WiMAXおすすめプロバイダランキング | 2024年6月最新18社比較!

累計契約者数が3,800万人を超えるほどの大人気なWiMAX(ワイマックス)。光回線と異なり工事不要で、契約後に自宅に端末が届けばすぐに利用開始できます。そのうえ、データ容量無制限かつ5Gの高速通信が実現可能なのです。

しかし、WiMAXを提供する会社(以下、プロバイダ)はなんと10社以上存在。この会社間では、料金が異なり、2年間で総額2万ほど変わってしまうことも。対応エリアや速度、使える端末が同じなのに、です。そのため、WiMAXプロバイダを選ぶ際は料金を比較のうえ、最も安いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

とはいえ、「WiMAXを契約したいけど、どれがおすすめなのかわからない。」「比較基準もちゃんと知った上でおすすめを契約したい。」と悩む方もいるでしょう。

当記事では、10社を超えるWiMAXプロバイダを比較の上、最もお得でおすすめプロバイダを比較方法とともにランキング形式でご紹介します

おすすめのWiMAXプロバイダ比較ランキングをすぐに見たい!という方は、以下のボタンからすぐにご覧いただけます!

※この表は横にスクロールできます。
おすすめWiMAXプロバイダ3選
WiMAXプロバイダ 実質月額料金 キャッシュバック
キャンペーン
キャッシュバックの
受け取り時期
キャッシュバックの
申請時期
契約するメリット 契約するデメリット おすすめな人
カシモWiMAXロゴ
詳細へ
3,896円 Amazonギフト券
23,000円
Amazonギフト券
申請から2週間後
端末到着後にすぐに申請可能 高額キャッシュバックをすぐに受け取れる 特になし 確実にキャッシュバックを受け取って最安の
プロバイダを契約
したい方
BIGLOBE WiMAXロゴ
詳細へ
4,054円 現金17,000円 契約月の翌月末 契約の翌月から45日間 口座振替支払いが可能
すぐにキャッシュ
バックを受け取れる
キャッシュバックの
申請時期が限られている
口座振替支払いを
したい方
すぐにキャッシュ
バックを受け取りたい方
GMOとくとくBBロゴ
詳細へ
4,224円 ※1 現金4,224 契約から約1年後 契約の11ヶ月後の
30日間
高額キャッシュバックを
現金で受け取れる
キャッシュバックの
申請が複雑で
申請期間が短い
他社で
違約金・端末残債が
発生する方
※1 端末の分割払い回数が36回のため、2年で解約した場合は、解約時に端末残債が発生。総額・実質月額料金ともに、端末残債(8,470円)を含めた料金です。

まず、WiMAXを比較する上で重要な前提となる知識について解説していきます。

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


目次

おすすめのWiMAX(ワイマックス)プロバイダを見つけるための比較方法・選び方

WiMAXプロバイダの比較方法・選び方

現在利用しているWi-Fiサービスの契約更新、引越しなどを機にWiMAX(ワイマックス)への乗り換えや新規契約を検討している方もいるでしょう。しかし、冒頭のとおり、WiMAXには10社以上のプロバイダが存在するため、「どれを選べば良いかわからない」と迷う方も多いはず。

そこで、契約後に後悔しないおすすめのWiMAXプロバイダの比較方法・選び方を解説します。WiMAXを比較する際に重要なポイントは以下の3つ。


それぞれのWiMAXプロバイダの比較ポイント・選び方について詳しく解説します。

①モバイルWiFiルーター・ホームルーターの端末を比較してスペックや通信速度が速いものを選ぶ

WiMAXプロバイダの比較方法・選び方

WiMAXはモバイルWi-Fiルーターとホームルーターの2種類の端末を提供中。

モバイルWi-Fiルーター端末は外出時にも持ち運びが可能な一方で、ホームルーター端末と比較して通信の安定性が劣ります。ホームルーター端末は持ち運びは不可能ですが、モバイルWi-Fiルーター端末と比較して通信が安定するといった特徴があります。

それぞれのおすすめな方はこちら。

WiMAXのモバイルWi-Fiルーター・ホームルーターのおすすめな方の特徴


⚫︎WiMAXのモバイルWi-Fiルーター端末:外出時もデータ容量を気にせずインターネットを利用したい方
⚫︎WiMAXのホームルーター端末:自宅だけでWiFiインターネットを利用する方

そして、WiMAXではモバイルWi-Fiルーター端末「Speed Wi-Fi 5G X12」、ホームルーター端末「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」の2つを提供。各端末特徴の比較は以下のとおり。

Speed Wi-Fi 5G X12と
Speed Wi-Fi HOME 5G L13の特徴比較
Speed
Wi-Fi
5G X12
Speed
Wi-Fi HOME
5G L13
端末画像 SpeedWi-Fi 5G X12の端末画像です Speed Wi-Fi HOME 5G L13
端末
種類
モバイルWiFi ホームルーター
端末
製造元
NECプラットフォームズ ZTE
利用回線 au5G, au4G LTE, WiMAX 2+
最大速度
(下り)
3.9Gbps 4.2Gbps
最大速度
(上り)
183Mbps 286Mbps
サイズ(mm) 136x68x14.8 100×207×100
重さ 約174g 約635g
最大
接続
台数
16台 32台
連続
通信
時間
約490分
本体色 ホワイト/ブラック ホワイト


WiMAX端末は5G通信で最大通信速度の速さが特徴的。従来のモバイルWi-Fiルーター端末(X12)・ホームルーター端末(L11・L12)と比較すると1.5〜2倍速く、広範囲で使えると評判の高いクラウドSIMのポケット型WiFiと比較すると、20倍以上も速いほどのハイスペック。

クラウドSIMのポケット型WiFiとは、SIMカードを通信端末ではなく、クラウドサーバーで管理する通信技術のことで、ゼウスWiFiやTHE WiFiなどがあります。


WiMAXはモバイルWi-Fiルーター端末・ホームルーター端末のどちらでも5Gの高速通信でインターネット接続が可能なため、前述のように利用用途に合わせて端末を選ぶのがおすすめです。

しかし、「本当にそんなに速いの?」と疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。確かに最大通信速度はあくまでも理論上の数値であるため、3.9Gbpsや4.2Gbpsの速度が出ることはありません

そこで、当サイトでは実際にSpeed Wi-Fi 5G X12とSpeed Wi-Fi HOME 5G L13を契約して通信速度の実測値を計測しました。

Speed Wi-Fi 5G X12の同封物

計測の結果は後ほど紹介しているので、気になる方は以下のボタンからページ下部に進んでチェックしてください。

WiMAXの実測値の測定結果を見る

②実質月額料金を比較して価格が安いプロバイダ・プランを選ぶ

WiMAXプロバイダの比較方法・選び方

冒頭のとおり、WiMAXは10社以上のプロバイダが存在し、それぞれ対応エリアや速度、使える端末が同じですが、各種料金が異なります。

しかし、ただ各WiMAXプロバイダの月額料金を比較し安いものを選べば良いわけではありません。なぜなら、月額料金の他に初期費用やオプション料金が追加されたり、WiMAXプロバイダによってキャッシュバックや割引などのキャンペーンが異なったりするからです。

そこで比較するべきなのが「実質月額料金」。

WiMAXを契約する際にかかる料金は月額料金だけではありません。実際に支払う金額には以下も影響してきます。

WiMAX契約でかかる料金


・月額料金
・初期費用
・端末価格

WiMAXのキャンペーンで割引される料金


・キャッシュバック
・月額料金割引

これらの金額を以下のように計算することで実質月額料金が算出されます。

実質月額料金の計算方法


実質月額料金 = (月額料金総額+初期費用+各種オプション料金-キャンペーン特典) ÷ 契約月数

同じサービスであればより料金が安いWiMAXを契約したい方がほとんどでしょう。実質月額料金を比較して、より料金が安いWiMAXプロバイダから申し込むのがおすすめです

【注意】公式サイトの月額料金だけを比較するのはNG


各WiMAXプロバイダの公式サイトには月額料金が記載されています。「月額料金が安いからこのWiMAXプロバイダにしよう」と月額料金の安さだけで選んでしまう人もいるでしょう。しかし、公式サイト記載の月額料金だけを比較してWiMAXプロバイダを選ぶのは危険です。公式サイト記載の月額料金より実際に支払う金額が多くなる可能性があるからです。

WiMAXプロバイダの中には初月や最初の数ヶ月の利用料金を割引して「安い」と印象付けて、他の料金を高くするケースもあります。その場合、安そうに見えても実際に支払う金額は高くなるため、実際い支払う金額である実質額料金で比較するのがおすすめです。

③キャッシュバックキャンペーンを比較して受け取りやすいプロバイダを選ぶ

WiMAXプロバイダの比較方法・選び方

いくつかのWiMAXプロバイダで、Amazonギフト券や現金などの独自のキャッシュバックキャンペーンを実施しており、よりお得に安い価格で利用できます

カシモWiMAXは23,000円、BIGLOBE WiMAXは17,000円、GMOとくとくBBは23,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

しかし、キャッシュバックキャンペーンを選ぶ際は、ただ金額が高額であれば良いわけではありません。WiMAXプロバイダによってキャッシュバックやその他キャンペーンの受け取り方や受け取り時期が異なり、中には「1年後に申請すれば受け取れる」といった受け取り忘れる可能性が高いものも存在。

キャッシュバックキャンペーンを受け取り忘れた場合、実質月額料金が高くなり、結果的にお得に利用できません。そのため、受け取りやすさも比較する際の重要な項目になるのです。

そして、当サイトおすすめのカシモWiMAXやBIGLOBE WiMAX、GMOとくとくBBでは当サイト限定キャンペーンを実施中。キャッシュバックキャンペーンの受け取りやすく、実質月額料金の安いためおすすめです。

ここからは、上記のWiMAXプロバイダの比較方法・選び方を踏まえたおすすめを一覧で紹介します。

WiMAXのおすすめプロバイダ18社の料金を一覧で徹底比較【2024年6月】

WiMAXのおすすめプロバイダ18社の料金を一覧で徹底比較

WiMAXプロバイダを比較する上で、実質月額料金が重要ということはお分かりいただけたのではないでしょうか。

では早速、人気のWiMAXプロバイダをピックアップして、それぞれの実質月額料金を徹底比較していきましょう。

WiMAXプロバイダ18社の実質月額料金の比較ランキング

前述のとおり、WiMAXプロバイダは10社以上存在。通信速度やデータ容量などは同じである一方で、WiMAXプロバイダによって月額料金やキャッシュバックキャンペーンなどが異なります。

そして、WiMAXプロバイダを比較する際に見るべきポイントが実質月額料金です。

WiMAXプロバイダ18社の実質月額料金を比較し、一覧にしたランキングはこちら。

会社名 実質
月額料金
キャッシュ
バック額
カシモ
WiMAX 詳細
3,896円 23,000円
BIGLOBE
WiMAX
詳細
4,054円 20,300円
現金キャッシュバック
17,000円+手数料割引
3,300円
GMO
とくとく
BB 詳細
4,224円 ※1 23,000円
Broad
WiMAX
4,400円 10,000円
UQ WiMAX 5,536円 0円
au 6,104円 0円
KT-WiMAX 5,568円 0円
エディオン 5,568円 0円
ヨドバシ
WiMAX
5,329円 0円
BIC
WiMAX
5,110円 0円
Yamada
Air
Mobile
5,568円 0円
DISM
WiMAX
5,568円 0円
Tiki
モバイル
5,100円 0円
Vision
WiMAX
5,188円 0円



上記の実質月額料金の徹底比較ランキングからカシモWiMAXが特に安い価格でお得に契約可能です。

また、BIGLOBE WiMAXやGMOとくとくBBはカシモWiMAXよりも少し高額ですが、違約金・端末残債の負担金が受け取れたり、口座振替が可能だったりします

実質月額料金が最もお得なのはカシモWiMAXですが、3社で大きな差はないため、自分のニーズに合ったWiMAXプロバイダを選びましょう。

ここからは、実質月額料金からわかったおすすめのWiMAXプロバイダ3選を紹介します。

比較からわかったおすすめの人気プロバイダランキング3選

比較からわかったおすすめの人気のWiMAXプロバイダ3選

料金の比較ランキングを踏まえて、カシモWiMAXとGMOとくとくBB、BIGLOBE WiMAX各社の詳細を解説します。

おすすめのWiMAXプロバイダ


⚫︎確実に高額キャッシュバックを受け取ってとにかく安くWiMAXを利用したい方:カシモWiMAX
⚫︎口座振替で支払いたい/キャッシュバックを最速で受け取りたい:BIGLOBE WiMAX
⚫︎光回線とWiMAXで迷っている/乗り換え時に違約金・端末残債が発生する方:GMOとくとくBB

おすすめランキング1位:【3,896円】カシモWiMAX | 確実に受け取れる高額キャッシュバック!WiMAXプロバイダ最安級

カシモWiMAX

実質月額料金 3,896円


おすすめポイント
  • 当サイト限定!23,000円のキャッシュバックが受け取れる
  • 申請から2週間後にキャッシュバックを受け取れる
  • キャッシュバックは申請期間なし
  • 端末を実質無料で利用可能

こんな方におすすめ!

  • 業界最安値でWiMAXを契約したい方
  • 確実に高額キャッシュバックを受け取りたい方
  • 端末を無料で利用して毎月の支払いを安くしたい方

カシモWiMAXの詳細
月額
料金
初月:
1,408円
1ヶ月目以降:
4,818円
初期費用 3,300円
取り扱い端末 Speed Wi-Fi
5G X12/
最速下り3.9Gbps
Speed Wi-Fi
Home 5G L13/
最速下り4.2Gbps
実質月額料金(2年) 3,896円
2年総額 97,412円
※契約月を1か月目とします。 契約月~更新月までの24ヶ月分の総額です。
キャンペーン 当サイト限定
23,000円
キャッシュバック


カシモWiMAXの最大の特徴は実質月額料金がWiMAXプロバイダ界最安値であること。月額料金自体は他のプロバイダと大きく変わりませんが、キャッシュバックキャンペーンが高額で実質月額料金が割引されるのです。

もう一度料金比較を見てみましょう。

※この表は横にスクロールできます。
WiMAXプロバイダの料金比較
カシモWiMAX BIGLOBE
WiMAX
GMOとくとくBB UQ
WiMAX
キャン
ペーン
Amazon
ギフト券
23,000円分
キャッシュ
バック
20,300円
現金キャッシュバック
17,000円+
手数料割引
3,300円
現金
23,000円
キャッシュ
バック
2年間の
実質月額料金
3,896円 4,054円 4,224円 ※1 5,536円 ※2
2年間
総額
97,412円 101,344円 105,588円 210,368円 ※2
※1 端末の分割払い回数が36回のため、2年で解約した場合は、解約時に端末残債が発生。総額・実質月額料金ともに、端末残債(8,470円)を含めた料金です。
※2 UQ WiMAXのみ3年間の総額です。

このように他のWiMAXプロバイダと比較して、カシモWiMAXの実質月額料金が最安値であることがわかります。

そして、カシモWiMAXのキャッシュバックは、端末到着後いつでも申請可能で、申請から2週間後にキャッシュバックが振り込まれます。そのため、キャッシュバックの受け取り忘れを防ぐことができるのです。

また、端末を分割払いにした場合、毎月の割賦金が0円に割引されます。通常は3年間で実質無料になるところ、当サイト限定キャンペーンから契約した場合は2年間で実質無料に!

「とにかくお得にWiMAXを利用したい」「確実に高額キャッシュバックを受け取りたい」とお考えの方は、以下のボタンからカシモWiMAXの限定キャンペーンページをご覧ください。

\WiMAXプロバイダ最安値!/
カシモWiMAX
お申し込みはこちら


WiMAXプロバイダの中でも高額なカシモWiMAXのキャッシュバックキャンペーンについてはこちらの解説をご覧ください。

おすすめランキング2位:【4,054円】BIGLOBE WiMAX | すぐにキャッシュバックが受け取れる!

BIGLOBE WiMAX

実質月額料金 4,054円


おすすめポイント
  • 当サイト限定クーポンで17,000円のキャッシュバックを最短翌月に受け取れる
  • 口座振替支払いができるWiMAXプロバイダの中で最安で契約可能
  • 事務手数料3,300円相当が無料!

こんな方におすすめ!

  • すぐにキャッシュバックを受け取りたい
  • 口座振替でWiMAXを契約したい

BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ)の詳細
月額料金 初月:無料
1~24ヶ月目:3,773円
25ヶ月目以降:4,686円
初期費用 3,300円
キャンペーン適用で無料
取扱中のホーム
ルーター
Speed Wi-Fi
5G X12/
最速下り3.9Gbps
Speed Wi-Fi
Home 5G L13/
最速下り4.2Gbps
実質月額料金
(2年) ※1
4,054円
2年総額 ※2 101,344円
キャンペーン 19,600円
キャッシュバック
(当サイト限定)

現金キャッシュバック17,000円+手数料割引3,300円
※1 初月と端末代金の分割回数24回を合わせて25ヶ月で算出
※2 初月を含めた25ヶ月間の総額

BIGLOBE WiMAX(ビッグローブ)では当サイト限定で総額19,600円(申込手数料3,300円無料+17,000円キャッシュバック)のキャッシュバックキャンペーンを実施中。そして、最短翌月に受け取ることが可能で、受け取り忘れのリスクを下げられます。

また、BIGLOBE WiMAXは口座振替での支払いが可能。WiMAXプロバイダの中で口座振替に対応しているのはBIGLOBE WiMAXとBroadWiMAX、UQ WiMAXの3社のみ。そのうえ、口座振替対応WiMAXプロバイダの中で実質月額料金が最も安いです。

WiMAX
プロバイダ
実質
月額
料金
契約
期間
支払
総額
(3年)
キャンペーン
BIGLOBE
WiMAX
4,342円 108,547円 20,300円
現金キャッシュバック
17,000円+手数料割引
3,300円
Broad
WiMAX
5,176円 2年 191,528円 Amazon
ギフト券
10,000円分
UQ
WiMAX
5,801円 208,822円
※BIGLOBE WiMAXのみ2年間の総額の金額となっています。

WiMAXの大元であるUQ WiMAXは口座振替支払い可能ですがキャッシュバックキャンペーンは実施していません。他のプロバイダよりも実質月額料金が高くなるためUQ WiMAXはおすすめしません。

また、BroadWiMAXは口座振替を選択してもAmazonギフト券10,000円分のキャッシュバックを受け取れますが、BIGLOBE WiMAXよりも実質月額料金が高い結果となりました。

このような結果から、クレジットカードを持っていない方や口座振替で支払いたい方はUQ WiMAXやBroadWiMAXよりもBIGLOBE WiMAXで契約するのがおすすめです。

このように、BIGLOBE WiMAXは高額キャッシュバックキャンペーンを最短契約後の翌月に受け取ることができ、実質月額料金が安いWiMAXプロバイダです。さらに、口座振替可能なWiMAXプロバイダの中では最安級の実質月額料金。

キャッシュバックをすぐに受け取りたい方や口座振替で支払いたい方は、以下のボタンからBIGLOBE WiMAXを申し込みましょう。

当サイト限定!20,300円キャッシュバック!
BIGLOBE WiMAXの
お申し込みはこちら

申し込みから最短翌月で受け取れるBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンについてはこちらの解説をご覧ください。

おすすめランキング3位:【4,224円】GMOとくとくBB | 4,224円の現金キャッシュバック!最大4万円の乗換負担金が受け取れる

GMOとくとくBB

実質月額料金 4,224円


おすすめポイント
  • 23,000円のキャッシュバックが受け取れる
  • 最大4万円の乗換負担金を受け取れる
  • 光回線などのGMOとくとくBB系列の他サービスへの乗り換えが無料
  • 契約後の一定期間はオプションサービスが無料で加入できる
  • au・UQモバイルのスマホ料金が安くなる
  • 解約違約金が無料

こんな方におすすめ!

  • WiMAXを契約すべきか光回線を契約すべきか悩んでいる方
  • 他社からWiMAXへ乗り換える際に違約金/端末残債が発生する方

GMOとくとくBBの詳細
月額
料金
端末発送月:
1,375円
1ヶ月目以降:
4,807円
初期費用 3,300円
取り扱い端末 Speed Wi-Fi
5G X12/
最速下り3.9Gbps
Speed Wi-Fi
Home 5G L13/
最速下り4.2Gbps
実質月額料金(2年) 4,224円 ※1
2年総額 105,588円
※契約月を1か月目とします。 契約月~更新月までの24ヶ月分の総額です。
キャンペーン 現金23,000円
※1 端末の分割払い回数が36回のため、2年で解約した場合は、解約時に端末残債が発生。総額・実質月額料金ともに、端末残債(8,470円)を含めた料金です。

GMOとくとくBBでは、契約から約1年後に現金23,000円を受け取れるキャッシュバックキャンペーンを実施中。

約1年後でキャッシュバックを受け取り忘れるリスクもありますが、しっかり申請すれば高額キャッシュバックを受け取れます。

また、現在利用中の他社インターネットサービスからGMOとくとくBB WiMAXに乗り換える際、違約金や端末残債が発生する場合は最大4万円の乗り換え負担金を受け取ることも可能です。

さらに、GMOとくとくBB WiMAXに契約すれば、GMOとくとくBB系列の光回線や他サービスに無料で乗り換え可能

現在利用中のサービスで違約金や端末残債が発生する方、光回線とWiMAXで迷っている方におすすめです。

\現金23,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBの
お申し込みはこちら


GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンについてはこちらの解説をご覧ください。

実際に契約してみた!最新機種の端末レビュー

WiMAX最新機種の端末レビュー

ここまでの内容から「WiMAX(ワイマックス)も検討したいけど、端末の使い勝手は悪くないのかな?」と気になる方もいるのではないでしょうか。

当サイトではWiMAXの「Speed Wi-Fi 5G X12」と「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」を実際に契約し、利用開始までの流れや通信速度の実測値を調査しました。リアルな情報が気になる方は参考にしてください。

「Speed Wi-Fi 5G X12」と「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」の特徴をもう一度確認したい方は、以下のボタンからご覧ください。

Speed Wi-Fi 5G X12の端末レビュー

最初にWiMAXのモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi 5G X12」の利用開始までの流れを解説します。

同封物

Speed Wi-Fi 5G X12を契約すると、以下のものが届きます。

Speed Wi-Fi 5G X12の同封物

Speed Wi-Fi 5G X12の同封物


  • Speed Wi-Fi 5G X12端末
  • つなぎかたガイド
  • ご利用にあたっての注意事項(保証書)


充電用のACアダプタやUSBケーブル、クレードルなどは別売りです。ACアダプタ・USBケーブルは市販のものも使用可能なため、必要に応じて準備しましょう。

外観

Speed Wi-Fi 5G X12はiPhone13Proと同じくらいの大きさ。ポケットに入れて持ち運ぶことも可能です。

Speed Wi-Fi 5G X12の大きさ

端末右に3つのボタンがあり、中央の電源ボタンを押すと起動します。

Speed Wi-Fi 5G X12の起動後

使い方・設定方法

Speed Wi-Fi 5G X12起動後、設定画面から「Wi-Fi情報」を選択します。

Speed Wi-Fi 5G X12の設定画面

すると以下の写真のようにSSIDやパスワード使用チャネルが記載されている画面に移り変わります。

Speed Wi-Fi 5G X12の「Wi-Fi情報」画面

スマホやPCなどのデバイス上でSSIDを選択し、パスワードを入力すれば設定完了です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13の端末レビュー

次にSpeed Wi-Fi HOME 5G L13を紹介します。

同封物

Speed Wi-Fi HOME 5G L13の同封物はこちら。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13の同封物

Speed Wi-Fi HOME 5G L13の同封物


  • Speed Wi-Fi HOME 5G L13端末
  • ACアダプタ
  • つなぎかたガイド
  • ご利用にあたっての注意事項(保証書)
  • Ethernet ケーブル(試供品)


外観

Speed Wi-Fi HOME 5G L13を正面・裏側・上から見た外観はこちら。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13の外観

端末の正面には端末の状態を示すライトとWPSボタンが設置されています。

端末裏側にはMODEボタン・UPDATEボタン・LANポート・充電ポートが搭載されています。

使い方・設定方法

最初に、充電ポートにACアダプタを差し込んで、電源を入れます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13の充電ポートとACアダプタ

端末のセットアップが完了したら、以下の写真のように3つのライトが緑色に点灯します。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13のセットアップ完了後

スマホやPCなどのデバイス上でSSIDを選択し、パスワードを入力すれば設定完了。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13のSSIDとパスワード

有線接続する場合は、有線LANを差し込み、デバイスと接続するだけです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13の有線接続

WiMAX新端末の通信速度の実測値

「WiMAXの端末は本当に通信速度が速いの?」と疑問を持つ方もいると思います。そこで、Speed Wi-Fi 5G X12やSpeed Wi-Fi HOME 5G L13の実際の通信速度を計測してみました。

Speed Wi-Fi 5G X12
最大通信速度計測結果
回線 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
下り最大
速度
(Mbps)
81.6 92.7 88.2 64.7 102 85.84
上り最大
速度
(Mbps)
12.9 15.4 17.2 8.87 18.1 14.5
Speed Wi-Fi 5G X12の実測値

Speed Wi-Fi HOME 5G L13
最大通信速度計測結果
回線 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
下り最大
速度
(Mbps)
143 141 133 157 148 144.4
上り最大
速度
(Mbps)
8.03 8.05 7.23 6.88 8.34 7.7
Speed Wi-Fi HOME 5G L13の実測値

上記から、どちらも最大通信速度より実測値が遅くなることがわかります。しかし、日常生活において上記の通信速度が出れば十分快適にインターネット接続が可能。参考として、どのくらいの速度で何ができるかは以下をご覧ください。

最低限必要な
通信速度
快適に使える
通信速度
メール・LINE 0.1Mbps 1Mbps
Webサイト 0.2Mbps 2Mbps
YouTube
(低画質)
1Mbps 3Mbps
YouTube
(高画質)
3Mbps 10Mbps
ビデオ会議 3Mbps 10Mbps

高画質でのYouTube視聴やビデオ会議など、比較的速い通信速度が求められる場面でも、10Mbps以上出れば問題なく可能。WiMAXのX12は平均80Mbps、L13端末では平均140bps以上出るためあらゆる場面で問題なく利用可能です。

このようにWiMAXのモバイルWi-Fiルーター・ホームルーターのどちらとも、5Gの高速通信で快適にインターネット接続できることがわかります。

まとめ 〜おすすめWiMAXの比較ランキング!〜

この記事のまとめ

最適なWiMAX(ワイマックス)を選択するための比較基準や、その上でのおすすめのWiMAXプロバイダを解説してきました。

最後に本記事の特に重要な部分をおさらいしていきましょう。

おすすめWiMAXプロバイダを比較する上で重要となるポイント


①モバイルWi-Fiルーター・ホームルーターの端末を比較してスペックや通信速度が速いものを選ぶ
②実質月額料金を比較して価格が安いプロバイダ・プランを選ぶ
③キャッシュバックキャンペーンを比較して受け取りやすいプロバイダを選ぶ

おすすめのWiMAXプロバイダ


⚫︎確実に高額キャッシュバックを受け取ってとにかく安くWiMAXを利用したい方:カシモWiMAX
⚫︎口座振替で支払いたい/キャッシュバックを最速で受け取りたい:BIGLOBE WiMAX
⚫︎光回線とWiMAXで迷っている/乗り換え時に違約金・端末残債が発生する方:GMOとくとくBB

以上が比較からわかった当サイトおすすめのWiMAXプロバイダと比較する際のポイントです。当サイトが最もおすすめするWiMAXプロバイダはカシモWiMAX。Amazonギフト券23,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、業界最安値でWiMAXを利用できます。

カシモWiMAXのキャッシュバックの受け取り方を解説します。契約を検討している人は申し込みからキャッシュバックの受取までの流れを確認しておきましょう。

カシモWiMAXの当サイト限定キャッシュバックの受取方法

カシモWiMAXのキャッシュバックの受取方法

カシモWiMAXの当サイト限定キャッシュバックの受取方法


①キャンペーンサイトにアクセス
当サイト限定のキャッシュバックキャンペーンは公式サイトからはアクセスできません。以下のボタンからキャンペーンサイトに飛び、そのページで契約する必要があります。

②申し込みURLの確認
登録したメールアドレスにキャッシュバックキャンペーンの申し込みURLが届きます。メールが届いているか確実に確認するようにしましょう。

③キャッシュバックの申請
契約する際に登録したメールアドレス宛にキャッシュバックキャンペーンの申請URLが送られてきます。端末が到着したら案内に従ってキャッシュバックキャンペーンの申請を行いましょう。なお、申請はいつでも可能ですが、受け取り忘れを防ぐためにも端末到着後早めに実施するのがおすすめです。

④キャッシュバックの受け取り
キャッシュバックキャンペーンの申し込み手続きが完了したら2週間後に登録したメールにAmazonギフト券が送付されます


当サイト限定!
23,000円キャッシュバック!▼
カシモWiMAXの申し込みはこちら

当記事は、以上となります。お読みいただくことで、あなたにとって最適なWiMAXプロバイダを選択するためのお力添えをできたのなら幸いです。

おすすめのWiMAXプロバイダを
もう一度見る


おすすめランキングに関してよくある質問

WiMAXについてよくある質問

最後におすすめWiMAXプロバイダの比較ランキングに関してよくある質問を紹介し、お答えします。

別のインターネットサービス(光回線)とWiMAXの比較を見たい

WiMAXと、光回線をはじめとした固定回線との違いは以下のとおりです。

WiFiの
種類
WiMAX 固定回線
(光回線)
モバイルWiFi ホームルーター
利用料金 3,000円〜
4,000円
4,000〜6,000円
最大
通信速度
3.9
Gbps
4.2
Gbps
1〜10Gbps
持ち運びの
可否
可能 不可 不可
通信の
安定性
回線
工事
不要 必要
契約から
利用開始
まで
最短翌日 2週間〜2ヶ月
※回線工事のため

上記の表から、WiMAXと光回線では利用料金や通信速度、持ち運びの可否、回線工事の必要性などあらゆる項目が異なることがわかります。

WiMAXは持ち運びが可能、回線工事が不要、契約から最短翌日に利用開始可能、利用料金が安いなどの特徴があります。

一方で、光回線は回線工事が必要だったり、利用料金が高かったりするものの、通信の安定性が優れており、WiMAXよりも高速通信を実現できるのです。

WiMAXと比較して、固定回線(光回線)は通信が安定しているため、オンラインゲームをはじめとした大容量のデータ消費を行うものに向いています。

上記の特徴を踏まえて、自分に合ったインターネットサービスを選びましょう。

他のモバイルルーター・ホームルーターとの違いは?

モバイルWiFi・ホームルーターを提供しているのはWiMAXプロバイダだけではありません。ドコモやau、ソフトバンク、楽天モバイルといったキャリア、その他クラウドSIM会社などが提供しています。

WiMAXのモバイルWiFiやホームルーターとの大きな違いは、利用する回線です。

WiMAXと他のモバイルWiFiの違い


⚫︎WiMAX:WiMAX回線
⚫︎大手キャリア:au / ドコモ / ソフトバンク回線
⚫︎クラウドSIM:3キャリアの回線

利用する回線が違うことにより、通信エリアに関する特徴も異なります。WiMAXは屋内や山間部が接続しづらい一方で、他のモバイルWiFi・ホームルーターは屋内や山間部でも問題なく通信可能なケースがあります。

しかし、おすすめなのはWiMAXを契約すること。なぜなら、他のモバイルWiFi・ホームルーターと比較してデータ無制限なうえ、実質月額料金が安いからです。

ドコモやau、ソフトバンクは端末スペックが高いものの、月額料金や端末価格が高額。WiMAXのモバイルWiFi・ホームルーターも端末スペックが十分に高いため、問題なく利用できます。

また、クラウドSIMはWiMAXよりも安いプランはありますが、データ容量の制限があったり、最高通信速度が150Mbps(0.15Gbps)と遅かったりするため、やはりWiMAXがおすすめです。

申し込み前にWiMAXプロバイダの会社間で比較するべきものは?

結論、キャンペーンや端末代金を考慮した料金(実質月額料金)で比較しましょう。

WiMAXプロバイダを比較する際にありがちなのが、月額料金の安さやキャッシュバックキャンペーンの高額さばかりを見てしまうこと。このような比較方法の場合、契約後に「思ったよりも実際に支払う金額が高額だ」や「他のWiMAXプロバイダの方が安い」など、後悔する可能性があります。

そのため、申し込み前にWiMAXプロバイダの会社間では実質月額料金を比較しましょう。

なお、WiMAXのプロバイダ各社では、対応エリアや速度が全く同じです。提供元となるUQ WiMAXだから速い、カシモWiMAXだから遅いということは一切ありません。

WiMAXプロバイダ間でどこを契約するか迷っている場合は、実質月額料金のみを計算すれば問題ありません。

料金プラン・キャンペーンの比較からわかったWiMAXプロバイダのおすすめは?

もう一度おすすめのWiMAXプロバイダ比較ランキングを見てみましょう。

おすすめのWiMAXプロバイダ比較ランキング


⚫︎1位:カシモWiMAX:3,896円
⚫︎2位:BIGLOBE WiMAX:4,054円
⚫︎3位:GMOとくとくBB:4,224円

前述のランキングのとおり料金比較を行なった結果、当サイトイチオシのおすすめWiMAXプロバイダは、カシモWiMAXです。

また、カシモWiMAXは当サイト限定で以下のキャンペーンを行なっています。

カシモWiMAXが実施するキャンペーン


⚫︎当サイト限定!Amazonギフト券23,000円キャッシュバック
⚫︎端末実質無料

カシモWiMAXは業界で最安値の実質月額料金で契約可能。

一方で、カシモWiMAXは口座振替支払いができないため、月々の料金を口座振替で支払いたい方は、BIGLOBEWiMAXがおすすめです。

よく利用するエリアでWiMAXが使えるかチェックしたい。

以下のUQ WiMAXが公表しているサービスエリアマップで、WiMAXの対応エリアを調べることができます。

引用:UQWiMAXエリア確認ページ

WiMAX回線は他の回線に比べて障害物に弱く、屋内や山間部エリアの一部では通信ができない場合があります。そのため、WiMAXを契約する前に自宅やよく利用するエリアが対応エリア内かどうかを確認しておきましょう。

また、利用前にWiMAXの使い心地を確認したい!とお思いの方に、UQ WiMAXが実施するTry WiMAXの利用がおすすめです。実際のWiMAXの端末を無料で15日間お試し可能。利用料金や端末発送料金が無料なため、気軽に試してみることができます。

「エリア判定が◯だったけど、確認しておきたい…。」「△だったから、自分で確認したい!」「レビューを見ても実際の使い心地が心配」と不安がある方は、Try WiMAXを利用してみてはいかがでしょうか。

回線のエリア外でも利用できる、おすすめのポケット型WiFiは?

WiMAX以外にもMugen WiFiやTHE WiFiなどのモバイルWi-Fi(通称 ポケットWiFi)があります。その中でおすすめのモバイルWiFiは、ゼウスWiFiです。

ゼウスWiFiの特徴は以下の通りです。

ゼウスWiFiの特徴


⚫︎3大キャリアの回線が使える
⚫︎クラウドSIM(au、ドコモ、ソフトバンク)の中で最安級
⚫︎海外109カ国でも安く利用できる
⚫︎容量オーバーしてもデータ容量を追加できる

2024年6月現在、WiMAX以外のモバイルWiFiでもっともおすすめできるモバイルWiFiの1つです。詳細を知りたい方は、ぜひ以下より詳細をチェックしてみてくださいね。

ゼウスWiFiの詳細をチェックする

解約時には違約金が発生する?

契約期間に縛りがあるWiMAXプロバイダを選択して、契約期間内に解約した場合は発生します

とはいえ、近年は高額の解約違約金を請求されることはありません。2022年7月に電気通信事業法が改定され、2022年7月1日以降に締結された場合は、解約違約金の上限が月額料金の1ヶ月分となりました。そのため、最大でも4,000円前後のみの解約違約金となります。(参照:総務省「消費者保護ルール」

また、当サイトおすすめのカシモWiMAXやGMOとくとくBB、BIGLOBE WiMAXは違約金は発生しません!

プロバイダを法人契約と個人契約することの違いは?

WiMAXの法人契約と個人契約は利用料金やキャンペーンなどが異なります

WiMAXの法人契約と個人契約は、そもそも利用者の前提が異なります。個人は一人が1台を契約することを前提としている一方で、法人は複数台を同時契約することを前提としているのです。

当サイトおすすめのBIGLOBE WiMAXとGMOとくとくBBの法人と個人契約した場合の実質月額料金は以下のように異なります。

個人契約
(一台あたり)
法人契約
(一台あたり)
BIGLOBE
WiMAX
4,054円 5,938円
GMO
とくとく
BB
4,224円 4,224円
※ 端末の分割払い回数が36回のため、2年で解約した場合は、解約時に端末残債が発生。総額・実質月額料金ともに、端末残債(8,470円)を含めた料金です。

GMOとくとくBBは個人契約した場合と同じ料金ですが、BIGLOBE WiMAXは法人契約の方が安くなります。

法人契約する場合はBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

また、WiMAXで法人契約をする場合は、個人契約と違い、複数台契約が前提となるため、以下のような流れでの契約となります。

法人契約の流れ


1.見積り依頼
2.申し込み、契約
3.支払い

WiMAXプロバイダによっては、口座振替でのお支払いが可能となったり、キャンペーンが適用されないことがあるんため、契約前に公式窓口よりお問い合わせするとよいでしょう。

プロバイダによって速度は変わる?

WiMAXプロバイダによって通信速度が変わることはありません

前述のとおり、WiMAXプロバイダを比較した際に異なるのは月額料金やキャンペーンだけ。通信速度や対応エリア、データ容量などはどのプロバイダを契約しても同じです。

そのため、WiMAXプロバイダを比較する際は最終的に支払うことになる実質月額料金を比較するのがおすすめです。

テザリングとポケット型Wi-Fiの速度の比較が知りたい

テザリングをした場合、契約している回線と同等の通信速度が出ます。ドコモ、au、ソフトバンクとWiMAXを比較すると以下のとおり。

WiMAX(X12の場合) 85.84Mbps
ドコモ 118.7Mbps
au 78.99Mbps
ソフトバンク 92.94Mbps
参考:みんなのネット回線速度

このように、WiMAXでも各キャリアのテザリングと同等またはそれ以上の速さでインターネット接続が可能です。

とはいえ、テザリングをした場合はスマホのデータ容量を消費することになります。一方でWiMAXはデータ容量実質無制限であるためデータ容量を気にせずに利用可能。

外出先で大容量のデータを利用する予定の方はWiMAX、数分だけWiFiが必要という方はテザリングを選ぶのが良いでしょう。

また、通話中はテザリングができないことは把握しておきましょう。

データ無制限で利用できる?速度制限は?

WiMAXは5Gの高速通信をデータ無制限で利用可能です。

以前までは3日間で15GBまでの通信制限が設けられていましたが、2022年2月1日に撤廃。現在はデータ容量の制限が設けられておらず、低速モードに切り替わる心配も不要です。

なお、基本的には速度制限はありませんが、一定期間内に大量のデータ通信があった場合や、混雑する時間帯は速度制限される可能性があることは把握しておきましょう。

口座振替ができるおすすめのプロバイダは?

口座振替できるWiMAXプロバイダは以下の3つ。

口座振替できるWiMAXプロバイダ


⚫︎BIGLOBE WiMAX
⚫︎BroadWiMAX
⚫︎UQ WiMAX

もう一度口座振替可能なWiMAXプロバイダの料金比較を見てみましょう。

WiMAX
プロバイダ
実質
月額
料金
契約
期間
支払
総額
(3年)
キャンペーン
BIGLOBE
WiMAX
4,342円 108,547円 20,300円
現金キャッシュバック
17,000円+手数料割引
3,300円
Broad
WiMAX
5,176円 2年 191,528円 Amazon
ギフト券
10,000円分
UQ
WiMAX
5,801円 208,822円
※BIGLOBE WiMAXのみ2年間の総額の金額となっています。

上記の3つを比較すると、最もお得に利用できるのはBIGLOBE WiMAX

これらのWiMAXプロバイダは通信速度や対応エリア、データ容量などは一緒で、異なるのは料金面のみとなるため、口座振替支払いで契約したい方はBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAXを
もう一度見る


UQ WiMAXとカシモやBIGLOBE、GMOとくとくBBなどの他プロバイダの違いは?

UQ WiMAXと他WiMAXプロバイダの違いは料金です。今回紹介した3つのWiMAXプロバイダとUQ WiMAXの実質月額料金を比較すると以下のようになります。

UQ WiMAX 5,536円
カシモWiMAX 3,896円
BIGLOBE WiMAX 4,054円
GMOとくとくBB 4,224円
※ 端末の分割払い回数が36回のため、2年で解約した場合は、解約時に端末残債が発生。総額・実質月額料金ともに、端末残債(8,470円)を含めた料金です。


UQ WiMAXは提供元であることもありサポート体制は充実していますが、UQ WiMAXはキャッシュバックなどのキャンペーンは実施しておらず上記のように料金が高くなります。

とにかくWiMAXを安く利用したい方にはUQ WiMAXはおすすめしないです。

一方で、UQ WiMAXはすべての WiMAXプロバイダにWiMAX回線を提供している大元。いわばWiMAXの公式とも言えます。信頼性の高いWiMAXプロバイダを契約したい人にはUQ WiMAXがおすすめです。

まとめに戻る