格安SIM(スマホ)徹底比較ランキング!どこがいいのかおすすめを解説

格安SIM(スマホ)会社から
おすすめ15社を厳選!
月額料金の安さ・速さ・機能で
比較したランキング決定版


現在、数多くの格安SIM会社が存在し、それぞれがユニークなプランを提供しています。しかし、格安SIM会社を選ぶ側にとっては「結局どれを選べば良いのかわからない」と悩むこともあるでしょう。

そこで、当サイトでは格安SIMへの乗り換えを検討している方に向けて15社以上のプランを以下の3項目で比較し、おすすめ格安SIM比較ランキングを作成しました!

当サイト格安SIM(スマホ)ランキングの
比較ポイント


  • 速度は使い心地を決める!通信速度で比較
  • 容量はどれくらい?自分に合った容量で比較
  • 料金の安さは重要!月額料金と機能のコスパで比較

格安SIM選びに迷っている方は、ぜひ最後までご覧ください!

※掲載価格はすべて税込です。
株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


「UQ親子応援割」「オンラインショップセール」開催中!
「UQ親子応援割」
UQ親子応援割

コミコミプラン申し込みの18歳以下の方とその家族が対象で、契約の翌月から12ヶ月間月額料金1,320円割引されるキャンペーン。さらに18歳以下の方はデータ10GBが増量され、月々30GB利用可能に!余ったデータは翌月に繰越することもできますよ。

「オンラインショップセール」
オンラインショップセール

UQ mobileオンラインショップで機種変更する方が対象で、機種代金が最大22,000円割引されるキャンペーン。最新機種を割安で利用することができます。なお、トクトクプランもしくはコミコミプランに加入することや直近の購入機種を2ヶ月目以上利用しているなどの条件があります。UQ mobile乗り換えと同時に機種変更も検討している方におすすめです!

UQ mobileの詳細はこちら!
目次

【2024年6月最新版】人気の格安SIM(スマホ)のおすすめを比較一覧!

人気の格安SIMのおすすめを比較一覧

人気の格安SIM(スマホ)からおすすめを比較しランキングにしました!

※下の表は縦横にスクロールできます。
UQモバイル
詳細
楽天モバイル
詳細
NUROモバイル
詳細
LINEMO
詳細
ahamo
詳細
Y!mobile
詳細
povo
詳細
LIBMO
詳細
イオンモバイル
詳細
IIJmio
詳細
mineo
詳細
HISモバイル
詳細
QTモバイル
詳細
J:COMモバイル
詳細
BIGLOBEモバイル
詳細
UQモバイル 楽天モバイル NUROモバイル LINEMO ahamo Y!mobile povo LIBMO イオンモバイル IIJmio mineo HISモバイル QTモバイル J:COMモバイル BIGLOBEモバイル
月額料金 4GB:1,078円
従量制プラン:〜1GB:990円、
1〜15GB:2,178円
20GB+10分/回の国内通話無料:
3,278円
〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
0.2GB:330円〜
1GB(かけ放題付き):1,870円
3GB:627円〜
5GB:825円〜
10GB:1,320円〜
15GB:1,625円〜
20GB:2,699円
40GB:3,980円
3GB:990円
20GB:2,728円
20GB:2,970円
100GB:4,950円
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
データ使い放題(24時間):330円
1GB:390円
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
3GB:980円
8GB:1,518円
20GB:1,991円
30GB:2,728円
0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1,188円
5GB:1,298円
6GB:1,408円
7GB:1,518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
【マイピタ】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円

【マイそく】
プレミアム(最大3Mbps):2,200円
スタンダード(最大1.5Mbps):990円
ライト(最大300kbps):660円
スーパーライト(最大32kbps):250円
1GB:550円
3GB:770円
7GB:990円
20GB(5分かけ放題付き):2,190円
50GB(5分かけ放題付き):5,990円
2GB:1,100円
4GB:1,540円
6GB:1,760円
10GB:1,980円
20GB:2,200円
30GB:3,300円
1GB:1,078円
5GB:1,480円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
12GB:3,740円
20GB:5,720円
30GB:8,185円
下り通信速度 81Mbps 76Mbps 65Mbps 79Mbps 83Mbps 71Mbps 81Mbps 46Mbps 40Mbps 40Mbps 39Mbps 41Mbps 44Mbps 49Mbps 16Mbps
利用回線 au 楽天
au
ソフトバンク
ドコモ
au
ソフトバンク ドコモ ソフトバンク au ドコモ au
ドコモ
au
ドコモ
ソフトバンク
ドコモ
au
ドコモ ソフトバンク
ドコモ
au
ドコモ au
ドコモ
速度制限時の
通信速度
ミニミニプラン:300kbps
トクトクプラン:1Mbps
コミコミプラン:1Mbps
1Mbps NEOプラン:1Mbps
格安SIMプラン:200kbps
3GBプラン:300kbps
20GBプラン:1Mbps
1Mbps 3GB:300kbps
15GB:1Mbps
25GB:1Mbps
128kbps 200kbps 200kbps 300kbps 200kbps 128kbps Dタイプ(ドコモ):300kbps
Aタイプ(au):200kbps
Sタイプ(ソフトバンク):200kbps
1GB:200kbps
5GB:200kbps
10GB:1Mbps
20GB:1Mbps
200kbps
かけ放題
オプション
60分/月:550円
10分/回:880円
無制限:1,980円
国内通話無料
※Rakuten Link利用時
5分/回:490円
10分/回:880円
無制限:1,430円
5分/回かけ放題:550円
無制限かけ放題:1,650円
5分/回かけ放題:無料
無制限:1100円
10分/回:770円
無制限:1,870円
5分/回:550円
無制限:1,650円
5分/回:500円
10分/回:700円
無制限:1,300円
5分/回:550円
10分/回:935円
無制限:1,650円
5分/回:500円
10分/回:700円
無制限:1,400円
10分/回:550円
無制限:1.210円
24時間/回:198円
5分/回:500円
無制限:1,480円
10分/回:880円
無制限:1,600円
5分/回:550円
60分/回:1,650円
10分/回:913円
3分/回:660円
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
楽天ポイント
クレジットカード クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード クレジットカード
ISPまとめて請求
クレジットカード クレジットカード クレジットカード クレジットカード クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
クレジットカード
その他特徴 全国に店舗がある 家族割で家族全員
毎月110円引き
楽天市場での買い物で
ポイント最大+3倍
nuro光とセットで
スマホ代が1年間0円〜
so-net光とセットで
スマホ代が1年間0円〜
LINEのデータ消費量ゼロ
LINEスタンプが使い放題
海外データ通信20GBまで
無料
家族で契約すると2回線目以降
月額料金1,188円割引
1年間データ増量オプション無料
基本料金0円 対象の光回線契約で
月額料金が毎月220円割引
全国に200店舗以上 IIJmioひかりとセットで
月額料金660円割引
IIJmioひかりとセットで
通話定額オプション
410円割引
3つの回線から選べる 20GB以上のプランは
月額料金に
5分のかけ放題が
含まれる
BBIQ・九州電力とセットで
最大330円/月割引
J:COMサービスとセットで
データ増量
BIGLOBE光とセットで
契約で220円/月割引
※.親戚・事実婚・同性パートナーなども対象。

比較表からもわかる通り、格安SIM会社によって用意しているプランが異さまざま。0.5GBや1GB、3GBなどの小容量のものから、20GB、30GBなどの中容量、100GBや無制限など大容量のプランが用意されています。

そして、同じデータ容量でも料金は格安SIM会社によって異なるため、よく比較したうえで選ぶことが大切です。

また、通信速度も格安SIM会社によって異なり、平均50Mbps以上出るものから、20Mbps前後で止まってしまうものまで存在。

このように、格安SIMを選ぶ際は料金や通信速度、その他オプションなど、さまざまな要素を比較のうえ、最も自分に合ったものを選ぶのが大切です。

そこで、当ページでは上記の比較表をベースにして独自のランキングを作成しました。

おすすめ格安SIM(スマホ)人気ランキング!

おすすめ格安SIM人気ランキング

格安SIM(スマホ)各社の特徴やおすすめポイントの詳細を解説します。

1位:UQモバイル | 高速かつ安定した通信を実現!全国に店舗があるため安心して利用可能

UQモバイル

おすすめポイント

  • auのサブブランドで格安SIM業界トップクラスの通信速度と安定性を実現
  • 最低利用期間&解約手数料無し!気軽に契約が可能
  • 全国に店舗を構えており相談しながら手続きを進められる
  • Web限定10,000円キャッシュバック実施中!

UQモバイルの詳細
月額料金 ミニミニプラン(4GB):
1,078円
トクトクプラン(従量制):
〜1GB:990円、
1〜15GB:2,178円
コミコミプラン
(20GB+10分/回の国内通話無料):
3,278円
かけ放題オプション 60分/月:550円
10分/回:880円
無制限:1,980円
初期費用 3,850円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
ミニミニプラン(4GB):
300kbps
トクトクプラン(従量制):
1Mbps
コミコミプラン:
1Mbps
購入できる主な端末 iPhone SE(第3世代)
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 11
利用回線 au
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM(スマホ)第1位はUQモバイルです!

UQモバイルはauのグループ会社が運営。通信速度が遅いと評判の格安SIMで、UQモバイルは高速通信と安定性を実現しています。

また、UQモバイルは3つの料金プランを提供しています。それぞれデータ容量が異なるだけでなく、トクトクプランは〜1GBと1〜15GBまでの従量制。コミコミプランは20GBに加えて1回10分以内の国内通話無料オプションも追加されています。

auからの乗り換えにおすすめ

UQモバイルはKDDI系列の格安SIMということもあり、auからの乗り換えの方におすすめです。その理由は以下のとおりです。

auからの乗り換えがおすすめな理由

  • auより月額料金が安くなる
  • 電話番号をそのまま引き継げる
  • 解約金や乗り換えの手数料がかからない
  • au店舗で乗り換え手続きができる
  • au IDやau PAY、au WALLETを引き継げる

au利用時に貯めたポイントをそのまま利用できたり、手数料や違約金なしで乗り換えたりすることができます

月額料金は他社よりも若干高めですが、通信の安定性やブランドの安心感は業界トップクラスです。料金の安さよりも通信やサービスの質を重視したい方におすすめです!

UQモバイルの
お申し込みはこちら!


出展:UQモバイル公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



2位:楽天モバイル | 3,278円でデータ使い放題! 人口カバー率99.9%で全国どこでも無制限

楽天モバイル

おすすめポイント

  • 楽天回線・au回線でデータ使い放題!
  • どれだけ使っても最大3,278円で業界最安級
  • 契約事務手数料や解約金はなし

楽天モバイルの詳細
月額料金 〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB〜:3278円
かけ放題オプション 国内通話無料
※Rakuten Link利用時
初期費用 0円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
1Mbps
購入できる主な端末 iPhone 14 Pro Max
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Plus
iPhone 14
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone SE(第3世代)
利用回線 楽天回線
au回線
支払い方法 クレジットカード
口座振替
楽天ポイント
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ×
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM(スマホ)第2位は楽天モバイルです!

楽天モバイルの最大の特徴は3,278円という低価格でデータ無制限で使い放題なこと。他社の場合は「月⚪️GBまで」と制限があったり、データ無制限でも料金が高かったり、通信速度の制限があったりします。

ただ、「楽天回線の対応エリアが狭くてデータ無制限で使えない」などの口コミを見たことがある人もいるでしょう。しかし、2023年6月1日から開始された「最強プラン」であれば心配は無用。楽天回線に加えてパートナー回線であるau回線でもデータ無制限となりました。そして、人口カバー率は99.9%です。

家族割の適用でさらにお得に利用可能

楽天モバイルでは「最強家族プログラム」を適用することができます。家族割を適用した場合家族全員が110円割引で利用可能です。 1契約につき1年間で1,320円、2年間で2,640円もお得に利用できるようになります。

家族割引は、これまで同性家族のみでしたが、2024年4月10日以降、親戚や同性カップル、事実婚等も対象になりました。

また、22歳以下の方対象の「青春プログラム」というものも実施しており、22歳までは毎月110ポイントが還元されます。携帯代金を自身で支払っている学生の方には嬉しい特典です。

その他にも「Rakuten Link」というアプリを利用すれば国内通話は無料。さらに全国に店舗もあるため、わからないことがあればいつでも相談可能です。

とはいえ、「実際の通信速度はどうなの?」と気になる人もいるのではないでしょうか。そこで当サイトでは実際に楽天モバイルを契約し、実際の通信速度(実測値)を計測してみました!

「楽天モバイルも検討中だけど、通信速度が不安で迷っている」という方は、次章で実測値を解説していますのでぜひ参考にしてください。

楽天モバイルを契約してみた!実際の通信速度をレビュー

実際に楽天モバイルを契約して、通信速度を計測すると以下のようになりました。

早朝 午前中 正午 日中 夕方
下り
通信速度
114
Mbps
105
Mbps
55.7
Mbps
133
Mbps
120
Mbps
123
Mbps
上り
通信速度
54.8
Mbps
45.8
Mbps
52.7
Mbps
54.4
Mbps
52.7
Mbps
54.5
Mbps
※愛知県名古屋市で計測
楽天モバイルの実測値

なお、どのくらいの速度で何ができるかはこちらを参考にしてください。

最低限必要な
通信速度
快適に使える
通信速度
メール・LINE 0.1Mbps 1Mbps
Webサイト 0.2Mbps 2Mbps
YouTube
(低画質)
1Mbps 3Mbps
YouTube
(高画質)
3Mbps 10Mbps
ビデオ会議 3Mbps 10Mbps

このように、楽天モバイルは1日中高速通信が可能で、ほとんどのことが問題なくできます。

楽天モバイルの
お申し込みはこちら!


また、楽天モバイルでは「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」というキャンペーンを実施中。

楽天モバイルのiPhoneトク得乗り換えキャンペーンを解説します引用元:楽天モバイル公式



楽天モバイルに初めて申し込み、対象のiPhoneを購入した方に最大32,000円相当分の楽天ポイントが還元されるキャンペーンです。

iPhoneも同時購入する場合は、楽天ポイントが還元され、さらにお得に契約できますよ。

\キャンペーン利用でさらにお得に!/

キャンペーン利用でさらにお得に!

楽天モバイルのお申し込みは
こちら!


出展:楽天モバイル公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



3位:NUROモバイル | 低容量プランが最安級!光回線とセットで月額基本料金が0円

NUROモバイル

おすすめポイント

  • au/ドコモ/ソフトバンク全ての回線が利用可能!
  • 3GB/5GB/10GBいずれも料金が最安!
  • 光回線とセットで契約するとスマホ代が0円になることも
  • 最低利用期間&解約手数料無し!気軽に契約が可能

NUROモバイルの詳細
月額料金 お試しプラン(0.2GB):
330円~
かけ放題プラン(1GB):
1,870円
VSプラン(3GB):
627円~
VMプラン(5GB):
825円~
VLプラン(10GB):
1,320円~
VLLプラン(15GB):
1,625円~
NEOプラン(20GB):
2,699円
NEOプランW(40GB):
3,980円
かけ放題オプション 5分/回:490円
10分/回:880円
無制限:1,430円
初期費用 登録事務手数料:3,300円
SIMカード準備料:440円
※NEOプランは初期費用無料
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
NEOプラン:1Mbps
格安SIMプラン:200kbps
購入できる主な端末 Xperia 10 V
AQUOS sense7
OPPO Reno9 A
moto g13
利用回線 ソフトバンク
ドコモ
au
支払い方法 クレジットカード
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎(家電量販店)

おすすめ格安SIM(スマホ)第3位はNUROモバイルです!

NUROモバイルは1〜40GBまで幅広くプランを展開。その中で3・5・10GBプランは業界最安級で契約可能です。

また、NUROモバイルはソフトバンク・ドコモ・auの3つのキャリア回線に対応。これまでと同じ回線で接続することも可能であるため、気軽に乗り換えできます。

ただ、NUROモバイルでiPhoneは購入できず、Android端末のみの販売です。iPhoneも乗り換えと同時に購入したい方は、別途購入しなければいけません。

小・中容量の格安SIMをとにかく安く利用したい方におすすめです。

NUROモバイルの
お申し込みはこちら!


出展:NUROモバイル公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



4位:LINEMO(ラインモ) | LINEのデータ消費量なしで使い放題!ソフトバンクと同一回線で通信が安定

LINEMO

おすすめポイント

  • LINE利用時の消費量がゼロで使い放題
  • LINEスタンプが使い放題
  • ソフトバンクスマホと同等の回線で通信速度が速く安定している
  • 基本月額料金実質無料キャンペーン実施中

LINEMOの詳細
月額料金 ミニプラン(3GB):990円
スマホプラン(20GB):
2,728円
かけ放題オプション 5分/回かけ放題:550円
無制限かけ放題:1,650円
初期費用 0円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
ミニプラン:300kbps
スマホプラン:1Mbps
購入できる主な端末 なし
利用回線 ソフトバンク
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ×
テザリング ⚪︎
店舗 ×

おすすめ格安SIM(スマホ)第4位はLINEMOです!

LINEMOの最大の特徴はLINE利用時のデータ消費量がゼロになり、LINEが使い放題であること。そもそもLINEはたくさんのデータ容量を消費するアプリではありませんが、使いすぎるとデータ容量を使い果たす原因になります。日頃からLINEを使う頻度が高い人はデータ消費量を抑えられるためおすすめです。

また、基本月額料金が一定期間実質無料になるキャンペーンを実施中。ミニプランなら最大12ヶ月分、スマホプランなら最大6ヶ月分の月額料金が実質無料になり、お得に契約できます。

ただ、データが余った場合でも翌月に余った分を繰り越せないことには注意しましょう。

LINEMOは、LINEをよく利用する方やソフトバンク回線の格安SIMを契約したい方におすすめです。

LINEMOの
お申し込みはこちら!


出展:LINEMO公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



5位:ahamo(アハモ) | 5分間の国内通話かけ放題付き!海外でもそのまま利用可能

ahamo

おすすめポイント

  • ドコモと同じ通信環境だから高速通信で安定性が高い
  • 5分以内であれば国内通話が無料
  • 海外データ通信が20GBまで無料

ahamoの詳細
月額料金 20GB:2,970円
100GB:4,950円
かけ放題オプション 5分/回かけ放題:無料
無制限:1100円
初期費用 0円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
1Mbps
購入できる主な端末 iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone SE(第3世代)
利用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ×
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎(ドコモショップ)

おすすめ格安SIM(スマホ)第5位はahamoです!

ahamoはドコモが提供する新しい料金プラン。ドコモに比べて月額料金が安いですが、ドコモと同じ通信環境であるため、高速&安定した通信が可能です。

また、ahamoの料金プランには5分以内の国内通話無料オプションが含まれています。5分以内の短い通話をする機会が多い方は、ahamoであれば通話料を気にせず利用できますよ。

さらに、ahamoは82の国と地域で海外データ通信が20GBまで利用可能。手続きが不要なため、海外旅行や海外出張が多い方は、Wi-Fiを契約したり、SIMカードを購入したりする必要がなくなります。

5分以内の国内通話をする機会が多い方や海外に行く機会が多い方におすすめです。

ahamoの
お申し込みはこちら!


出展:ahamo公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



6位:Y!mobile(ワイモバイル) | ソフトバンクの自社回線利用で速度が安定!2回線目以降で月額料金1,100円割引

Y!mobile

おすすめポイント

  • ソフトバンクが運営するサブブランドで高速通信を実現
  • 家族で契約すると2回線目以降月額料金割引
  • 全国に店舗を構えておりサポートが手厚い
  • PayPayやYahoo!サービスがお得に利用できる

Y!mobileの詳細
月額料金 シンプルS(4GB):
2,365円
シンプルM(20GB):
4,015円
シンプルL(30GB):
5,115円
かけ放題オプション 10分/回:770円
無制限:1,870円
初期費用 店舗:3,300円
Web:無料
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
4GB:300kbps
20GB:1Mbps
30GB:1Mbps
購入できる主な端末 iPhone SE(第3世代)
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11
利用回線 ソフトバンク
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM(スマホ)第6位はY!mobileです!

Y!mobileはソフトバンクのグループ会社が運営。高速かつ安定した通信を実現。

また、Y!mobileは全国に店舗を構えており、Webだけでなく店舗でも契約可能です。初期設定などでわからないことがある場合でも、店舗で直接相談できます。ただ、店舗で契約する場合のみ初期費用3,300円かかることには注意しましょう。

さらに、家族でY!mobileを契約した場合、2回線目以降は月額料金が1,100円割引されます。4GBプランを1,265円、20GBプランを2,915円、30GBプランを4,015円というお得な料金で利用可能です。

ただ、割引を利用しない場合、他社の料金プランと比較すると割高になることには注意しましょう。

格安SIMへの乗り換えに不安を感じている方や、すでに家族がY!mobileを利用している方におすすめです。

Y!mobileの
お申し込みはこちら!


出展:Y!mobile公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



7位:povo(ポヴォ) | 基本料金0円!用途に合わせてデータをトッピング可能

povo

おすすめポイント

  • 基本料金0円!自分に合ったデータ容量をトッピングできる
  • auスマホと同等の回線で通信速度が速く安定している
  • 初期費用が0円で気軽に契約できる

povoの詳細
月額料金 基本料金:0円

【トッピング】
データ使い放題(24時間):330円
1GB:390円
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
150GB:12,980円
かけ放題オプション 5分/回:550円
無制限:1,650円
初期費用 0円
※同一名義で5回線契約の場合、累計6回線目以降3,850円/回線の契約事務手数料が発生
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
128kbps
購入できる主な端末 なし
利用回線 au
支払い方法 クレジットカード
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ×
テザリング ⚪︎
店舗 ×

おすすめ格安SIM(スマホ)第7位はpovoです!

povoは他の格安SIMと異なり、基本料金は0円。利用状況に合わせてデータ容量をトッピングでき、データ容量や料金を無駄にする可能性が下げられます。

また、本家であるauスマホと同等の回線を利用しているため、高速&安定した通信を利用可能です。

povoはトッピングを組み合わせることで自由度の高いプランを作ることができます。他の格安SIM会社のプランで納得がいかない方やサブスマホとして必要な時だけ利用したい方におすすめです。

povoの
お申し込みはこちら!


出展:povo公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



8位:LIBMO(リブモ) | 中容量プランが最安級!対象の光回線とセットで月額料金が割引

libmo

おすすめポイント

  • 30GBプランを業界最安級で契約可能
  • 光回線とセットで契約すると月額料金が安くなる
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能

LIBMOの詳細
月額料金 【なっとくプラン】
なっとくプラン(ライト):
528円
なっとくプラン(3GB):
980円
なっとくプラン(8GB):
1,518円
なっとくプラン(20GB):
1,991円
なっとくプラン(30GB):
2,728円

【ゴーゴープラン】
5分かけ放題:
1,100円
10分かけ放題:
1,320円
かけ放題マックス:
1,980円
かけ放題オプション 5分/回:500円
10分/回:700円
無制限:1,300円
初期費用 3,300円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
200kbps
購入できる主な端末 iPhoneSE(第3世代)
利用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード
ISPまとめて請求
契約期間 1年間
解約違約金 月額料金1ヶ月分
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎(直営ショップ・ドコモショップ)

おすすめ格安SIM第8位はLIBMOです!

LIBMOはなっとくプランとゴーゴープランの2種類の料金プランを提供。ゴーゴープランはかけ放題がメインで月間データ容量は500MBです。なっとくプランは他社と同じような料金プランですが、30GBプランは同じデータ容量のプランの中で業界最安級で利用可能

また、データ容量を使い切れず余った場合は、翌月に繰り越しできます。データを使わない月があっても無駄にすることがありません。

さらに、直営ショップに加え、ドコモショップでも対応してもらえます。特にドコモから格安SIMに乗り換えを検討中の方におすすめです。

LIBMOの
お申し込みはこちら!


出展:LIBMO公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



9位:イオンモバイル | 低容量プランが充実!全国のイオンでサポート対応

イオンモバイル

おすすめポイント

  • 豊富な料金プランで自分に合ったデータ容量を選べる
  • 6GB、9GB、20GBが業界最安級
  • 全国に200店舗以上ありサポートが充実
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越せる

イオンモバイルの詳細
月額料金 0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
4GB:1,188円
5GB:1,298円
6GB:1,408円
7GB:1,518円
8GB:1,628円
9GB:1,738円
10GB:1,848円
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
かけ放題オプション 5分/回:550円
10分/回:935円
無制限:1,650円
初期費用 3,300円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
200kbps
購入できる主な端末 iPhone SE (第3世代)
iPhone XS (未使用品)
利用回線 ドコモ
au
支払い方法 クレジットカード
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM第9位はイオンモバイルです!

イオンモバイルの特徴は、豊富な料金プランが用意されていること。特に1〜10GBまでは1GBずつ選ぶことができ、普段のデータ使用量とジャストな料金プランを選択可能!

また、余ったデータ容量は翌月に繰り越せるため、データを使わなかった月があっても安心です。

そして、店舗は全国に200以上あり、地方にお住まいの方でも直接サポートを受けられます。低容量プランを安く利用したい方や格安SIMの使い方に不安がある方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

イオンモバイルの
お申し込みはこちら!


出展:イオンモバイル公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



10位:IIJmio(みおふぉん) | 中容量プランが業界最安級!中古端末を安く購入できる

iijmio

おすすめポイント

  • 2、15GBプランが業界最安級
  • 中古端末を安く購入できる
  • 光回線とセットで契約するとスマホ代が安くなる

IIJmioの詳細
月額料金 2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
かけ放題オプション 5分/回:500円
10分/回:700円
無制限:1,400円
初期費用 2,200円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
300kbps
購入できる主な端末 (中古) iPhone 8
iPhone SE (第2世代)
iPhone 11
iPhone SE (第3世代)
iPhone 12 mini
iPhone 13
利用回線 ドコモ
au
支払い方法 クレジットカード
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM第10位はIIJmioです!

IIJmioは2GBプランと15GBプランが業界最安級。サブスマホ・メインスマホどちらとしてでも使える格安SIMです。

また、IIJmioでは中古のスマホ端末を販売しています。「スマホ大特価セール」を実施しており、iPhoneを含む人気のスマホ端末を安く購入可能です。例えば、59,800円のiPhone12 mini(128GB)が49,800円、49,800円のiPhone SE(第3世代)(64GB)が39,800円で購入可能。

さらに、IIJmioひかりとセットで契約すると、光回線の月額料金が毎月660円割引されます。中古iPhoneを安く購入したい方やIIJmioひかりを利用中の方におすすめです。

IIJmioの
お申し込みはこちら!


出展:IIJmio公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



11位:mineo(マイネオ) | 通話かけ放題オプションが充実&最安級!大手3キャリアから適した回線を選べる

mineo

おすすめポイント

  • ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリア回線から選べる
  • 家族や友人とデータを分け合える
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越せる

mineoの詳細
月額料金 【マイピタ】
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円

【マイそく】
プレミアム(最大3Mbps):2,200円
スタンダード(最大1.5Mbps):990円
ライト(最大300kbps):660円
スーパーライト(最大32kbps):250円
かけ放題オプション 10分/回:550円
無制限:1.210円
24時間/回:198円
初期費用 500円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
200kbps
購入できる主な端末 iPhone SE(第3世代)
iPhone 13
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
利用回線 ソフトバンク
ドコモ
au
支払い方法 クレジットカード
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM(スマホ)第11位はmineoです!

mineoはドコモ、au、ソフトバンクの3つのキャリアの回線から、自分に合ったものを選べます。これまでと同じ回線を利用したい方にとっても使い勝手が良いです。

mineoはマイピタとマイそくの2つの料金プランを提供。マイそくは最大通信速度に制限があるものの、データ無制限で利用できます。

さらに、mineoは家族や友人同士でデータ容量を分け合うことが可能。「今月ほとんどデータ容量を使わなかった」という場合は、家族や友人に分けて有効活用できます。

自分で回線を選びたい方や、低速でも良いからデータ使い放題で利用したい方におすすめです。

mineoの
お申し込みはこちら!


出展:mineo公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



12位:HISモバイル | 20・50GBプランは5分の通話かけ放題付き!

hisモバイル

おすすめポイント

  • 20GB以上のプランに5分以内の通話かけ放題が含まれる
  • 家族や友人とデータを分け合える
  • 7GB以下の料金プランは比較的安く契約可能

HISモバイルの詳細
月額料金 1GB:550円
3GB:770円
7GB:990円
20GB(5分かけ放題付き):2,190円
50GB(5分かけ放題付き):5,990円
かけ放題オプション 5分/回:500円
無制限:1,480円
初期費用 3,300円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
128kbps
購入できる主な端末 (中古)
iPhone11 Pro Max
iPhoneXR
iPhone7
iPhone8
利用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ×
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM(スマホ)第12位はHISモバイルです!

HISモバイルは1〜50GBまで幅広く料金プランを提供しています。20GBプランと50GBプランには5分間の通話かけ放題オプションが含まれており、特に20GBプランは通話かけ放題の料金を含めると業界最安級で契約可能です。

なお、店舗はありますが、全国に34店舗のみでお近くにない場合があります。そのため、手続きはオンライン上で進めるのがおすすめです。

HISモバイルの
お申し込みはこちら!


出展:HISモバイル公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



13位:QTモバイル | 大手3キャリアの回線から選べる!九州電力・BBIQとセットで月額料金割引

QTモバイル

おすすめポイント

  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • BBIQ・九州電力とセットで契約すると月額料金が割引される
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越せる

QTモバイルの詳細
月額料金 2GB:1,100円
4GB:1,540円
6GB:1,760円
10GB:1,980円
20GB:2,200円
30GB:3,300円
かけ放題オプション 10分/回:880円
無制限:1,600円
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIM発行手数料:375円
5G対応 ×
速度制限時の
最大通信速度
Dタイプ:300kbps
Aタイプ:200kbps
Sタイプ:200kbps
購入できる主な端末 iPhone14
iPhoneSE(第3世代)
iPhone13
iPhone13 mini
iPhoneXS
利用回線 ソフトバンク
ドコモ
au
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM(スマホ)第13位はQTモバイルです!

QTモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線から、自分に合ったものを選べます。どの回線からの乗り換えやすく、繋がらないことを避けられます。

QTモバイルは九州電力グループが運営していることから、九州電力やBBIQとセットで利用すると月額料金が割引されます。

一方で、5G通信が非対応だったり、店舗が九州地方に集中していたりすることには注意が必要です。

九州にお住まいの方やBBIQ・九州電力をすでに利用中の方におすすめです。

QTモバイルの
お申し込みはこちら!


出展:QTモバイル公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



14位:J:COMモバイル | 他のJ:COMサービスとセットでデータ増量!

J:COMモバイル

おすすめポイント

  • Web申込で契約事務手数料が無料
  • J:COMサービスとセットで契約するとデータが増量される
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越せる

J:COMモバイルの詳細
月額料金 1GB:1,078円
5GB:1,480円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
かけ放題オプション 5分/回:550円
60分/回:1,650円
初期費用 3,300円
※Web申込の場合は無料
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
1GB:200kbps
5GB:200kbps
10GB:1Mbps
20GB:1Mbps
購入できる主な端末 iPhone SE(第3世代)
iPhone 12
利用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード
口座振替
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM(スマホ)14位はJ:COMモバイルです!

J:COMは「J:COM NET」や「J:COM WiMAX」、「J:COM TV」などさまざまなサービスを提供しています。J:COMモバイルとこれらのサービスをセットで契約すると、データ容量が以下のように増量されます。

J:COMモバイルのデータ増量


⚫︎1GB→5GB
⚫︎5GB→10GB
⚫︎10GB→20GB
⚫︎20GB→30GB

データ増量しても料金はそのまま。他社と比較してもお得に利用可能です。

また、Webから申し込むと契約事務手数料が無料になり、初期費用を抑えて契約できるように。

他のJ:COMサービスも利用中の方におすすめです。

J:COMモバイルの
お申し込みはこちら!


出展:J:COMモバイル公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



15位:BIGLOBEモバイル | 光回線とセットで月額料金割引!エンタメフリー・オプションが最大6ヶ月無料

BIGLOBEモバイル

おすすめポイント

  • 低容量プランが豊富
  • エンタメフリー・オプションが最大6ヶ月無料で利用可能
  • BIGLOBE光とセットで契約すると220円/月割引される
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越せる

BIGLOBEモバイルの詳細
月額料金 1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
12GB:3,740円
20GB:5,720円
30GB:8,185円
かけ放題オプション 10分/回:913円
3分/回:660円
初期費用 プラン申込手数料:
3,300円
SIMカード準備料:433円
5G対応 ⚪︎
速度制限時の
最大通信速度
200kbps
購入できる主な端末 iPhone SE(第3世代)
利用回線 au
ドコモ
支払い方法 クレジットカード
契約期間 なし
解約違約金 0円
データ繰り越し ⚪︎
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎

おすすめ格安SIM(スマホ)15位はBIGLOBEモバイルです!

BIGLOBEモバイルは低容量プランが豊富なのが特徴的。1GB・3GB・6GB・12Gの4つがあり、そこまでデータ容量を使わない人も自分の使用量に合わせてプランを選ぶことができます。

また、BIGLOBEモバイルには「エンタメフリー・オプション」というYouTubeやABEMA、U-NEXTなどをデータ消費なしで利用できるオプションがあります。音声通話SIMプランに初回申込の方限定で、エンタメフリー・オプションを最大6ヶ月間無料で利用可能です。

また、BIGLOBE光とセットで契約するとBIGLOBEモバイルの月額料金が毎月220円割引されて、さらにお得に利用できます。

BIGLOBEモバイルの
お申し込みはこちら!


出展:BIGLOBEモバイル公式サイト

▲おすすめ格安SIM(スマホ)一覧に戻る



容量別!月額料金が安いおすすめを紹介

月額料金が安いおすすめの格安SIM

「自分に合ったデータ容量の格安SIM(スマホ)をとにかく安く利用したい」と思う方もいると思います。

ここからは、容量別で月額料金が安いおすすめの格安SIMを紹介します。料金の安さを重視する方はぜひ参考にしてください。

容量別月額料金が安いおすすめの格安SIM(スマホ)


⚫︎10GB以下の低容量
⚫︎20〜30GBの中容量
⚫︎40GB以上の大容量

スマホはあまり使わない方向け!10GB以下の低容量比較ランキング

月額料金が安いおすすめの格安SIM

10GB以下の低容量プランの料金を比較した一覧表はこちら。

※下の表は縦横にスクロールできます。
格安SIM/
データ容量(GB)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
LINEMO 990円
楽天モバイル 1,078円
ahamo
UQモバイル 990円 1,078円
mineo 1,298円 1,518円 1,958円
IIJmio 850円 990円 1,500円
Y!mobile 2,365円
LIBMO 980円 1,518円
イオンモバイル 858円 968円 1,078円 1,188円 1,298円 1,408円 1,518円 1,628円 1,738円 1,848円
J:COMモバイル 1,078円 1,628円 2,178円
NUROモバイル 1,870円 627円 825円 2,178円
HISモバイル 550円 770円 990円
QTモバイル 1,100円 1,540円 1,760円 1,980円
povo 390円 990円
BIGLOBEモバイル 1,078円 1,320円 1,870円

上記の表から、各データ容量で最安の格安SIMは以下のとおり。

10GB以下の各データ容量の最安格安SIM(スマホ)


⚫︎1GB:povo(390円)
⚫︎2GB:IIJmio(850円)
⚫︎3GB:NUROモバイル(627円)
⚫︎4GB:UQモバイル(1,078円)
⚫︎5GB:NUROモバイル(825円)
⚫︎6GB:イオンモバイル(1,408円)
⚫︎7GB:HISモバイル(990円)
⚫︎8GB:LIBMO(1,518円)
⚫︎9GB:イオンモバイル(1,738円)
⚫︎10GB:NUROモバイル(1,320円)

10GB以下の低容量プランの場合、特にNUROモバイルがおすすめです。

NUROモバイルの低容量プランは1GBあたりの料金が安いのが特徴的。データ容量別の最安はさまざまな格安SIM会社に分かれていますが、例えば6GB最安のイオンモバイルと10GB最安のNUROモバイルを比較するとNUROモバイルの方が安いことがわかります。

「あまり多くのデータ容量は必要としていないけど、とにかく安く格安SIMを利用したい」という方は、以下のボタンからNUROモバイルの詳細をチェックしてみてください。

NUROモバイルの
詳細はこちら!


大多数の方がこのプラン!20〜30GBの比較ランキング

月額料金が安いおすすめの格安SIM

20〜30GBの中容量プランの料金を比較した一覧表はこちら。

格安SIM/データ
容量
(GB)
20 25 30
LINEMO 2,728円
楽天
モバイル
2,178円
ahamo 2,970円
UQ
モバイル
3,278円
mineo 2,178円
IIJmio 2,000円
Y!mobile 4,015円 5,115円
LIBMO 1,991円 2,728円
イオン
モバイル
1,958円 3,058円
J:COM
モバイル
2,728円
NURO
モバイル
2,699円
HIS
モバイル
2,190円
QT
モバイル
2,200円 3,300円
povo 2,700円
BIGLOBE
モバイル
5,720円 8,195円

上記の表から、各データ容量で最安の格安SIMは以下のようになります。

20〜30GBの各データ容量の最安格安SIM(スマホ)


⚫︎20GB:イオンモバイル(1,958円)
⚫︎25GB:なし
⚫︎30GB:LIBMO(2,728円)

20〜30GBの中容量プランで特におすすめなのがイオンモバイルです。

多くの格安SIM会社が20GBプランを提供していますが、その中で最安なのがイオンモバイル。スマホでインターネット接続する機会が多い方でも、20GBあれば1ヶ月間データ容量が不足することなく利用可能です。

そんな20GBプランの中でイオンモバイルは最安で、ある程度データ容量が多くて、かつ最安で利用したい方におすすめできます。

イオンモバイルの
詳細はこちら!


ヘビーユーザーはこちら!40GB以上の大容量比較ランキング

月額料金が安いおすすめの格安SIM

40GB以上の大容量プランの料金を比較した一覧表はこちら。

格安
SIM/
データ容量
(GB)
40 50 60 100 150 無制限
LINEMO
楽天
モバイル
3,278円
ahamo 4,950円
UQ
モバイル
mineo
IIJmio
Y!mobile
LIBMO
イオン
モバイル
4,158円 5,258円
J:COM
モバイル
NURO
モバイル
3,980円
HIS
モバイル
5,990円
QT
モバイル
povo 6,490円 12,980円
BIGLOBE
モバイル

上記の表から、各データ容量で最安の格安SIMは以下のようになります。

20〜30GBの各データ容量の最安格安SIM(スマホ)


⚫︎40GB:NUROモバイル(3,980円)
⚫︎50GB:イオンモバイル(5,258円)
⚫︎60GB:povo(6,490円)
⚫︎100GB:ahamo(4,950円)
⚫︎150GB:povo(12,980円)
⚫︎無制限:楽天モバイル(3,278円)

40GB以上の大容量プランで最もおすすめなのが楽天モバイルです。

楽天モバイルはデータ無制限で利用可能。そのうえ、最大3,278円という低価格で利用できます。上記の表から他の大容量プランよりも安くお得に利用できることがわかります。

「データ容量を気にすることなく、かつお得に格安SIMを利用したい」という方は、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルの
詳細はこちら!


通信速度が速いおすすめ3選

通信速度が速いおすすめの格安SIM

通信速度の実測値比較
楽天モバイル 76Mbps
UQモバイル 81Mbps
NUROモバイル 65Mbps
LINEMO 79Mbps
ahamo 83Mbps
Y!mobile 71Mbps
povo 81Mbps
LIBMO 46Mbps
イオンモバイル 40Mbps
IIJmio 40Mbps
mineo 39Mbps
HISモバイル 41Mbps
QTモバイル 44Mbps
J:COMモバイル 49Mbps
BIGLOBEモバイル 16Mbps


上記の表で各格安SIMの通信速度の実測値を再掲しています。上記の表から通信速度の速さを重視する方におすすめの格安SIMは以下の3つ。


それぞれ詳細を解説します。







iPhone端末をセットで購入できるおすすめ3選

iPhone端末をセットで購入できるおすすめ格安SIM

通信速度の実測値比較
楽天モバイル iPhone 14 Pro Max
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Plus
iPhone 14
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone SE(第3世代)
UQモバイル iPhone SE(第3世代)
iPhone 12
NUROモバイル Xperia 10 V
AQUOS sense7
OPPO Reno9 A
moto g13
LINEMO
ahamo iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone SE(第3世代)
Y!mobile iPhone SE(第3世代)
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11
povo
LIBMO iPhoneSE(第3世代)
イオンモバイル iPhone SE (第3世代)
iPhone XS (未使用品)
IIJmio iPhone 8
iPhone SE (第2世代)
iPhone 11
iPhone SE (第3世代)
iPhone 12 mini
iPhone 13
mineo iPhone SE(第3世代)
iPhone 13
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
HISモバイル iPhone11 Pro Max
iPhoneXR
iPhone7
iPhone8
QTモバイル iPhone14
iPhoneSE(第3世代)
iPhone13
iPhone13 mini
iPhoneXS
J:COMモバイル iPhone SE(第3世代)
iPhone 12
BIGLOBEモバイル iPhone SE(第3世代)


上記の表から「格安SIMの契約と同時にiPhone端末もセットで購入したい」という方におすすめの格安SIMは以下の3つです。

iPhone端末をセットで購入できるおすすめの格安SIM(スマホ)


⚫︎楽天モバイル:データ無制限で利用可能
⚫︎mineo:3キャリアの回線から選べる
⚫︎Y!mobile:家族で契約するとお得

それぞれどのiPhone端末を購入できるか見てみましょう。







ドコモからの乗り換えにおすすめの格安SIM(スマホ)

ドコモからの乗り換えにおすすめの格安SIM

ドコモを利用中の方に乗り換え先としておすすめの格安SIM(スマホ)を紹介します。

ahamo

ahamo

おすすめポイント

  • ドコモと同じ通信環境だから高速通信で安定性が高い
  • MNP予約番号の取得が不要


ahamoはドコモの格安プランです。そのため、手続きは簡単でdアカウントにログイン後、オンライン上で手続きが完了します。

MNP予約番号を取得する必要はなく、手間もかかりません。

なお、ドコモで利用中のサービスをahamo乗り換え後も利用する場合は、引き継ぎの手続きが必要になるため、乗り換える前に確認しておきましょう。

\5分間の国内通話かけ放題付き!/

ahamoの
詳細はこちら!


ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIM(スマホ)

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIM

ソフトバンクを利用中の方に乗り換え先としておすすめの格安SIM(スマホ)は以下の2つ。

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIM(スマホ)


⚫︎LINEMO
⚫︎Y!mobile

それぞれの詳細を解説します。

LINEMO

linemo

おすすめポイント

  • ソフトバンクスマホと同等の回線で通信速度が速く安定している
  • MNP予約番号の取得が不要


LINEMOはソフトバンクの格安プラン。MNP予約番号の発行は不要です。

乗り換えの手続きは簡単で、以下の3ステップのみとなっています。

ソフトバンクからLINEMOへの乗り換えステップ


①My SoftBankにログインし、氏名・住所の確認・変更をする
②過去に設定したネットワーク暗証番号を準備する
③申込画面の「現在利用中の携帯電話会社」で「ソフトバンク」を選択

その後はSIMカードを受け取り、回線を切り替えるだけで利用開始できます。

LINEMOはソフトバンクと同等の回線を利用しているため、通信が安定しており、使い勝手も良いです。

\LINEのデータ消費なしで使い放題/

LINEMOの
詳細はこちら!


Y!mobile

Y!mobile

おすすめポイント

  • ソフトバンクが運営するサブブランドで高速通信を実現
  • MNP予約番号の取得が不要


Y!mobileはソフトバンクが運営するサブブランド。ソフトバンク回線で高速かつ安定した通信を実現します。

また、LINEMOと同様に、ソフトバンクからの乗り換え時は MNP予約番号の発行が不要です。手間がかからず、簡単に乗り換えることができます。

\2回線目から月額料金1,100円割引!/

Y!mobileの
詳細はこちら!


auからの乗り換えにおすすめの格安SIM(スマホ)

auからの乗り換えにおすすめの格安SIM

auを利用中の方に乗り換え先としておすすめの格安SIM(スマホ)は以下の2つ。

auからの乗り換えにおすすめの格安SIM(スマホ)


⚫︎UQモバイル
⚫︎povo

それぞれの詳細を解説します。

UQモバイル

UQモバイル

おすすめポイント

  • auのサブブランドで格安SIM業界トップクラスの通信速度と安定性を実現
  • MNP予約番号の取得が不要


auのサブブランドで格安SIMの中でもトップクラスの通信速度と安定性を実現するUQモバイル。

auのサブブランドであるため、MNP予約番号の発行は不要で、オンラインショップにて手続き後、SIMカードを受け取り、回線を切り替えるだけで利用開始できます。

\業界トップクラスの通信速度と安定性を実現!/

UQモバイルの
詳細はこちら!


povo

povo

おすすめポイント

  • auスマホと同等の回線で通信速度が速く安定している
  • 初期費用が0円で気軽に契約できる
  • MNP予約番号の取得が不要


auからpovoに乗り換える場合、手続きに必要なのがクレジットカード情報と利用中の端末の2点のみ

手続きの流れも以下の3ステップだけで完了します。

auからpovoへの乗り換えステップ


①au ID認証と、povo2.0アカウントの作成
②povo2.0の契約手続き
③SIM開通手続き

MNP予約番号の発行は不要で、契約者情報の入力やSIMタイプの選択などをするだけで手続きが完了できます。

\基本料金0円!/

povoの
詳細はこちら!


海外によく行く人のおすすめはこちら!

海外によく行く人のおすすめの格安SIM

「海外に行く機会が多く、その都度Wi-Fiを契約したり、SIMカードを購入したりするのが面倒」と悩みを抱える方もいるのではないでしょうか。

海外でのスマホ問題に悩む方におすすめの格安SIMはこちら!

海外によく行く人のおすすめの格安SIM(スマホ)


⚫︎ahamo
⚫︎楽天モバイル

これらの格安SIMは手続きなしで海外利用が可能です。それぞれの詳細を解説します。

ahamo

ahamo

おすすめポイント

  • 追加料金不要で海外82の国と地域でデータ通信が可能
  • 海外でも月間20GB利用できる


ahamoは以下の国と地域で利用可能。

ahamoの海外データ通信の対応エリア
アメリカ(本土)、アラスカ、カナダ、グアム、サイパン、ハワイ、インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マカオ、マレーシア、ミャンマー、ラオス、韓国、香港、台湾、中国、バングラデシュ、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、ナウル、アイルランド、アゾレス諸島、アンドラ、イギリス、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、カナリア諸島、キプロス、ギリシャ、クロアチア、サンマリノ、スイス、スウェーデン、スペイン、スペイン領北アフリカ、スロバキア、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マディラ諸島、モナコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア、米領バージン諸島、プエルトリコ、ブラジル、ペルー、メキシコ、チリ、エクアドル、カタール、オマーン、イスラエル、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、モロッコ、南アフリカ、レソト
出展:ahamo公式サイト

そして、利用できるデータ容量は月間20GBで大容量。海外でも安く、かつデータ大容量で利用できます。 なお、80GBの大盛りプランを契約中の方も海外利用をする場合は月間20GBまでとなることには注意しましょう。

\海外82の国・地域で月間20GBまで利用可能!/

ahamoの
詳細はこちら!


楽天モバイル

楽天モバイル

おすすめポイント

  • 追加料金なしで海外の70の国と地域でデータ通信が可能
  • 高速データを毎月2GBまで通信できる
  • 2GB超過後は最大128kbpsで使い放題
  • Rakuten Linkアプリ同士なら国際通話かけ放題


楽天モバイルは以下の国と地域で利用可能。

楽天モバイルの海外データ通信の対応エリア
アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アラブ首長国連邦、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カタール、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クウェート、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ヨルダン、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア
出展:楽天モバイル公式サイト

これらの国と地域で毎月2GBまで高速データ通信が可能です。

さらに、Rakuten Linkアプリ同士であれば、国際通話がかけ放題になります。発信側と受信側の両方がRakuten Linkを利用している必要がありますが、海外で通話ができるのは非常に便利です。

\海外70の国・地域で月間2GBまで高速データ通信可能!/

楽天モバイルの
詳細はこちら!


子ども用スマホにおすすめの格安SIM(スマホ)

子ども用スマホにおすすめの格安SIM

「子どもにスマホを持たせたいけど心配。できるなら格安SIMを持たせたいけど、何か良いサービスはないかな?」と考える方もいるのではないでしょうか。

子ども用の格安SIMをお探しの方におすすめなのが「TONEモバイル」です。次にTONEモバイルの詳細を解説します。

TONEモバイル

TONEモバイル

おすすめポイント

  • 料金プランが一つだけでわかりやすい
  • 動画視聴以外のデータ通信は無制限で利用可能
  • オプション追加で子どもの見守りを強化できる

TONEモバイルの詳細
月額料金 無制限:1,100円
※動画は1GBまで
かけ放題オプション 無制限:770円
初期費用 契約事務手数料:3,300円
SIMカード手配料:433円
5G対応 ⚪︎
※TONE e22端末のみ利用可能
速度制限時の
最大通信速度
購入できる主な端末 TONE e22
利用回線 ドコモ
支払い方法 クレジットカード
契約期間 2年間
解約違約金 1,000円
データ繰り越し ×
テザリング ⚪︎
店舗 ⚪︎(ドコモショップ・カメラのキタムラ)

TONEモバイルは子どもからシニアまで安心して使える格安SIMです。

動画視聴は月間1GBまでという制限がありますが、それ以外はデータ無制限で使い放題なため、ストレスのないインターネット接続が実現できます。

また、オプションを追加することで以下が可能になります。

TONEモバイルのオプション追加でできること


⚫︎GPS見守り機能
⚫︎アプリ制限機能
⚫︎自画撮り被害防止
⚫︎「SNSいじめ」から守る

近年はスマホが原因のトラブルが増加していますが、TONEモバイルであればアプリの制限やGPSでの見守りなどが可能であるため、子どもにも安心してスマホを渡すことが可能です。

「子どもにスマホを持たせたいけど、できる限りリスクを軽減したい」と考える方は、TONEモバイルがおすすめです。

TONEモバイルの
お申し込みはこちら!


格安SIM(スマホ)の選び方・比較ポイント| 速度・容量(GB)・料金の比較が鉄則

格安SIMの選び方・比較ポイント

スマホ代を抑えたい方の選択肢として人気を集めている格安SIM(スマホ)。乗り換えたい方も多いでしょう。

しかし、格安SIMを提供する会社は20社以上と多く存在します。ここまでの数があると、格安SIM全ての料金プランを比較して自分に合ったものを見つけるのは難しいもの。

効率的、かつ自分に合った格安SIMを見つけるには比較ポイントを知ることが重要。そこで当記事では、最初に格安SIMの選び方・比較ポイントを解説します。


では、一つずつ見ていきましょう。

比較の最重要ポイントは格安SIM(スマホ)の通信速度

格安SIM(スマホ)を比較する際にはとにかく安い料金に目がいきがちですが、まず比較すべきは通信速度です。

格安SIMはキャリアから通信回線を借りているため、通信回線のキャパシティがあまり大きくありません。そのため、たくさんのユーザーが同じタイミングでネットを使った場合、通信回線が混雑して速度が遅くなってしまいます。

そうなった場合、せっかくお金をだして契約しているのに、ネットも使えず全く意味がないことになりかねません。

確かに格安SIMの月額料金も重要ですが、まずは普段の通信速度がきちんと使えるレベルかどうかで比較することから始めるのがベストです。

格安SIM(スマホ)をどれだけ使いたい?データ容量も重要

速度を比較して使いやすそうな格安SIM会社をピックアップしたら、次は自分が月々どれくらいのデータ容量を使用したいのかという観点で比較しましょう。

格安SIMは、500MBという低容量から、20GB、30GBという大容量まで取り揃えているため、キャリアと比較して自分に合ったデータ容量を選びやすいのがポイント。

自分が使うデータ容量にぴったりあったプランを選ぶことで、月額料金を無駄にすることもなくなります。さまざまな格安SIM会社を比較して、自分が使いたいデータ容量に合ったプランを探してみましょう。

比較の最終ポイントは月額料金!

データ容量を選んだら、あとは月額料金を比較するだけ!

同じ5GBのデータ容量でも、格安SIM会社によっては音声通話機能がついていたり、カウントフリー機能がついていたりと、サービスによって月額料金が異なります。

データ容量の比較だけでなく、機能性も比較しながら格安SIMの料金を吟味するのがおすすめです。

格安SIM(スマホ)のメリット

格安SIMのメリット

ここまでの内容を読んで、「そもそもなぜ格安SIM(スマホ)が最近人気あるのかがわからない。どんなメリットがあるの?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

格安SIMを利用することのメリットは大きく分けて以下の3つ。


それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

月額料金が安い

格安SIM(スマホ)の最大の魅力は料金の安さ。

3大キャリアはキャンペーンや割引を利用しても、月額利用料が5,000円〜7,000円ほど。スマホの端末代まで加わると月1万円ほどかかることもあります。

一方で、格安SIMの月額料金は2,000〜4,000円ほど。3大キャリアから格安SIMに乗り換えることで、月々2,000円以上安く抑えられることもあります。

たとえば、ソフトバンクの「メリハリ無制限」から楽天モバイルに乗り換えた場合、以下のように月額料金を抑えられます。

ソフトバンク
「メリハリ無制限」
7,238円
楽天モバイル
(20GB〜無制限)
3,278円
差額 3,960円

その差は約4,000円。このように格安SIMに乗り換えることで、月々の料金を大幅に抑えられるようになります。

プランの幅が豊富

格安SIM(スマホ)は3大キャリアに比べて料金プランの幅が豊富。

3大キャリアの場合は3GBや7GB、無制限など選択できるプランの幅が狭いのに対して、格安SIMは1GBや2GB、10GBなど、細かくプランが用意されています。「外出先であまりスマホを使わない」という方でもぴったりのデータ容量のプランを選択できます。

また、20GBや30GB、無制限などの大容量プランも用意されているため、たくさんインターネットを使いたい人も満足して格安SIMを利用可能です。

独自のサービスやキャンペーンが多い

格安SIM(スマホ)会社は、もともと通信事業を行っていたわけではなく、違う事業を主として行っていたケースが多いです。

楽天モバイルを運営している楽天株式会社や、mineoを運営している株式会社オプテージを想像するとおわかりいただけるでしょう。

このような会社の場合、自社の事業と提携した独自のサービスをスマホのプラン内に含んでいることが多いのです。

たとえば楽天モバイルでは、格安SIMを契約すると楽天ポイントの獲得率がアップしたり、mineoではGBを他の人とシェアしたり、ユーザー同士で交流できる機能がついていたりします。

格安SIMは、安い料金だけでなくこのような独自の機能も魅力の1つ。

最近では、キャリアも独自のサービスやオプションを多く盛り込んでいますが、格安SIMのほうが比較的たくさんのオプションを選ぶことができます。

格安SIM(スマホ)のデメリット

格安SIMのデメリット

ここまで説明してきた通り、格安SIM(スマホ)には3大キャリアと比較しても劣らないメリットがあります。しかしその反面、以下のようなデメリットや不便な点があるのも事実です。


では、格安SIMの具体的なデメリットを確認していきましょう。

キャリアメール、キャリア決済などのサービスが使えない

格安SIM(スマホ)では、auやドコモで使えるようなキャリアメール(~~@ezweb.ne.jp、~~@docomo.ne.jpなど)が使えません。

メール持ち運びサービスで継続利用も可能


キャリアメールは、持ち運びサービスを使えば有料ではありますが、引き続き利用可能です。解約後1ヶ月以内に申請が必要などと条件がありますので、乗り換え前に確認するようにしましょう。

また、携帯電話の各キャリアで用いるIDやパスワード認証を利用してネット上の商品やサービスを購入できる「キャリア決済」も使えなくなってしまいます。

格安SIMでも、独自のメールアドレスを発行している会社もありますが、別途料金がかかるケースがあります。このようなキャリアが行っているサービスをよく利用していた方は、格安SIMではキャリアと比較して不便に感じてしまうことがあるかもしれません。

時間帯や場所によっては通信速度が不安定

格安SIM(スマホ)の大きなデメリットとして挙げられるのは、通信速度が不安定という点です。

格安SIM会社はキャリアから通信設備を借りているため、通信容量が限られています。そのため、一度に多くのユーザーがネットを使うと回線が混雑し、通信速度が遅くなってしまうことがあるのです。

しかし、キャリアがサブブランドとして運営している大手格安SIMや、ahamoやLINEMOといったキャリアが販売する格安プランなどは、キャリアと比較しても劣らない通信品質を持っている場合もあります。また、昼や夜の混雑時には多少遅くはなるものの、通常の状態では問題なくネットが使える格安SIMも多いです。

しかし、普段から通信速度が遅く使いにくいという格安SIMがあることも事実。そのため、格安SIMを契約する際には、通信速度や評判をしっかり確認し比較することが必須と言えます。

支払い方法がクレジットカードのみの場合がある

格安SIM(スマホ)は、月額料金の支払いがクレジットカードのみでしかできない場合があります。

口座振替にも対応している格安SIM会社もありますが、数は多くないのが実情です。また、請求書による支払いはほとんどの会社が受け付けていません。

クレジットカードを持っていない方は契約ができないため、これはなかなか大きなデメリットと言えるでしょう。

以上のように、格安SIMはキャリアと比較すると様々な制限があります。

とはいえ、格安SIMに契約する前にきちんとデメリットを認識し、納得していれば後々後悔するほどのデメリットではないはずです。格安SIMに乗り換える前に、キャリアと格安SIMのデメリットをきちんと比較することを忘れないようにしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアからの乗り換え手順

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアからの乗り換え手順

「格安SIM(スマホ)に乗り換えたいけど、どんな手順で乗り換えられるの?」と疑問を持つ方もいると思います。

ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアから格安SIMに乗り換える際の大まかな手順は以下のとおり。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアからの乗り換え手順


①端末の動作確認をする
②乗り換えに必要な書類を準備する
③MNP予約番号を発行
④格安SIMを申し込む
⑤SIMカードをスマホに挿入
⑥初期設定をして利用開始

具体的に、各手順でどのようなことをするのか解説します。

①端末の動作確認をする

現在使用しているスマホ端末をそのまま使い続ける場合、最初に申し込む格安SIM会社で使用予定のスマホが使えるかどうかを確認します。

現在使用中のスマホ端末が引き続き使えるかどうかは、各格安SIM会社のHPから確認可能です。古いスマホ端末を使用していて動作確認済みリストに掲載されていない場合は、スマホ端末も買い替える必要があります。

動作確認されていない端末を使用すると故障する可能性があるため、契約する前に必ず端末の動作確認をしておきましょう。

②乗り換えに必要な書類を準備する

次に乗り換えの手続きに必要な書類を準備します。格安SIM(スマホ)に乗り換える際に必要になる書類はこちら。

格安SIM(スマホ)への乗り換えに必要な書類


⚫︎本人確認書類
⚫︎クレジットカード情報またはキャッシュカード情報

このように、多くの書類が必要になるわけではありません。乗り換えの手続きを始める前に手元に準備しておくことでスムーズに進められますよ。

③MNP予約番号を発行

現在利用中の電話番号を継続して利用する場合は MNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号は現在利用中のキャリアに電話、またはWebサイトから申し込むことで発行可能です。電話で発行する場合、繋がるまでに時間がかかることもあるため、時間に余裕があるときに発行手続きするのがおすすめです。

④格安SIM(スマホ)を申し込む

MNP予約番号を取得したら、格安SIM(スマホ)を申し込みます。

店舗受付を実施している格安SIM会社もありますが、多くはWebサイトで受付しています。各格安SIM会社のHPにアクセスして申し込み手続きを進めましょう。

⑤SIMカードをスマホに挿入

申し込んでから数日後、自宅にSIMカードが届きます。届いたSIMカードをスマホに挿入することで格安SIMが利用可能になります。

⑥初期設定をして利用開始

最後に初期設定・動作確認をして利用開始できます。

初期設定の方法は、SIMカードと一緒に届くマニュアルに掲載されています。マニュアルを読みながら初期設定を完了させましょう。

まとめ

この記事のまとめ

格安SIM(スマホ)の比較おすすめランキングを紹介しました。おさらいとして、おすすめの格安SIM5選をもう一度見てみましょう。

おすすめの格安SIM(スマホ)5選



この記事ではランキング形式でおすすめの格安SIMを紹介しましたが、用途や目的に応じて適切な格安SIMは変わります。

ぜひ自身の格安SIMを利用する目的と照らし合わせながら、自分に合った格安SIMを選び、快適なスマホライフを過ごしましょう!

格安SIM(スマホ)のおすすめランキングを
もう一度見る


よくある質問

格安スマホに関してよくある質問

最後に格安SIM(スマホ)についてよくある質問を紹介し、お答えします。


格安SIM(スマホ)とはどんなスマホ?

格安SIM(スマホ)は、MVNO(仮想移動体通信事業者)がキャリアから通信設備を借りてサービスを提供しています。 設備費がかからない分、安い料金で提供されているところが魅力です。

近年、格安SIMを提供するMVNOは増えており、多くの人が格安SIMに乗り換えています。

なぜ安く提供できるの?

格安SIM(スマホ)が安い理由は、MVNOはキャリアから通信設備を借りているため、初期投資や維持費が必要ないからです。

また、契約手続きなどをネット上で行うことで、人件費を減らし、安い月額料金でのサービス提供を実現しています。

おすすめの格安SIM(スマホ)の選び方は?

格安SIM(スマホ)は、料金・通信速度・容量の3つで選ぶのがベスト。月額料金が安くても、通信速度が遅く使い物にならないこともあります。

また、格安SIM会社によって提供しているデータ容量はバラバラです。1つの要素だけで比較するのではなく、様々な面から総合的なバランスを考えるのがおすすめです。

安心して契約できる格安SIM会社は?

特に安心して契約できる格安SIM会社は各キャリアのサブブランド、または格安プランです。

大手キャリア、または子会社が運営しているためサポート体制が充実しており、急にサービスが終了することもほとんどありません。

ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれのサブブランド、格安プランはこちらです。

大手キャリア サブブランド・
格安プラン
ドコモ ahamo
au povo
UQモバイル
ソフトバンク Y!mobile
LINEMO

「格安SIM会社は本当に安心して利用できるの?」と不安を持つ方は、上記の大手キャリアのサブブランド・格安プランを利用するのがおすすめです。

店舗でサポートを受けられる?

一部の格安SIM(スマホ)は店舗でサポートを受けられます。

店舗サポートを実施している格安SIMはこちら。

店舗サポートを実施している格安SIM会社


⚫︎UQモバイル
⚫︎楽天モバイル
⚫︎ahamo(ドコモショップ)
⚫︎mineo
⚫︎IIJmio
⚫︎Y!mobile
⚫︎LIBMO
⚫︎イオンモバイル
⚫︎J:COMモバイル
⚫︎HISモバイル
⚫︎QTモバイル

サービスの内容は格安SIM会社によって異なりますが、多くの格安SIM会社が店舗サポートを実施しています。インターネットだけでは解決できないことがあれば、店舗で直接サポートしてもらうのがおすすめです。

クレジットカード払いにも対応している格安SIM(スマホ)は?

ほぼすべての格安SIM会社がクレジットカード払いに対応しています

一方で、口座振替を実施している格安SIM会社は少なく、今回紹介している格安SIM会社の中では以下の7社のみとなります。

口座振替に対応している格安SIM会社


⚫︎UQモバイル
⚫︎LINEMO
⚫︎楽天モバイル
⚫︎ahamo
⚫︎Y!mobile
⚫︎J:COMモバイル
⚫︎QTモバイル

格安SIM会社を選ぶ際は、希望の支払い方法に対応しているかどうかも確認しましょう。

初期設定は自分でやらなければいけない?

ほとんどの格安SIM会社は、初期設定を自分で行わなければいけません

一方で、イオンモバイルでは初期設定をしてから端末を手渡しするサービスを実施していたり、mineoでは店舗で初期設定をサポートしてくれたりします。

また、有料で格安SIMの初期設定をサポートしてくれるサービスもあります。

初期設定の方法が全くわからない場合はこれらのサポートサービスを利用するのがおすすめです。

最新のiPhoneもセットで買える格安SIM会社は?

最新のiPhoneもセットで購入できる格安SIM会社は、楽天モバイルとahamo、QTモバイルです。

2024年6月現在の最新端末であるiPhone14を購入することができます。

格安SIM会社でiPhoneなど端末のみ購入することは可能?

スマホ端末だけを購入できる格安SIM会社は楽天モバイルのみです。

楽天モバイルではiPhone14シリーズをはじめとして、最新端末を提供しています。楽天モバイルでiPhone端末をお得に購入するには、プランもセットで契約する必要がありますが、iPhone端末のみの購入も可能です。

どんなキャンペーンを実施しているの?

格安SIM会社によって実施しているキャンペーンは異なります。その中で、特に以下のようなキャンペーンを実施する格安SIM会社が多いです。

格安SIM会社が実施する主なキャンペーン


⚫︎連携する他サービスとセットで契約すると月額料金割引
⚫︎端末とセット購入で端末代割引

他サービスとセットで契約したり、端末をセットで購入したりすることでキャンペーンが実施されるケースが多いです。自身の必要性と照らし合わせてキャンペーンを利用するかどうかを検討しましょう。

おすすめの格安SIM(スマホ)を
もう一度見る