも価格や速度は変わりません。

違いは、平均稼働時間海外で使えるかどうか、です。

機種の特徴を一覧にまとめてみました。

モンスターモバイルの端末情報
端末名 Macaroon SE Macaroon M1
端末画像
サイズ (mm) 85×85×23.5 85×85×20.6
重さ 125g 100g
最大通信速度 下り150Mbps, 上り50Mbps
バッテリー容量 4,000mAh 3,000mAh
連続使用時間 20時間 12時間
端末代金 無料(レンタル)
契約事務手数料 3,300円

前述しましたが、どちらのルーター端末を使おうとも速度や対応エリアは全く同じなので、海外でも使うのか、連続利用時間を重視するか、こちらの2点の兼ね合いで決定するとよいでしょう。

よく海外出張へ行かれる方は、Macaroon M1がおすすめですが、国内利用の方は、Macaroon SEを選べば問題ありません。

モンスターモバイルの値段は安い?他社と徹底比較!

モンスターモバイルにはたくさんプランがあって、どれが最安級なのかわかりにくいですよね。

結論、モンスターモバイルが最安プランとなるのは、以下のパターンです。

モンスターモバイルが最安のプラン

・マンスリー50GB
・マンスリー20GB(1年契約の場合) ※2年契約の場合はTHE WiFi/ゼウスWiFiの方が格安となります。
・デイリープラン(2GB/日、3GB/日、5GB/日)

つまり、マンスリーの100GB以外の場合では、モンスターモバイルのプラン料金が最安料金ということとなります。

マンスリーの100GBを契約する際には、 Air WiFiがおすすめです。同じく1年契約で、同じクラウドSIMの技術を使っているため、同じ質のものをより安く使うことができます。

また、「長期利用前提なので、2年契約でも問題ない」という方には、Mugen WiFiがおすすめです。

業界最安級の料金に加えて、10,000円のキャッシュバック、30日間のお試しキャンペーンを実施している、お得なモバイルWiFi。

当サイトイチオシのモバイルWiFiなので、ぜひ詳細が気になった方は以下のURLをご覧ください。

Mugen WiFiの詳細をチェックする

モンスターモバイルの3つのメリット

メリット,モンスターモバイル,MONSTER MOBILE,プラン,料金,三大キャリア モンスターモバイル概要をご理解いただけたところで、本章からは、もう一歩踏み込んでモンスターモバイルの魅力を知っていただくべく、メリットを解説していきます。

モンスターモバイルのメリットは、以下の点です。

▼モンスターモバイルのメリット▼
  • ①料金タイプが豊富で自分のスタイルに合ったものから選べる
  • ②データ容量のチャージが可能
  • ③三大キャリアの回線が利用可能で接続しやすい

それぞれ詳細を解説していきますね。

①料金タイプが豊富で自分のスタイルに合ったものから選べる

モンスターモバイルのプランは12種類と豊富。

  • マンスリータイプ / デイリータイプの2種類
  • それぞれ容量が3種類
  • 契約期間を縛り(1年)ありかなしかの2種類

2種類×3種類×2種類、合計12パターンから選ぶことができます。

他社のモバイルWi-Fiの場合、縛りは通常2年〜3年。しかしながら、モンスターモバイルの最低利用期間は1年と他社と比較して短いことも魅力に挙げられるでしょう。

また、モンスターモバイルはプラン変更も可能です。ただ、変更パターンは限定されており、以下のプラン変更のみに限られるため、注意しましょう。

変更可能なプラン ・縛りなしプラン → 1年変更
・利用容量を増やすプラン変更

マンスリープラン/デイリープランの変更や、容量を増やす変更ができません。

「利用予定の期間が分からないから、とりあえず縛りなしのプランにしたけど、長期利用になったから縛りなしにしたい!」
「データ容量を少なめにしたけど、もっと多く使いたいから、容量を増やしたい!」

上記のような場合に限り、プランが変更可能と覚えておきましょう。

②データ容量のチャージが可能

モンスターモバイルのメリット2つ目は、データ容量のチャージが可能ということ。

もし選択したプランのデータ容量が少なかった場合には、データ容量を追加することができます。

追加できるデータ容量と値段
500MB 1日 225円
1GB 7日 335円
3GB 30日 665円
7GB 30日 979円
30GB 60日 3,450円

一世を風靡したahamoやLINEMOでも1GB550円がかかるため、モンスターモバイルの追加料金がいかに安いかが分かるでしょう。

このように、モンスターモバイルは自分にライフスタイルに合わせたプランを選ぶことができ、足りない分だけを足せるので、柔軟に自分の使いたい容量に調整可能。

ほとんどのモバイルWiFiの会社は、最初から容量が決まってしまっており、追加ができません。

決められたデータ容量を使い切ってしまうと、速度が遅い状況が続き、非常にストレスのかかる状態が続いてしまいます。そのため、データ容量が追加できるのは、大きいメリットと言えるでしょう。

③三大キャリアの回線が利用可能で接続しやすい

モンスターモバイルのメリット3点目は、三大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の回線を利用できるということです。

モンスターモバイルは、クラウドSIMという技術を利用しており、au/ドコモ/ソフトバンクという広範囲のエリアをカバーしている回線を利用できます。そのため、都市部はもちろんのこと、郊外エリア、いわゆる田舎エリアでも利用しやすいです。

大人気モバイルWiFi「WiMAX」よりも広範囲をカバーしており、「WiMAXがエリア外で使えなかった…。」という方に、モンスターモバイルはおすすめ。

また、クラウドSIMの魅力は、国内のみならず海外でも使えること。

Macaroon SEを選ぶ必要がありますが、海外(約90の国と地域)でも利用できます。

海外への出張や旅行の度にモバイルWiFiをレンタルしていた方は、毎回レンタルの手間を省くことができるでしょう。

以上、3点がモンスターモバイルのメリットです。

最安プランではない?注意点やデメリット5つを解説

注意点,デメリット,モンスターモバイル,MONSTER MOBILE,クレジットカード,口座振り替え, モンスターモバイルのメリットについて、ご理解いただいたところで、お次は契約する前に知っておくべく注意点やデメリットを解説していきましょう。

▼モンスターモバイルのデメリット▼
  • ①口コミや評判が少なく実態を掴みにくい
  • ②プランによっては最安ではない
  • ③支払い方法はクレジットカードのみ
  • ④プラン変更は全てのプランできるわけではない
  • ⑤通信障害の歴史がある

1つずつ詳細を見ていきましょう。

①口コミや評判が少なく実態を掴みにくい

モンスターモバイルの注意点1点目は、 サービス開始したてのため、口コミや評判が少ないということ。

モンスターモバイルがサービススタートしたのは2020年10月。

サービス開始から日が経っていないため、他のモバイルWiFiより利用者が少なく、口コミの数は多くはありません。

どのモバイルWiFiも、公式HP上だけでは実際に使った時の速度やエリアなどは100%分かりません。そのため、モバイルWi-Fiを契約する上で口コミや評判は非常に重要な判断基準となります。

そのため、モンスターモバイルの場合は、どうしても決め手にかけてしまうという注意点があります。

なかなか自分が欲しいような口コミや評判が見つからなかったら場合は、まず「縛りなし」のプランにて契約の上、問題ないようであれば、1年契約へ変更されるという順がおすすめ。

②プランによっては最安ではない

モンスターモバイルの注意点2点目は、プランによって最安ではないというところ。

値段という観点で見ると、以下のプランを選ぶ場合、モンスターモバイルが最安級となります。

最安プラン

・デイリープラン(2GB/日、3GB/日、5GB/日)
・マンスリー50GB
・マンスリー20GB(1年契約の場合)※2年契約の場合はTHE WiFiの方が格安となります。

デイリープラン3つ及びマンスリープランの50GBのプランに関しては、最安級となります。

20GBの場合、1年契約であれば最安なのですが、2年契約であればギガWiFiの方が安くなることに。

値段重視でモバイルWi-Fi探しをされている方は、上記ポイントを押さえながら探すようにしましょう。

③支払い方法はクレジットカードのみ

モンスターモバイルの注意点3点目は、口座振替ができないということ。

モンスターモバイルを契約するとなると、クレジットカードでの支払いが必要となります。

モンスターモバイルと同じクラウドSIMを用いたモバイルWiFiで口座振替ができるのは、2021年現在Mugen WiFiのみ。

口座振替という条件が絶対に外せないという方はMugen WiFiを検討してみてはいかがでしょうか。

④プラン変更は全てのプランできるわけではない

モンスターモバイルの注意点4点目は、プラン変更はできるものの、2パターンのみという点です。



モンスターモバイルはいずれの3パターンの選択肢から自分に合ったプランへカスタマイズ可能です。

  • デイリープラン / マンスリープラン
  • 容量
  • 縛りなし / 1年契約

全部でプランが12と、数が多いために「契約後にプランが自分に合っていなかった…。」という場合にプラン変更もできないと困りますよね。

モンスターモバイルは、プラン変更自体も可能ですが、以下の2パターンに限定されます。

変更可能なプラン ・縛りなしプラン → 1年契約プラン
・利用容量が増える変更(デイリープランは、2GB → 3GB → 5GB / マンスリープランは、20GB → 30GB → 50GB)

デイリープラン / マンスリープラン間の変更や容量を減らす変更はできません。

一番気をつけなければいけないのは、デイリープランとマンスリープラン。1日に使うデータ容量が変わらない方はデイリープラン、休日にまとめて映画鑑賞で利用すると、日によって利用容量が変わる方は、マンスリープランを選ぶようにしましょう。

縛りを無くす変更や容量を増やす変更はできるため、迷ったら少なめの容量に、縛りなしのプランから契約すれば失敗しないプラン選ぶができるでしょう。

通信障害の歴史がある

モンスターモバイルと同じく、クラウドSIM技術を利用している「どんなときもWiFi」や「THE WiFi」、「限界突破WiFi」は2020年初頭に大規模な通信障害が発生しています。

その結果、「どんなときもWiFi」、「限界突破WiFi」は無制限プランの提供停止を発表しました。

通信障害を起こしたモバイルWiFi各社は無制限プランの代わりに100GBプランといった提供開始しています。

100GBプランに変更してからの評判を調査したものの、通信障害が再発した口コミは一切見受けられません。

ただ、以前大規模な通信障害を起こしたことのあるモバイルWiFiと同じ技術を用いているということは覚えておく必要があります。

  • 2021年にそのような問題は一切発生していないこと
  • 問題を起こした完全無制限プランではなくGB数に制限のあるプラン

上記2点を考慮すると、問題ない点と言えますが、100%このようなことが起きるとは言い切れません。

通信障害が少しでも気になる方は、名実ともに間違いないWiMAXがおすすめです。

以上が、モンスターモバイルのデメリットと注意点になります。

さらにモンスターモバイルの実態に迫るべく、口コミと評判を調査しました。

【徹底調査】口コミ/評判は?

モンスターモバイル,口コミ,評判,MONSTER MOBILE 注意点に部分でも説明しましたが、モンスターモバイルは、2020年10月と他社と比較するとまだサービス開始からまもないです。そのため、口コミが少ない傾向にあります。

良い評判と悪い評判どちらもいくつかピックアップしてみました。

良い評判


バッテリー不調に迅速な対応をしてくれた、その上、速度も問題ないとの口コミ。サービス開始まもない時期ですが、カスタマーサービスや速度も問題ないと伺えますね。


今までより料金が安くなったという口コミ。リーズナブルさを評価している声が伺えました。

次章で悪い口コミをチェックしていきましょう。

悪い評判



上記2件の口コミのように、速度が遅いという口コミもみられました。速度に関しては、データの利用状況やWiFiの使用環境に依存するため、速度が遅いという口コミの原因が100%モンスターモバイルのせいとは言えません。

しっかりと速度が出るか確認した上で、正式契約したいという方は、縛りなしのプランで契約した上で、1年契約への切り替えがおすすめです。

また、モンスターモバイルは初期契約解除制度が適用されます。そのため、端末到着日を含む8日以内にキャンセルを申し立てることで、違約金なしで契約の解約が可能です。

注意点
事務手数料 及び 対象月の月額料金は発生します。
1年プランを契約時のみ
 
繋がらないのにずっと1年間使い続けなければいけないということではありません。利用継続は8日以内に決定すれば問題ない、と覚えておきましょう。

まとめ ~モンスターモバイルがおすすめの人の特徴~

概要から口コミ/評判までモンスターモバイルを徹底解説してきました。

最後にまとめとして、本記事の内容をおさらいしていきましょう。

モンスターモバイルのメリット ①料金タイプが豊富で自分のスタイルに合ったものから選べる
②データ容量のチャージが可能
③三大キャリアの回線が利用可能で接続しやすい

モンスターモバイルのデメリット ①口コミや評判が少なく実態を掴みにくい
②プランによっては最安ではない
③支払い方法はクレジットカードのみ
④プラン変更は全てのプランできるわけではない
⑤通信障害の歴史がある


メリットやデメリットを踏まえると、以下のような方にモンスターモバイルはおすすめです。

モンスターモバイルがおすすめの方の特徴

1日ごとに使う容量が決まっている方

短期で月20GBのモバイルWiFiを使いたい方

中容量でコスパのよいモバイルWiFiを探している方

クラウドSIMをつかって広いエリアで使いたい

新しいサービスの利用に抵抗がない


上の条件に当てはまる方は、ぜひともモンスターモバイルをご検討してみてください!モンスターモバイル詳細情報や契約については下記の公式サイトから確認できます。

コスパ高!最短申し込み当日発送!
モンスターモバイルの
公式サイトはこちら!

なお、ここまで読んで、「実績のあるポケットWiFiが気になる…」「100GBと大容量のモバイルWi-Fiを使いたい!」という方は他社のポケットWiFiが合っているかもしれません。

モンスターモバイル以外にも、モバイルWiFiの販売する会社は30社以上あり、多種多様。

下記のページでは人気のモバイルWi-Fiを、速度や値段という気になる観点で、わかりやすく比較・解説していますので、他のモバイルWi-Fiも探したい方はこちらの記事もあわせてご覧ください!

30社以上を徹底比較
おすすめモバイルWiFiNo.1は
これだ!


よくある質問

最後に、Q&A形式でモンスターモバイルに関する内容を振り返ってきます。

モンスターモバイルはどんなモバイルWiFi?

三大キャリアのLTE回線を使えるクラウドSIMの技術を用いたモバイルWiFiです。

12種類からプランを選ぶことができるので、自分のライフスタイルに合った使うことができることが魅力に挙げられます。

モンスターモバイルの端末はレンタルですか?

はい、モンスターモバイルの端末はレンタルです。

契約後に返却が必要となります。

モンスターモバイルの解約方法は?

モンスターモバイルの解約方法は電話 / WEBの2つの方法があります。

  • カスタマーセンターへ電話する TEL:03-6367-9235
  • WEBフォームから解約の旨を伝える

15日を過ぎてしまうと、翌月の解約となってしまいます。当月中の解約にしたい方は余裕を持って14日まで上記2種類のいずれかで解約を行いましょう。

モンスターモバイルのまとめに戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
PAGE TOP