モバイルWi-Fiルーター&ポケットWi-Fi比較サイト

モバイルWiFiおすすめ比較

おすすめモバイルWi-Fiルーター30社比較ランキング!料金や速度を解説

初心者でも必ずわかる!
おすすめの
「最安モバイルWi-Fi」
比較調査の決定版


「モバイルWi-Fi (モバイルワイファイ)」は、Wi-Fi環境のない場所でもパソコン・スマホ・タブレットなどの端末をインターネットに接続できる非常に便利なものです。

実は、2022年 現在、全部で30社以上ものモバイルWi-Fi提供会社があります。

WiMAXやY!mobileなどのCMでもおなじみのサービスや、NTTdocomo・ソフトバンク・auといった大手キャリア、THE WiFiをはじめとするクラウドSIM系Wi-Fiなど、種類も様々です。

30社以上のサービスから本当に安くておすすめなサービスがどれなのかを見極めるのは大変ですよね。

そこで、本ページではモバイルWi-Fi全社を徹底的に比較。 その結果モバイルWi-Fi比較に際にチェックをおすすめする大切なポイントをまとめました。

このページさえ読めば、モバイルWi-Fiルーターの購入・契約を考えているあなたが知りたい情報を網羅できるはずです!

このページを読むとわかること 本ページでは以下の順番でモバイルWi-Fiについて解説します。

  1. 本当におすすめのモバイルWi-Fiを見極めるポイント
  2. -【エリア】自分の住んでいるエリアが対応エリアなのかを確認する
    -【容量】自分に合っているデータ容量(GB数)を調べる
    -【期間】短期なのか長期なのか?どの程度の期間利用する予定なのかを決める
    -【料金】予算を確認の上、実質月額料金を比較して安いものを選択する
    -【支払い方法】クレジットカードのみか、口座振替も可能かをチェック
    -【モバイルルーター】端末機種のスペックや対応速度、回線(5G、4Gなど)をチェック
  3. モバイルWi-Fi全社の「速度・容量・料金」徹底比較
  4. モバイルWi-Fiおすすめランキング
  5. まとめ -本当におすすめなモバイルWi-Fiとは-
どのモバイルWi-Fiがおすすめなのか、結論をいち早く知りたい方は下記のボタンから飛ぶこともできますので、ご活用下さい。 では、早速おすすめのモバイルWi-Fiを見極めるポイントからチェックしていきましょう!
※掲載価格はすべて税込です。

モバイルWi-Fiと
ポケットWiFiの違いとは

モバイルWi-FiとポケットWiFiの違い
モバイルWi-Fiと
ポケットWiFiの違いって?

モバイルWi-Fiは、モバイルデータ通信端末を総称する言葉ですが、「ポケットWiFi」、「ポケット型WiFi」と呼ばれることもあります。(現在一般的な呼び方となっているのは「ポケットWiFi」です)

アルファベット表記の「Pocket WiFi」は、ソフトバンクが商標登録を行っている商材名です。しかし、その固有名詞が、他社のモバイル通信端末も含めた総称として一般的に使われるようになったという背景があり、「ポケットWiFi」という名称が世に浸透しました。

また、「ポケットWiFi」がソフトバンクの商材であるため、最近ではモバイル通信端末の総称として「ポケット型WiFi」と明記するWEBサイトも増えています。

上記のとおり、現在「モバイルWi-Fi」、「ポケットWiFi」、「ポケット型WiFi」は、同じ意味で使われることが多いです。当サイトでは、ソフトバンクの商材である「ポケットWiFi」や「ポケット型WiFi」ではなく、「モバイルWi-Fi」=全てのモバイル通信端末(WiMAX、ポケットWiFi、その他サービス)として解説します。

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。


そもそもモバイルWi-Fi(ポケット型WiFi)とは?ホームルーターや光回線との違いも解説

そもそもモバイルワイファイ(ポケットWiFi)とは?ホームルーターや光回線との違いも解説します 本章では、「モバイルWi-Fi」について解説していきます。

そもそも「モバイルWi-Fi」とは、LTE等の「電波」を利用したインターネット回線のことです。回線業者やプロバイダが設置している基地局と電波を通じてモバイルWiFiはインターネットに接続します。

契約する回線業者・プロバイダの基地局の電波が届く範囲でモバイルWiFiを持っていれば、どこでもWiFiを利用してインターネットに接続できるのです。

通信ができるところであれば、気軽に通信ができることが最大の特徴であり、最大の魅力でもあります。

概要を理解していただいたところで、次の章では類似サービスと比較しながら、モバイルWi-Fiについてより深く理解していきましょう。

光回線/モバイルWi-Fiルーター/ホームルーターの違いとは。自宅で利用するなら?

「実は、本当に自分が契約すべきはモバイルWi-Fiで合っているだろうか…。」とお悩みもいらっしゃるのではないでしょうか。

本章では、モバイルWi-Fiと同じく、Wi-Fi環境を作ることができるホームルーターと光回線について解説していきますね。

まず簡単に、光回線、ホームルーターとモバイルWi-Fiのメリット・デメリットについてまとめました。

モバイルWi-Fiのメリット・デメリット メリット
・モバイルルーター端末の持ち歩きが可能
・工事不要で設定が簡単
・通信費・時間の節約に有効

デメリット
・モバイルルーター端末のバッテリーが切れたら使えない
・モバイルWi-Fiによって電波がつながらないエリアもある
・通信制限がある
ホームルーターのメリット・デメリット メリット
・速度が早く安定する(光回線未満モバイルWi-Fi以上)
・工事不要で設定が簡単

デメリット
・費用がモバイルWiFiより高額になってしまう場合がある
・持ち運びができない
・大量の通信をしてしまった場合に通信制限にかかってしまう
固定回線のメリット・デメリット メリット
・速度が早く安定する
・通信制限が一切ない
デメリット
・回線の工事が必要
・費用がモバイルWiFiより高額
・持ち運びができない

上記のメリット・デメリットを踏まえると、モバイルWi-Fiは「持ち運びができて、どこでも通信環境を作れる」ことが分かるのではないでしょうか。

そのため、自宅以外でも使う予定が少しでもあるのであれば、モバイルWi-Fi一択ということになるでしょう。

「自宅だけでしか使う予定がないものの、引越しする可能性が高い、工事は避けたい。」ということであればホームルーター、「工事があってもよいから回線速度を重視する」という方は、光回線がおすすめと言えます。

注意
オンラインゲームやLIVE配信となると、ping値という別の値が求められます。モバイルWi-Fiやホームルーターはこの値が低いため光回線が推奨されています。SNS閲覧や動画視聴であれば、モバイルWi-Fiやホームルーターで全く問題ありません。

au/ドコモ/ソフトバンクなど多くの会社から販売されている

モバイルWi-Fiの概要について知っていただいたところで、次にどんな会社からモバイルWi-Fiは販売されているのかを解説しますね。

モバイルWi-Fiは、ざっくりいうと通信回線を提供している会社の数だけ種類があります

三大キャリアのau/ソフトバンク/docomoはもちろんのこと、一世を風靡した楽天モバイル、その他にはWiMAX、その他三大キャリアを使うことのできるクラウドSIMという仕組みがあります。

多数あるモバイルWi-Fiですが、モバイルWi-Fiの契約を検討する中で、検討すべきモバイルWi-FiはWiMAX/クラウドSIM /楽天モバイルの3種類のみで問題ありません。

その理由を次の章で詳しく説明していきますね。

コスパが良いWiMAXとクラウドSIM、楽天モバイルがおすすめ

なぜ、モバイルWi-Fiを検討する上で、WiMAX/クラウドSIM/楽天モバイルの3種類のみでよいのか。理由が気になりますよね。

結論、au、ドコモ、ソフトバンクで販売するモバイルWi-Fiは高額で、コストパフォーマンスが悪いため。

端末代金と月額代金を足すと、WiMAXやクラウドSIM、楽天モバイルのモバイルWi-Fiよりも値段が倍になってしまう可能性があるんです。

そのため、モバイルWi-Fiを検討する上では、WiMAX/クラウドSIM/楽天モバイルの3つから自分に合ったものを選ぶと覚えておけば問題ありません。

この前提を理解していただいた上で、この3つから自分に最適なものを選ぶための基準をご説明していきますね。

どのモバイルWi-Fiがおすすめなのか、結論をいち早く知りたい方は下記のボタンから飛ぶこともできますので、ご活用下さい。
▼今すぐおすすめを知りたい方はこちら▼ 2022年 最新版
モバイルWi-Fi
おすすめランキング


おすすめの選び方を紹介!失敗したくない方必見

選び方をエリア、容量、期間、料金、支払い方法、モバレコルーターという視点からご説明します 値段の面から、選ぶべきモバイルWi-FiはWiMAX、クラウドSIM、楽天モバイルの3つ。

この3つからおすすめのモバイルWi-Fiを絞っていくには、以下の6つ全てをチェックしましょう。


それぞれ1つずつ説明していきますね。

選び方に関しては、すでに知っているから、すぐにおすすめのモバイルWi-Fiを知りたい!とお思いの方は、以下のボタンより「おすすめのモバイルWi-Fi」をご覧ください。

【通信エリア】自分の住んでいるエリアが対応エリアなのかを確認する

モバイルWi-Fiの利用予定エリアを考慮する必要があります。

検討すべき3つのモバイルWi-Fiが利用する回線は以下の通り。
   
WiMAX クラウドSIM 楽天モバイル
利用できる
回線
WiMAX au/
ドコモ/
ソフト
バンク
楽天回線

対応エリアの範囲の広さは、ざっくりですが、「楽天モバイル < WiMAX <クラウドSIM(au/ドコモ/ソフバンク)」と考えておけば問題ありません。

ご存じの方も多いかと思いますが、楽天モバイルは2020年に発足したばかりの通信キャリア。2022年2月に人口カバー率が96%に到達したというリリースがありましたが、楽天回線がエリア内で楽天回線が入らない、ということが多数起きてしまっている以上、楽天回線はメインのモバイルWi-Fiとしては適さないと言えます。

WiMAXとクラウドSIMですが、クラウドSIMがau/ドコモ/ソフバンクの回線を使うこともあり、一番広範囲で使えるため、WiMAXがエリア外だった場合は、クラウドSIMを使う必要がある、と覚えておけば問題ありません。

WiMAXの対応範囲は、郊外部分だと圏外となる可能性が高く、いわゆる田舎の地域や島しょ部はクラウドSIMになる傾向があることも同時に覚えておきましょう。

【容量】自分に合っているデータ容量(GB数)を調べる

スマホのデータ通信と同様、モバイルWi-Fiにもデータ容量によってプランを選ぶことができます。

    モバイルWi-Fiの選べる2つのプラン
  • データ容量使い放題の「無制限」プラン
  • 1~200GB 自分の必要な分だけ選べるプラン

後者のプランの場合、「1日5GBまで」「1ヶ月間50GB」など、月間データ量に上限を設けており、これを超えると通信速度が制限されます。

モバイルWiFiルーターが速度制限にかかると、最大128Kbps~384Kbpsまで低速化し、ウェブサイトの閲覧にもかなりストレスを感じます。

一方で、モバイルWi-Fiには月間のデータ容量が無制限のプランもあります。

データ利用量が多い方や、速度制限が少しでも気になる方は、データ容量無制限のモバイルWi-Fiがおすすめですよ。

データ容量無制限のプランは、7GBなどのデータ制限のあるWiMAXのモバイルWi-Fiプランと比較すると、月額1,000~2,000円ほど月額料金が高くなります

ただし、数千円の違いで容量が無制限になることを考えると、無制限プランのほうが割安です。実際に100GBと無制限のモバイルWi-Fiの値段を比較してみました。
WiMAX クラウドSIM
利用できる容量 無制限(※1) 100GB
実質月額料金 4,226円(※2) 3,152円(※3)
1GBあたりの値段 使えば使うほど
安価に
33.08円
※1 短期間に大容量の通信を行った場合は、通信が制限されることもあります。
※2 WiMAXプロバイダで最安級のBroadWiMAXの場合
※3 クラウドSIMで最安級のTHE WiFiの場合

BroadWiMAXの場合、無制限のため、データ容量を使えば使うほど安くなります。ちなみに、月に128GB使えば、THE WiFiよりBroadWiMAXの方が1GBあたりの値段が安くなります。1日1GB多く使うだけで、制限ありのモバイルWi-Fiより無制限の方が安くなることを考えると、いかに無制限の方がお得か分かりますよね。



さらにモバイルWi-Fiは、自宅限らず、通勤/通学、オフィス、旅行先でも利用できるため、無制限にするメリットは大いにあると言えるでしょう。

データ容量を考える際には、ご自身が月々どのくらいデータ容量を使っているのか(月に100GB使うのかどうか)を把握して、自分に最適な月間データ容量のモバイルWi-Fiを選ぶことが大切です。

ただ、そうはいっても、無制限が使えば使うほど割安になるため、当サイトのおすすめは無制限のモバイルWi-Fiとなりました。

【契約期間】短期なのか長期なのか?何ヶ月(何年)利用するかを決める

モバイルWi-Fiには、最低利用期間があるものとないものがあります。最低利用期間はいわゆる縛りで、この最低利用期間の終了前の解約をしてしまうと、高額な違約金が発生してしまいます。

また、最低利用期間は、1年/2年/3年に設定しているモバイルWi-Fiがほとんど。

自分の利用予定期間を考えて、自分の利用期間に合っているモバイルWi-Fiを契約する必要があると言えるでしょう。

契約期間が短ければ短いほど、料金が上がる傾向にあります。そのため、リーズナブルに契約したい!ということであれば、最低利用期間が長いものを選ぶようにしましょう。

モバイルWi-Fiの中には、BroadWiMAXのように、契約期間は3年であるものの、特定の光回線やホームルーターへの移行であれば、解約金は無料というものもあります。

  • 最低利用期間の長さ
  • 解約金負担をしてくれるサービスがあるのかどうか

上記2点を踏まえて決定するようにしましょう。

もし、短期間のモバイルWi-Fiを検討しているということであれば、下記のボタンより縛りなしのモバイルWi-Fiを厳選した記事へリンクが可能です!

▼今すぐ縛りなしのおすすめモバイルWi-Fiを知りたい方はこちら▼

縛りなしのおすすめモバイルWi-Fiを
今すぐ知りたい方はこちら▼

お得な縛りなしのモバイルWi-Fiを
チェックする

【料金プラン】予算を確認の上、実質月額料金を比較して安いものを選択する

モバイルWi-Fiは基本的に長期で持つもの。やはり料金もチェックすべき項目です。

楽天モバイルは、契約元が公式サイトしかないため、比較する必要がないのですが、気を付けるべきはWiMAXとクラウドSIMのモバイルWi-Fiです。

WiMAXやクラウドSIMのモバイルWi-Fiは、販売元がたくさんあります。

WiMAXだけでも、提供元となるUQ WiMAXにBIGLOBE WiMAX、BroadWiMAX、カシモWiMAX…と10社以上あります。

ぜひ覚えて欲しいのは、WiMAXの場合であれば、どの窓口から契約しても対応エリアや端末、速度は全く同じということ。そのため、比較すべき要素は料金のみ

ただ、料金を比較するといっても、契約期間が異なれば、キャッシュバック額、プラン料金が全く違うため、正しく比較することが困難。

ぜひ覚えて欲しいのが、「実質月額料金」。

実質月額料金の計算方法は、実質月額料金 = (月額料金総額+初期費用+各種オプション料金-キャンペーン特典) ÷ 契約月数。契約先で異なる要素にばらつきがでないように比較できる尺度です。

もちろん本サイトでも実質月額料金を計算の上で、各社比較を行っていくので、少しでも実質月額料金安いものから選択してくださいね。

【支払い方法】クレジットカードのみか、口座振替も可能かをチェック

モバイルWi-Fiの支払い方法は、クレジットカードと口座振替に分かれます。

多くのモバイルWi-Fiの会社は、クレジットカード会社のみの契約になりますが、数社のみ口座振替で料金支払いが可能です。

ただ、口座振替を選択する場合は、手数料がかかる上に、契約できるモバイルWi-Fiが限られ、高額になってしまう可能性がほとんど。

料金をなるべく安くしたいということであれば、クレジットカード支払いを前提に考えることをおすすめします。

口座振替前提で考えていた、という方は、以下より口座振替ができるおすすめのモバイルWi-Fiをご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

口座振替ができる
モバイルWi-Fiをチェックする

【モバイルルーター】端末のスペックや対応速度、回線(5Gが使えるか)をチェック

モバイルWi-Fiの速度は、モバイルルーター端末のスペックに依存します。そのため、速度の速いモバイルWi-Fiを契約したい場合は、スペックの高いモバイルルーター端末を提供する会社を選べばよいということになります。

また、モバイルルーター端末の機種によって、同時接続台数や連続通信時間が異なるため、速度と合わせて、チェックしましょう。

WiMAX / クラウド SIM / 楽天モバイルで利用される主要端末のスペックを比較してみました。

モバイルルーター比較
端末
機種名
Speed
Wi-Fi
5G X11
Galaxy
5G
mobile
Wi-Fi
U3 Rakuten
WiFi
Pocket 2B
端末画像
提供元 WiMAX クラウド
SIM
楽天モバイル
利用回線 WiMAX 2+,4G LTE,
au 5G LTE
LTE 楽天回線
最大速度
(下り)
2.7Gbps 2.2Gbps 150Mbps
最大速度
(上り)
183Mbps 50Mbps
連続
通信
時間
約8時間 約1000分 約12〜13
時間
約10時間
最大
接続
台数
16台 10台 16台

上記の表から、圧倒的にスペックが高い機種は、5Gも使えて、速度が速く、最大接続台数が多いWiMAXということが分かるでしょう。

スペック重視の方は、WiMAXがおすすめです。口コミを見ても高評価の意見が非常に多く、名実ともに間違いないルーター端末と言えるでしょう。

【2022年8月最新版】モバイルWi-Fi総合比較ランキング

ポケットwifiの通信速度、通信容量、実質月額料金、回線を比較 今までの比較ポイントを表にまとめたのが、以下の比較表となります。

モバイルWi-Fiは、WiMAX回線が使えるものとクラウドSIMという技術で三大キャリアの回線が使えるものに大きく分けられるため、WiMAX/クラウドSIMそれぞれに分けて、表にまとめました。

また、WiMAXを提供している会社は10社以上ありますが、対応エリアや端末、速度などは全く同じのため、価格だけに着目しながら比較すれば問題ありません。

※月額料金の価格が安い順に表示しています
※クリックして比較表を切り替えできます

※この表は横にスクロールできます。
会社名 実質
月額代金
キャッシュバック額 使えるGB数
BroadWiMAX
4,226円 10,000円 無制限
GMOとくとくBB 3,736円 20,000円 無制限
カシモWiMAX 4,465円 0円 無制限
UQ WiMAX 4,900円 10,000円 無制限
BIGLOBE WiMAX 4,303円 19,500円 無制限
Vision WiMAX 4,386円 10,000円 無制限
au 5,773円 0円 無制限
DISM WiMAX 5,119円 0円 無制限
KT-WiMAX 5,170円 0円 無制限
エディオン 5,296円 0円 無制限
ヨドバシWiMAX 5,170円 0円 無制限
BIC WiMAX 5,170円 0円 無制限
Yamada Air Mobile 5,127円 0円 無制限
Tikiモバイル 5,154円 0円 無制限
So-net 5,480円 0円 無制限
EXWiMAX 4,693円 0円 無制限
※この表は横にスクロールできます。
会社名 実質
月額代金
1GBあたり
の値段
契約期間 使えるGB数 最高の
下り速度
速度制限時
の速度
THE WiFi
3,152円 33.08円 2年 100GB 150Mbps 128kbps
Mugen WiFi 3,454円 34.50円 2年 100GB 150Mbps 128kbps
hi-ho
Let’s Wi-Fi
4,036円 19.2円 2年 最大
217GB
(1日7GB)
150Mbps 128kbps
ギガWiFi 3,744円 37.44円 2年 100GB 150Mbps 128kbps
それがだいじWiFi 3,854円 38.54円 2年 100GB 150Mbps 128kbps
ZEUS WiFi
ギガ特盛
3,224 38.97円 2年 100GB 150Mbps 128kbps
Ex Wi-Fi CLOUD 3,848円 38.48円 2年 100GB 150Mbps 128kbps
モンスター
モバイル
3,642円 36.42円 1年 100GB 150Mbps 128kbps
Air WiFi 3,535円 35.35円 100GB 150Mbps 128kbps
クラウドWiFi
東京
3,993円 39.93円 100GB 150Mbps 128kbps
FUJI Wifi 5,170円 51.70円 100GB 150Mbps 128kbps
Chat WiFi 5,042円 26円 200GB 150Mbps 128kbps
STAR WiFi 3,993円 39.93円 100GB 150Mbps 128kbps
限界突破WiFi 3,854円 25.6円 2年 最大155GB
(1日5GB)
150Mbps 128kbps


WiMAXの表を見ると、GMOとくとくBBが最安ということが分かります。しかしながら、当サイトでのおすすめはBroadWiMAX。なぜなら、GMOとくとくBBはキャッシュバックを受け取れない可能性があるから。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り条件は以下の通り。

  • 受け取りは契約の11ヶ月後
  • キャッシュバックの案内は、GMOとくとくBBを契約する際に作るメールアドレスに届く
  • キャッシュバックに申し込み期限があり、逃すと2度と受け取れない
キャッシュバック額が高額であればあるほど、受け取れなかった場合に、利用総額がグッと上がってしまうことになりますよね。

一方、BroadWiMAXのキャッシュバックは、早くて翌日、期限がないため、安心して受け取れます。このような理由から、当サイトではBroadWiMAXをよりおすすめのプロバイダとしてご紹介します。

「キャッシュバックは確実に受け取れる自信がある。だから、最安のGMOとくとくBBの契約を検討したい!」とお思いの方は、ぜひ以下よりGMOとくとくBBの詳細ページへお進みください。

高額キャッシュバックで最安級!
GMOとくとくBBの詳細はこちら


それでは、上記の表とここまでのポイントを抑えた上で、おすすめのモバイルWi-Fiランキングを紹介します。

プランごとで比較し、最安のおすすめを紹介しているので、是非モバイルWi-Fi選びの参考にしてみて下さい。

BroadWiMAX|光回線並みの速度&無制限!限定キャッシュバックキャンペーンも

当サイトイチオシ!BroadWiMAX
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のロゴ

おすすめポイント

  • 当サイト限定!即日もらえる10,000円分のキャッシュバック!
  • 最新ルーター端末を最安値で契約可能!
  • 口座振替でモバイルWi-Fiを契約できる!
  • WiMAXプロバイダで唯一即日店舗受け取りが可能!
  • 3日間15GBの制限が撤廃!無制限で利用可能!

こんな方におすすめ!

コスパ高く、無制限で高速のモバイルWiFiで契約したい方におすすめ!

キャッシュバックとお得な月額料金割引!最新ルーターを最安級で契約したい方におすすめ!

口座振替を利用して、月間制限なしのWiMAX回線のモバイルWi-Fiを使いたい方におすすめ!

実質月額料金
(3年)
ギガ放題バリュープラン

4,226

BroadWiMAXの詳細は
こちらをクリック!

基本情報と当サイトの評価

BroadWiMAXのモバイルWi-Fi詳細
月額料金 契約開始月:1,397円
2ヶ月~:3,883円
初期費用 クレジット払い:3,300円
口座振替:24,373円
取り扱い
モバイルWi-Fi
ルーター
Speed Wi-Fi NEXT WX06
/最速下り440Mbps
Galaxy 5G mobile Wi-Fi
/最速下り2.2Gbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
/最速下り2.7Gbps
実質月額料金
(3年)
クレジット払い:4,226円
口座振替:5,283円
3年総額 156,376円
※契約月を1か月目とします。
契約月~更新月までの37ヶ月分の総額です。
キャンペーン 提携サイトWiMAX比較.comの限定申し込みページを利用すれば、Amazonギフト券10,000円がもらえる!

THE WiFi|通信の安定性重視の方向け!三大キャリアが支えて広範囲で利用可能

     
THE WiFi(100GBプラン)
THE WiFi(ワイファイ)のロゴ

おすすめポイント

  • 3大キャリアの回線が大容量100GBまで使えて業界最安級!
  • 海外でも利用できるモバイルWi-Fiルーター端末!
  • 30日間のお試し期間あり!

こんな方におすすめ!

WiMAX回線がエリア外で3大キャリアの安定した回線を使いたい方におすすめ!

速度の速さより値段重視でモバイルWiFiで契約したい方におすすめ!

海外渡航が多く、その度にルーターレンタルが面倒な方におすすめ!

まずはお試しで利用できて、使い心地を確認するに契約したい方におすすめ!

実質月額料金
(2年)

3,152

THE WiFiの詳細は
こちらをクリック!

基本情報と当サイトの評価

THE WiFiのモバイルWi-Fi詳細
月額料金 1ヶ月目~4ヶ月目:0円
5ヶ月目〜:ずっと3,828円
初期費用 3,300円
取り扱い
モバイルWi-Fi
ルーター
NA01
/下り最大速度150Mbps
実質月額料金 3,152円
2年総額 78,788円
※契約月~更新月までの24ヶ月分の総額です。
キャンペーン 30日間おためしキャンペーン

楽天モバイル|楽天回線が無制限で使えて業界最安級!初期費用や解約金も無料

楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ

おすすめポイント

  • 楽天回線であればデータ使い放題!
  • どれだけ使っても3,278円と業界最安級
  • 契約事務手数料や最低利用期間、解約金など無料!

こんな方におすすめ!

【必須条件】楽天回線エリアが生活圏内の方におすすめ!

利用データが無制限がよい方におすすめ!

初めてモバイルWi-Fiを利用する方におすすめ!

実質月額料金
(1年)

3,278

楽天モバイルの詳細は
こちらをクリック!

基本情報と当サイトの評価

楽天モバイルのモバイルWi-Fi詳細
月額料金 〜3GB:1,078円
3-20GB:2,178円
20GB以上:3,278円
初期費用 無料
取り扱い
モバイルWi-Fi
ルーター
Rakuten WiFi Pocket 2B/2C
実質月額料金
(1年)
3,278円
1年総額 最大39,336円

まとめ 〜おすすめNo.1はこれだ!〜

ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました。 モバイルWi-Fiを選ぶ際の3つのポイント、そして最新のモバイルWi-Fiおすすめランキングをご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に、このページの内容を簡単にまとめてみたいと思います。


WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは、au4GLTE回線/au 5G回線との併用も可能で、サービス開始以来安定した供給を実現しています。モバイルWi-Fiを安心して、お得に使うならWiMAX一択です。

また、モバイルWi-Fi各社の料金・速度・サービスの特徴を比較した結果、「BroadWiMAX」がおすすめno.1 となりました。実質月額料金が最安でキャンペーン特典も受け取りやすいことがBroadWiMAXの特徴です。

ただし、当サイト経由限定のキャンペーンを活用しないと、BroadWiMAXで契約したとしても最安値にならないので注意してくださいね!

一方、クラウドSIMのモバイルWi-Fiの中では、THE WiFiがおすすめNo.1。WiMAXのギガ放題プラスプランよりも容量は少なめですが、非常に格安です。 必要なデータ量の分だけ無駄なく利用したい方におすすめですよ。

おすすめのモバイルWi-Fiルーターのまとめは以上です。当ページが、少しでもあなたにとって最適なモバイルWi-Fiルーターを見つける参考になれば幸いです。

最後に、モバイルWi-Fiについてのよくある質問への回答を通して、本ページの内容をまとめます。 モバイルWi-Fiについてこのページで知ったことを整理して振り返りたい方は、ぜひご覧ください。

よくある質問

モバイルWi-Fiとは?

場所を選ばずにどこでもWi-Fiをつなげられる、ポケットサイズで持ち運びも可能なWi-Fiルーターです。

インターネット環境のない場所でも、スマホやパソコンをモバイルWi-Fiにつなぐことでインターネット接続が可能になります。

工事不要のホームルーターとモバイルWi-Fi、どちらがおすすめ?

迷ったら、持ち運びが可能でどこでもWiFiを使えるようになる、モバイルWi-Fiがおすすめです。

  • 外出先で使うことはない
  • より安定した通信環境が欲しい
  • 光回線の工事はできない/したくない
上記条件を満たす方には、ホームルーターをおすすめします。

モバイルWi-Fiでオンラインゲームはできますか?

基本的には、オンラインゲームにはモバイルWi-Fiは適さないと言われています。オンラインゲームの他には、LIVE配信といった大容量のデータ通信を行うものに関しては、光回線の契約をおすすめします。

モバイルWi-Fi選びのポイントは?

・速度
・通信の安定性
・月間データ容量
・エリア
・月額料金
・モバイルルーター
・支払い方法


これらのポイントを抑えて、できるだけ格安のモバイルWi-Fiを選ぶことです。

おすすめのモバイルWi-Fiサービスは?

データが大容量のものが欲しい方は、実質データ無制限のWiMAXがおすすめです。 WiMAXプロバイダの中でも、BroadWiMAXは、当サイト限定キャンペーンを利用することで最もおすすめの機種Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01を最安級で契約できます。

WiMAXがエリア外であれば、THE WiFiがおすすめです。

とにかく安いモバイルWi-Fiが欲しい!おすすめは?

安くて無制限のモバイルWi-Fiで一番のおすすめが、「Rakuten WiFi Pocket(楽天モバイル)」です。

  • 価格も業界最安級と非常に安い
  • 楽天回線エリア内という条件がついてしまうもののデータ無制限
  • 事務手数料、縛りや最低利用期間がないので契約のリスクなし
  • もれなく5000円相当のポイントがもらえる

上記のように、解約時におけるリスクが低い上に、価格が安いことが魅力的。

ただ、前述しましたが、データ無制限なのは楽天回線が通るエリア内のみとなります。契約時に必ず自分が利用するエリアをチェックしましょう。

楽天モバイルは2022年2月に人口カバー率96%突破を発表。唯一のデメリットとも言える、エリアの狭さが解消されたと言えます。

安いモバイルWi-Fiを検討している方は、ぜひ契約を考えてみてはいかがでしょうか?

楽天モバイルの詳細を知りたいはこちらをチェック 

短期利用におすすめの縛りがないモバイルWi-Fiは?レンタルか、契約か悩んでいる…。

1ヶ月未満の契約であれば、WiFiレンタルどっとこむがおすすめです。

その他おすすめのモバイルWi-Fiをご紹介していますので、短期間でモバイルWi-Fiの利用を考えているなら、「モバイルWiFiを短期間だけレンタルしたい!期間別おすすめサービス」をご覧ください。

また、契約事務手数料・縛り・契約期間のない楽天モバイルのモバイルWi-Fi「Rakuten WiFi Pocket」を持つというのも1つの手です。

楽天回線のみになりますが、データ無制限なので、1人1台持っていても損しないモバイルWi-Fiです。

合わせて検討してみてはいかがでしょうか。楽天モバイルのモバイルWi-Fiに関しては、こちらより詳細をご覧ください。


モバイルWi-Fiについての解説は、これで以上になります。 

一人暮らしのご自宅や外出先、旅行や出張の時など、いつでも使える便利なモバイルWi-Fi。

ぜひ、あなたにピッタリのモバイルWi-Fiを契約して、快適なインターネットライフを送ってくださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

モバイルWi-Fi
おすすめランキングへ戻る


人気記事

  1. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
PAGE TOP