WiMAXでも5Gプランが登場!お得に契約する方法を徹底解説!

「新しく発売されたWiMAXの5Gプランの詳細を知りたい!」
「現時点で4Gと5GのポケットWiF、どちらを選ぶべきなの?」

そうお悩みの方にぴったりな記事です。

2021年になり、各社から発売された、WiMAXの5G対応プラン。

そうはいっても、各社販売されて、「どのサイトで予約すればいいか分からない。」とお思いの方のために、WiMAXの5Gのプランについて徹底解剖します!

結論、WiMAXの5Gプランは、2021年9月時点では対応エリアが限定的であり、敢えて5Gを選ぶメリットは少ないと言えるでしょう。

ただ、5G対応プランであれば、4Gプランの5倍程度の速さが期待できる・制限が10GBから15GBに増えるという大きなメリットがあります。

Broad WiMAXやカシモWiMAXなど、契約するプロバイダは違えど速度や対応エリアは全く同じのため、比較すべき項目は、料金。

ズバリ現時点での最安で5Gプランを契約できるプランは、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)です!

BroadWiMAXの詳細は
こちらをクリック!


「5Gやその他プロバイダの詳細を知りたい!」という方は、ぜひこのまま読み進めください。

当コンテンツ著者

田和さん

株式会社ビースリー代表取締役社長 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。


そもそも5Gって?概要について徹底解説

5G,4G,エリア
まずはじめに、WiMAXの5Gプランについて説明するために、まず5Gの概要について説明していきます。

5Gについてすでに理解している方は、以下のボタンで、概要についての説明を飛ばして読むことが可能です。

5Gの概要をスキップする

1分で分かる5Gの概要

5Gは5 Generationの略語。

前の4Gの次世代の通信規格ということで、数が大きくなるについて、速度と安定性が高まっていくこととなっています。

1Gから4Gまでの特徴を一覧にまとめてみました。

1G 第1世代
移動通信規格
 アナログ方式
2G 第2世代
移動通信規格
 デジタル方式
3G 第3世代
移動通信規格
約14Mbpsの
通信速度
3.9G 第3.9世代
移動通信規格
~100Mbpsの
高速通信
4G 第4世代
移動通信規格
100Mbps以上の
高速通信


4Gとの具体的な違いとは?5Gはどう役立つ?

前の章の情報を見ても、「じゃあ実際に4Gとの違いはなんだろう?」なんて、疑問に思いますよね。

4Gと5Gを比較してみると、以下のような違いが挙げられます。

  • 通信速度:4Gの20倍
  • 遅延:4Gの1/10
  • 4G:10倍量のデバイスに接続可能

5Gは、4Gと圧倒的に優れた通信規格であることが分かりますよね。

では、この5Gが実生活がどのように役立つのでしょうか。現在、5Gが浸透することによって実現されると言われていることをまとめてみました。

5Gの浸透で実現できると
言われていること

・VRや4Kなど高画質の動画も遅延なく見ることができる
・4KのLIVE配信
・IoTの普及
・車の自動運転
・遠隔医療

いずれもまだ日本にしっかりと100%浸透しているか?と聞かれたらまだまだYesと言えるものばかりではありません。

しかしながら、5Gがより浸透することによって、私たちの生活がより便利になっていくことは間違いないと言えるでしょう。

私たちの生活をよりよく変えていく5Gですが、現在どのような地域で現在使われているのでしょうか。5Gの対応エリアに関して、次の章で解説していきます。

5Gの利用エリアは?どこで繋がるの?

結論、2021年9月時点、5Gの利用可能エリアは限定的。

県庁所在地付近のエリアしか対応していない地域がほとんどです。そのため、契約前に生活圏に5Gが対応しているかどうかを確認する必要があります。

現状、三大キャリアに楽天モバイルが加わった4社が5Gの提供を行っていますが、 全てのキャリアで同じ状況

5GのモバイルWiFiを契約を検討しているようでしたら、以下のリンクより自分の生活圏が対応しているかどうかの確認が必要となります。

〜エリア検索はこちら〜auの5G対応エリア確認はこちら
ドコモの5G対応エリア確認はこちら
ソフトバンクの5G対応エリア確認はこちら
WiMAXの5G対応エリア確認はこちら

【結論】現状5GのモバイルWiFiは必要?おすすめの方の特徴

モバイルWiFi,5G,おすすめ,生活圏
5Gの特徴や、エリアが限定されていることを考慮すると、現時点では全ての方に5Gの利用はおすすめできません。

5Gの普及により、可能であることを考慮すると、以下のような方には5GのポケットWiFiがおすすめと言えるでしょう。

2021年時点で5GのポケットWifiを
持つのにおすすめな方の特徴

必須条件:5G対応のエリアに生活圏があること

4KでLIVE映像などを観ることが多い

VRやARを活用した映像を観ることが多い


「SNSの利用やYouTubeやNetflixで動画視聴の利用がメイン」という方が、4Gから5Gに変更するメリットはほとんどないと言えるでしょう。

では、5Gの概要をご理解いただけたところで、本題となるWiMAXの5Gについて解説していきますね。

WiMAXの5G対応プランって?

WiMAX 2+,対応機種,3日間,10GB,15GB
本章では、2021年に発売した5GのポケットWiFiについて解説していきます。

4G対応プランから5G対応プランに変更されたことで、変更となったのは2点。

  • プラン
  • 対応機種

それぞれについて、詳細を解説していきますね。

プランも一新!3日10GBの制限が15GBに緩和!

言葉でつらつらと説明しても、分かりにくいかと思うので、当初からWiMAXにある 人気プラン ギガ放題プランと、新プランで何が変わったのかがわかるように一覧にしてみました。

〜WiMAXのプラン比較〜
プラン名 ギガ放題プラン
(WiMAX 2+)
ギガ放題プラスDXプラン
(WiMAX +5G)
データ容量 実質無制限 実質無制限
速度制限の条件 3日間10GB 3日間15GB
速度制限時の速度 1Mbps
au回線の利用上限 7GB/月 15GB/月
au回線の
容量オーバー時の
速度制限
WiMAX回線も
128kbpsに
制限なし
基本月額料金(※) 契約開始月~2ヶ月目:2,999円
3~36ヶ月:3,753円
37ヶ月~:4,413円
契約開始月~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月:3,894円
37ヶ月~:4,708円
契約期間(※) 3年
端末代金(※) 無料 21,780円 (分割支払い可能)
※Broad WiMAXの料金にて比較した場合

上記のグラフから分かる、実際に利用者に関わる部分で大きく変わったポイントは2つ。

  • 速度制限が3日10GB→15GBへ
  • auの回線上限が撤廃されWiMAXの速度制限に影響しなくなる

1つ1つ詳しく解説していきますね。

速度制限が3日10GB→15GBへ
ユーザーにとって、一番嬉しいポイントと言えるもの。

WiMAXを使うとなると、どのプロバイダを使ったとしても、3日間で10GB以上使ってしまうと速度制限にかかるというルールがあります。

それが、10GBから15GBへ緩和されたので、単純計算で1日約3.3GB程度しか使えなかったものが、1日5GB使えるようになったということとなります。

「1日利用できるデータ容量が2GBくらい増えたことで何か変わるの?」なんて思いますよね。

1番データ容量消費が激しい動画視聴でどの程度変わるのか、という基準で比較していきましょう。

1GBにつきYouTubeの高画質(720p)で約1.5時間程度観られるとされているので、2GB増えたことによって、1日につき動画視聴時間が3時間程度伸びたと言えます。

3日間で換算すると9時間程度動画の視聴できる時間が増えるということ。

10GBから15GBに増えるそのすごさがお分かりいただけたのではないでしょうか。

auの回線上限が撤廃され WiMAXの速度制限に影響しなくなる
5G,WiMAX,エリア,ハイスピードプラスエリアモード,プラスエリアモード
当初のギガ放題のプランでは、ハイスピードプラスエリアモードを使えば、WiMAXの回線以外に月に7GBまでauの回線を利用することができました。

WiMAX回線は、屋外では問題ないものの地下鉄や屋内には電波が弱くなってしまうのですが、au回線は遮蔽物にも強く、WiMAXが繋がりにくい場所で利用できる特徴を持っています。

まさにWiMAXのデメリットを補ってくれる特徴を持っているのがau回線で、どちらも使い分けることで、より快適な通信環境を手に入れることができます。

しかしながら、au回線が1ヶ月7GBしか利用できないということに加え、この7GBをオーバーしてしまうと、WiMAXの制限時の速度が本来の1Mbpsから約1/8程度の128kbpsまで速度が下がってしまうという注意点がありました。

ただ、5G対応のプランでは、ハイスピードプラスエリアモードからプラスエリアモードへ名前が変わり、WiMAXの大きなネックとも言える制限が撤廃され、au回線の利用量も3日間15GBのうちに含まれることに。

もちろん、128kbpsまで下がる速度制限ルールも撤廃されたため、非常に使いやすいプランとなりました。

新登場!5Gを使えるルーターを紹介!

WiMAXの新プラン、そしてどの部分が変わったのか、ということをご理解いただけたところで、お次に、ギガ放題プランとギガ放題プラスプランで利用するルーター端末について解説していきます。

通信速度は、ルーター端末のスペックに依存するため、4Gと大きく異なる5Gでは利用する端末も変わります。その変化に伴った注意点もありますので、合わせて解説いたします。

まずは、WiMAXで利用するモバイルルーターのスペックの比較をしていきます。

WiMAXで利用するモバイルルーターの比較▼
名称 WX06 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
製造元 NECプラット
フォームズ
株式会社
Samsung
対応回線 4G LTE,
WiMAX 2+
5G, 4G LTE,
WiMAX 2+
下り最大速度
(ダウンロード)
440Mbps 2.2Gbps
上り最大速度
(アップロード)
75Mbps 183Mbps
大きさ(mm) 111x62x13.3 147×76×10.9
重さ 約127g 約203g
連続通信時間 約14時間 約1,000分
本体色 ホワイト/グリーン ホワイト

※ギガ放題プランで利用するルーター端末は、WX06 、ギガ放題プラスプランで利用する端末は、Galaxy 5G mobile Wi-Fi


端末が変わったことにより、大きく速度が変わったことがお分かりいただけますでしょうか。

動画の視聴やSNSの閲覧に関して重要な尺度とされるダウンロードの速度は、440Mbpsから2.2Gbpsと、なんと5倍の速度がでるということに。

実測値が以前の端末よりGalaxy 5G mobile Wi-Fiの方が遥かに上回るという口コミやレビューも見受けられました。

実測値とは…実際に利用した際に出るとされる速度の目安。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは、WiFiルーター最大級の5.3インチディスプレイを持つということもあり、重さや大きさが大きく異なることもありますが、やはり注目すべきはその速さです。

モバイルルーターの次に、ホームルーターをチェックしていきましょう。

ホームルーターのスペック比較
モバイルルーター同様、特徴を一覧にしてみました。

WiMAXで利用するホームルーターの比較▼
           
名称 HOME02 ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11
製造元 NECプラット
フォームズ
株式会社
ZTE
対応回線 4G LTE,
WiMAX 2+
5G, 4G LTE,
WiMAX 2+
下り最大速度
(ダウンロード)
440Mbps 2.7Gbps
上り最大速度
(アップロード)
表記なし 183Mbps
大きさ(mm) 118×50×100 70×182×124
重さ 約218g 約599g
最大接続可能数 21台 30台

モバイルルーター同様、注目すべきはその速さ。こちらに関しては、当初の端末よりも約6倍の速さがでるとされており、飛躍的に通信環境がよくなること間違いありません。

大きさは2倍程度になるものの、ホームルーターは据え置き型で持ち歩く必要がないため、利用上あまり影響がないと言えるでしょう。

モバイルルーター、ホームルーターともに5G対応の端末を利用すると速度が5〜6倍になることをお分かりいただけたでしょうか。

利用前に知っておくべき3つの注意点


端末やプランの違いから、WiMAXの5G対応プランをご理解いただけたのではないでしょうか。

速度も上がり、利便性が上がるのは間違いないのですが、現時点では利用前に必ず知っておくべき注意点があります。

その注意点とは、以下の3点です。
  • 対応エリアが限定的
  • Sub-6とミリ波と2種類ある
  • 料金&端末代金が高額

それぞれ詳細を解説していきますね。

対応エリアが限定的

冒頭5Gの特徴でも解説しましたが、WiMAXでもそれは例外ではありません。

東京近郊の対応エリアのマップを見ていきましょう。


赤と紫が5G対応のエリアなのですが、一番5Gの普及が進んでいる東京近郊でもまだ対応エリアが一部ということということがお分かりいただけるでしょうか。

繰り返しになってしまいますが、5GのモバイルWiFiを契約する場合は、自分の生活圏内が対応エリア内であることを必ずチェックするようにしましょう

また、WiMAXの場合、実際に15日間無料で端末を使えるtry WiMAXというサービスがあります。

WiMAXの5Gプランで利用する端末を実際に使ってみることができますので、心配な方はぜひ実際に使い心地をテストの上、本契約に進めてみてはいかがでしょうか。

try WiMAXの公式HPはこちら

Sub-6とミリ波と2種類ある

5Gの周波数にはSub-6とミリ波の2つがあります。

端末によっては、片方だけしか対応していない、ということもあります。そのため、この違いを事前に理解しておくと、より最適な5Gの端末選択が可能になるでしょう。

話を勝手に進めてしまいましたが、「2つの違いって?」なんて思いますよね。

Sub-6とミリ波それぞれの違いをみていきましょう。

Sub-6とミリ波の違い ●Sub-6…6GHz未満の低い周波数帯の電波。4Gと似ており、広いエリアをカバーしています。
●ミリ波…26GHz以上の高周波数の電波。障害物に弱いという特徴を持つ一方で、Sub-6より高速の通信が可能。

Sub-6でも十分に速い速度を誇りますが、ミリ波を併用することでより利便性が上がります。

ただ、WiMAXで利用することとなる、5G対応の端末Galaxy 5G mobile Wi-FiはSub6のみ

しかしながら、繰り返しになりますが、受信最大2.2Gbpsと光回線のみの速度を誇るので、ミリ波に対応していないからといって、速度が遅いかというとそんなことはありませんので、ご安心ください。

料金&端末代金が高額

現時点では、5G対応の端末を販売しているのは、WiMAX以外には大手キャリア3社+楽天モバイルのみ。 

他のポケットWiFi各社からは販売されていないことから、まだ価格競争も起きていないせいか、料金や端末が4Gと比較すると高額

特にプランに関しては、実質月額費用が3年間で25,000円、1ヶ月で換算すると700円程度異なります。

総額費用 3年の実質月額必要
ギガ放題プラン 147,837円 3,890円
ギガ放題プラスDXプラン 164,059円 4,317円 
※BroadWiMAXの場合

このように、5Gのプランは料金が高額になってしまうことも注意しましょう。

また、端末代金も21,780円と、4Gの端末は無料に対して2万円と高額であることも留意する必要があります。

知っておくべき注意点は以上となります。 次の章でお得に契約できるWiMAXプロバイダについて解説していきますね。

お得に契約できるWiMAXプロバイダは?


10を超えるWiMAXプロバイダ。たくさんあって、どこで契約するか悩みますよね。

まず、 WiMAXのプロバイダ選びの注意点があります。

WiMAXプロバイダは、BroadWiMAX、BIGLOBE WiMAX、カシモWiMAXとなんと10社以上。しかしながら、どのWiMAXプロバイダもエリアや速度は全く同じなのです。

プロバイダは、いわばUQ WiMAX販売代理店なので、どのプロバイダも提供しているものは全く同じということとなります。

では、どんな基準でWiMAXプロバイダを比較するべきかというと、料金です。

各社、異なるキャンペーンを実施しているため、比較がしにくいのですが、キャンペーンや月額料金などを考慮した実質月額費用で比較すれば問題ありません。

早速5G対応プランを提供している各社の料金を以下にまとめてみました。

実質月額金額 総費用
BroadWiMAX  4,317円  164,059円
カシモWiMAX 4,577円 173,914円
GMOとくとくBB 4,628円 175,860円
UQ WiMAX 5,273円 131,830円
BIGLOBE WiMAX 5,214円 67,787円
※BIGLOBE WiMAX、UQ WiMAXは契約期間がそれぞれ2年、1年のため、総額が安くなっています。

このように見ると、Broad WiMAXが最安値であることから、Broad WiMAXを契約しない手はありません。

また、Broad WiMAXは値段が最安値ということに加えて、違約金負担キャンペーンというキャンペーンを行っています。

どんなキャンペーンかというと、今別の会社のモバイルWiFiをお持ちでも、その解約にかかる違約金19,000円を負担してくれるというまさに太っ腹のキャンペーン。

こちらのキャンペーンのおかげで、新規契約の方はもちろんのこと、他の会社のモバイルWiFiからの乗り換え予定の方にも自信を持っておすすめができます。

そして、2万円程度の端末が無料ということなので、5G対応プランのWiMAXを契約したい方は、Broad WiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

最大12,000円分の
キャッシュバックキャンペーン中!

BroadWiMAXの公式サイトを
こちらをクリック!


まとめ  〜おすすめのWiMAXプロバイダはBroad WiMAX〜


WiMAXの5Gプランについて、徹底的に解説してきましたが、少しでも理解は深められましたでしょうか。

最後に、本記事の内容の重要な部分をおさらいしていきましょう。

〜WiMAXの5Gプランの特徴〜 ・最大の速さが5倍程度早くなる
・3日10GB制限が15GBに緩和される
・au回線の利用量に制限がなくなる
・au回線の利用量制限の撤廃に伴い、WiMAXの速度制限への影響もなくなる(auの回線を7GBを超えるとWiMAXの回線制限が128kbpsとなっていたものがそうでなくなる)
メリットがある一方で、WiMAXの5G対応プランには、以下のような注意点があります。

注意事項
・端末/利用料金が高額
・5Gの対応エリアは限定的

おすすめのプロバイダは?最安級で契約できるBroadWiMAX

冒頭で述べた通り、2021年現在、全員に5Gに必要と言える状況ではありません。

しかしながら、条件さえあえば、よりよりインターネットライフが得られることは間違いありません。

「現時点でもう契約したい!」とお思いの方は、ぜひ以下より公式HPへリンクが可能なので、ぜひご覧ください。

最大12,000円の
キャッシュバックキャンペーン中!

BroadWiMAXの公式サイトを
こちらをクリック!


5Gの対応エリアが今後広がることは間違いありませんし、価格競争が起きて、5Gプランももっと身近になる未来はそう遠くないように思います。

可能性を秘めたWiMAXの5Gプランについて、少しでも理解いただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

よくある質問

最後に、WiMAXの5G対応プランに関して、よく寄せられる質問について回答していきます。

今使っているWiMAX端末で5Gは使えますか?

5Gを利用するには、専用の端末が必要となります。
  • モバイルルーターであれば、Galaxy 5G mobile Wi-Fi
  • ホームルーターであれば、ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11
それぞれ上記の端末が必要となります。

月額料金はどうなりますか?

どのWiMAXプロバイダで契約するとなっても、4G対応のプランよりは高くなります。

Broad WiMAXで比較すると以下のように変化します。

総額費用 3年の実質月額必要
ギガ放題プラン ¥147,837 ¥3,890 
ギガ放題プラスDXプラン ¥164,059 ¥4,317 

※BroadWiMAXの場合

3日で10GBの制限はなくなりますか?

5G対応のプランですと、10GBから15GBへ大幅に緩和されます。

さらには、月7GBまでとされていたau回線の利用量の制限も撤廃されたため、4Gより大幅に通信環境がよくなったプランと言えるでしょう。

5Gのプランを予約すべき、おすすめのプロバイダは?

ズバリ、BroadWiMAXです。

エリアと速度が全く同じのため、WiMAXのプロバイダ間で比較すべきはその料金。
実質月額金額 総費用
BroadWiMAX  4,317円  164,059円
カシモWiMAX 4,577円  173,914円
GMOとくとくBB 4,628円 175,860円
UQ WiMAX 5,273円 131,830円
BIGLOBE WiMAX 5,214円 67,787円
※BIGLOBE WiMAX、UQ WiMAXは契約期間がそれぞれ2年、1年のため、総額が安くなっています。
上記の表のように、Broad WiMAXが最安のため、間違いなくおすすめのプロバイダと言えるでしょう。

5Gと、4G/5GHzとの違いが分かりません。

4Gは速さや通信速度の安定性が異なり、5Ghzとは周波数が異なる形となります。

5Gは4Gと比較すると、以下のように通信環境が比較的にアップすることがわかるでしょう。

  • 通信速度:4Gの20倍
  • 遅延:4Gの1/10
  • 4G:10倍量のデバイスに接続可能

5GHzは一般的なWiFiに割り当てられており、安定的な通信が実現できる一方で、障害物に弱いという特徴を持っています。

相反する特徴と2.4GHzと一緒に使われることが多い言葉です。

WiMAXでの5Gの速さはどれぐらいですか?

WiMAXで5Gを利用した際の速度は、以下の通りです。
WiMAXの5Gの速さモバイルルーターで2.2Gbps
ホームルーターで2.7Gbps
光回線並みの速度を誇ります。

5G対応プランはいつから開始されますか?

2021年4月8日より発売されており2021年7月時点で、絶賛販売中です。

5Gが使えるホームルーターは発売されていますか?

はい、販売されています。 モバイルルーターより、最大速度が500Mbpsも速いZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11の端末が利用可能です!

当記事で、WiMAXの5Gについての知識が少しでも深めていただけたら幸いです!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

まとめに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. BroadWiMAX,WiMAX,ランキング,おすすめ,比較,GMOとくとくBB,ポケットWiFi
    今やポケットWiFiの代表とも言える「WiMAX」。格安スマホでも有名なUQコミュニケーションズが提…
  2. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  3. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP