楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT(アンリミット)」とは?

楽天モバイルが発表した新サービス「Rakuten UN-LIMIT (ラクテン アンリミット )」

先着300万人の方は1年間基本料金が無料になる!という大胆なキャンペーン後も、3ヶ月プラン料金が無料というキャンペーンを行い、話題を呼びました。

このページでは、楽天モバイルがどう変わるのか、Rakuten UN-LIMIT Ⅵのサービス内容とメリット・デメリットを徹底解説します。

これを読めば、あなたがRakuten UN-LIMIT Ⅶを契約すべきか、また、お得なキャンペーンを逃すことなく契約する方法がわかりますよ。

Rakuten UN-LIMIT がどんなサービスなのか知りたい方、楽天モバイルへのお申込みを検討されている方はぜひ最後までお読みください!

※掲載価格はすべて税込です。
株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


Rakuten UN-LIMITの実態に迫る!

早速、楽天モバイルの新サービス「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」を紐解いていきましょう。

ご存知の方も多いように、楽天モバイルはこれまでも格安スマホ会社として通信サービスを運営していました。

今回発表された「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は楽天モバイルの「新しい料金プラン」というだけだろう、と思ってしまいますが、実はもう少し大きな変化があります。

一体どういうことなのか、詳しく解説していきますね。

楽天モバイルが3大キャリアと並ぶ存在に

携帯関連事業で「3大キャリア」と呼ばれてきた「au・ドコモ・ソフトバンク」。 この3社の共通点は回線設備を自社提供していることです。

UQmobileやLINEモバイル等の「格安スマホ」と呼ばれるサービスは、3大キャリアから回線を借り、それを提供することで安いサービスを実現しています。

今までは、楽天モバイルもauとドコモから借りた回線を提供していました。 しかし、2020年4月から楽天モバイルが自社回線を保有し、それを提供することになったのです。

つまり、今後は「3大キャリア」に楽天モバイルが加わり、「4大キャリア」になります。

これを機に楽天モバイルが提供しているプランが「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」です。

ただし、楽天回線が繋がるエリアはまだ限られているため、楽天回線エリア外ではパートナー回線であるau回線を利用することになります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅶとは

「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」とは、楽天モバイルの自社回線提供に伴い、楽天が新しく設けた料金プランです。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は2021年4月8日からサービスが開始されています。

先行申込対象者は以下のとおりです。

  • 新規電話番号でお申し込みの方
  • 他社から乗り換え(MNP)の方
  • 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)から変更の方

今後、楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」プランのみを提供する予定です。

これまでの楽天モバイルのサービスはどうなる?

楽天モバイルが提供していた従来のプランは全て、2020年4月7日20:59を持って新規申し込み受付を終了しています。

しかし、サービス自体の終了時期は未定で、既に楽天モバイルを利用されている方は今後も同じプランで利用することができます。

また、ご希望であればRakuten UN-LIMIT Ⅶプランに乗り換えることもできますよ。

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の概要を掴むことができたでしょうか。

それでは次に、「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」のメリットとデメリットをまとめながら、プラン内容を詳しく見ていきましょう。

楽天モバイル新サービスのメリット・デメリット

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」には、一体どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 まずはメリットからお教えします。

Rakuten UN-LIMIT のメリット

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」のメリットは以下のとおりです。

  • キャリア最安!ワンプランで月額最大3,278円
  • 楽天回線はデータ通信使い放題!
  • 国内への電話かけ放題、SMSも無料!
  • SIMロック・最低利用期間・契約解除料なし!

キャリア最安!ワンプランで月額最大3,278円
楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」の最大の魅力は、ワンプランで利用量に応じて変わる料金と、破格級の安さ!



データ通信も通話も込みで最大で毎月3,278円です。 これがどれくらい安いのか、他の3大キャリアとの料金を比較してみました。

今回は、楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」と同じ条件になるプランで料金を算出しています。

比較条件
  • データ通信量が最も大きいプラン
  • 国内通話かけ放題
  • 2年契約の縛りなし
  • 家族割等の割引なし

【4大キャリアのプラン料金比較表】
楽天
モバイル
au ドコモ ソフト
バンク
プラン名 Rakuten
UN-LIMIT
データ
MAX
プランPro
ギガホ メリハリプラン
プラン
料金
3,278円 7,315円 7,128円 7,755円
国内通話
かけ放題
料金
0円 1,870円 1,980円 1,870円
月額料金 3,278円 9,185円 9,108円 9,625円

こうして比べてみると、その差は歴然。 楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」と3大キャリアのプランは5,000円以上も差があります。

自社回線を提供する携帯会社の中で楽天モバイルは最安値です。

楽天回線はデータ通信使い放題!海外でも2GBまで
Rakuten UN-LIMIT Ⅶというプランの名前の通り、楽天回線を使えばデータ通信量が無制限で使い放題です。 毎月のデータ通信量を気にせずにスマホを使えるのはとても嬉しいですよね。

ただし、Rakuten UN-LIMIT Ⅶでは、楽天回線がつながるエリア以外でデータ通信を利用する場合、au回線を利用することになります。

そして、au回線を利用する場合は毎月5GBまでという制限があるので注意しましょう。

また、Rakuten UN-LIMIT Ⅶは海外でも2GBまで無料で利用することができます。 1週間程度の旅行の際に、普段使っているスマホをそのまま使えるのはとても役に立ちますね。

国内への電話かけ放題、SMSも無料
楽天モバイルは、「Rakuten Link」アプリを利用した国内への通話やSMSが無料です。 Rakuten Link同士であれば、世界中どこでも無料で通話ができます。

また、他の携帯電話会社を含むケータイや固定電話への通話・SMSをする場合も、国内から国内へ、または海外から国内へは無料でご利用可能です。

そして、Rakuten UN-LIMIT Ⅶでは、他のキャリアのように通話のオプション料金はかかりません

Rakuten Link 以外との通話の詳しい料金形態は以下のとおりです。

【発信】
日本→日本
海外→日本
無料
日本→海外
海外→海外
国・地域別従量課金

【着信】
日本・海外 無料

【SMS】
日本→日本
海外→日本
無料
日本→海外
海外→海外
海外指定66の国と地域無料
その他の国・地域110円/70文字



SIMロック・最低利用期間・契約解除料なし
楽天モバイルの新サービス「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は、SIMロック※も、最低利用期間も、契約解除料も全てありません!
※SIMロックとは、契約したキャリアのSIMカードしか使えなくなる鍵のようなもののことです。

基本的に、他の3大キャリアとの契約は2年間の縛りがあり、契約更新月以外で契約解除や他社への乗り換えをすると、違約金が発生してしまいます。

しかし、楽天モバイルはSIMロック・最低利用期間・契約解除料全てがないため、契約更新のタイミングや違約金を気にすることなく、SIMロック解除の手間もかからずに、いつでも解約や他社への乗り換えができるのです。

以上、楽天モバイルの新サービスRakuten UN-LIMIT Ⅶのメリットをご紹介しました。 値段が安く、データ通信使い放題で、解約金もかからないなんて、夢のような通信サービスですよね。

ただし、非常に魅力的な楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」にもいくつかデメリットがあります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅶのデメリット

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」のデメリットを詳しく見ていきましょう。

郊外エリアは利用できない可能性も
楽天モバイルの提供する楽天回線は47都道府県で利用可能です。

しかしながら、注意していただきたいのは、都道府県全域ではなく、その中でも都市部のみだということです。

自分の使いたい地域が楽天モバイルのサービスエリア内であるかは、Rakuten UN-LIMIT Ⅶを契約する前に必ず確認しましょう。

詳しいエリアは楽天モバイルの公式ホームページで確認することができます。

楽天回線エリア外は月5GBまで
先ほども少し触れましたが、楽天モバイルを楽天回線エリア以外で利用する場合、au回線を利用することになります。

Rakuten UN-LIMIT Ⅶは楽天回線であればデータ通信量使い放題なのに対して、au回線を利用する場合は、月5GBまでしか使うことができません。

少しの間、帰省や出張で地方にいかれる方はあまり問題ありませんが、楽天回線エリア外で日常的に利用すると、すぐに通信制限がかかってしまう可能性が高いです。

使えるAndroid端末も限られている
楽天モバイルが公式に動作確認を行った、Rakuten UN-LIMIT Ⅶプランで利用できるAndroid端末は限られています。

Android端末の場合、楽天モバイルでは動作確認がされていない端末でも使える可能性はありますが、万が一使えなかった場合は自己責任となります。

そのため、Rakuten UN-LIMITを申し込まれる方は楽天モバイルが公式に動作確認済みの端末を使うことをおすすめします。

以上、楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT」のメリット・デメリットについて詳しく説明してきました。

サービスの良い点・悪い点の双方を確認した上でRakuten UN-LIMITにお申し込みくださいね。

続いて、「Rakuten UN-LIMIT」サービス開始に伴い、楽天モバイルで展開されているお得なキャンペーンについてご紹介します。 Rakuten UN-LIMITをお申し込みされたい方必見です!

Rakuten UN-LIMITのお得すぎるキャンペーン

だれでも5,000ポイントプレゼント

Rakuten UN-LIMIT Ⅶ申し込みで、5,000円分のポイントを還元してもらえるキャンペーンです。

申し込むだけで、5,000円分相当がもらえるとてもお得なキャンペーンです! 

キャンペーン適用要件

  • Rakuten UN-LIMIT Ⅶをお申込み後、開通日の翌月末23:59までに「Rakuten Link」のご利用
  • 契約回線数に関わらずおひとり様1回のみ
  • 楽天会員の退会や料金滞納をしていないこと
    ※楽天ポイントはアクティベート確認した月の翌々月下旬ごろまでに付与され、有効期限は付与日を含めた6ヶ月間。


お乗り換えがおトク!最大20,000円相当分をポイント還元キャンペーン

Rakuten UN-LIMIT Ⅶを契約し、特典対象端末を購入された方に、対象端末に応じて楽天ポイントが最大20,000ポイントもらえるキャンペーンです! キャンペーンでもらえるポイント分を差し引けば、約半額で購入できる端末もありますよ!

楽天モバイルの契約と同時に新しい端末のご購入をお考えの方は、ぜひこちらのキャンペーンを利用してお申し込み下さい! 特典対象端末は以下のとおりです。

20,000ポイントもらえる機種 AQUOS sense4 lite
OPPO A73
Rakuten BIG
OPPO Reno3 A

15,000ポイントもらえる機種 AQUOS R5G
Galaxy S10


キャンペーン適用要件

  • 対象製品のいずれかを購入
  • Rakuten UN-LIMIT Ⅶをお申込み後、「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話
  • 契約回線数に関わらずおひとり様1回のみ
  • 楽天会員の退会や料金滞納をしていないこと
    ※楽天ポイントはアクティベート確認した月の翌々月下旬ごろまでに付与され、有効期限は付与日を含めた6ヶ月間。


以上、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」のお得なキャンペーンをご紹介しました。 普段から楽天を利用される方には、ポイント還元はとても嬉しいですよね。

それでは次に、ここまでの内容を踏まえてRakuten UN-LIMIT Ⅶが向いている人・向いていない人の特徴をまとめます。

楽天モバイル新サービスが向いている人・向いていない人

ここまで、楽天モバイルの新サービス「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」のサービス内容やメリット・デメリットを解説してきました。

サービスの特徴を踏まえて、楽天モバイルが向いている方・向いていない方の特徴をまとめましたので、あなたがどの程度当てはまっているかチェックしてみてくださいね。

楽天モバイルが向いている人

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」がおすすめな人の特徴は、以下のとおりです。

楽天モバイルが向いている方の特徴

楽天回線エリアが生活圏の方

データ利用量を気にせずに使いたい方

通信障害等のリスクに対応できる方

通話・SMSをよく利用する方

楽天のサービスをよく利用する方


以上の項目に多く当てはまる方に、楽天モバイルは非常におすすめです!

現在実施中のキャンペーンを逃さず、ぜひお早めに契約に進みましょう。

楽天モバイルが向いていない人

一方、楽天モバイルがあまり向いていない人の特徴は以下のとおりです。

楽天モバイルが向いていない方の特徴

楽天回線エリア外の方

通信の安定性にこだわる方


以上の項目に当てはまる方には、Rakuten-UNLIMIT Ⅵはあまり向いていません。 ただし、楽天回線エリアは今後拡大する予定ですし、通信の安定性も改善が見込まれます。

また、対象端末も増える可能性があるため、今は向いていない方でも今後のサービス次第では状況が変わります。 楽天モバイルのサービス向上に期待しましょう。

まとめ

今回は、楽天モバイルの新サービス「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」について解説しました。 サービス内容やメリット・デメリットについて頂けたでよくご理解頂けたのではないでしょうか。

楽天回線エリアにお住まいの方には、3,278円という破格でデータ通信が使い放題ができるRakuten UN-LIMIT Ⅶは非常に魅力的なサービスだといえます。

今後、楽天モバイルのサービスエリアは拡大していく予定のため、今はエリア外の方も近々利用できるようになるかもしれません。

現在申し込めば、3ヶ月間はぷらん料金が無料であり、最低利用期限もなく解約金もかからないため、お試しで使ってみるのもおすすめですよ。

キャンペーンを逃さないために、できるだけ早く楽天モバイルをお申し込みくださいね。


最後までお読み頂き、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
PAGE TOP