GMOとくとくBBの口コミ評判・料金・エリア・制限

WiMAXプロバイダ
最高額キャッシュバック!
GMOとくとくBBについて徹底解説!


モバイルWi-Fi業界でも3,000万回線を突破し、人気が高まっているWiMAX(ワイマックス)。

そんなWiMAXの販売代理店であるプロバイダの中でも、高額キャッシュバックで高い人気を集めているのがGMOとくとくBBです。 GMOとくとくBBは、インターネットプロバイダ運営実績20年以上のGMOインターネット株式会社が運営しています。

2009年からGMOとくとくBBは、WiMAXのモバイルWi-Fiサービスを提供していますが、実際の契約者の口コミや評判はどうなのでしょうか。皆さんが気になるであろう高額キャッシュバックに関しても、月額料金と絡めてご紹介していきます。

WiMAXのモバイルWi-Fiを契約しているという方は必見です。それでは早速、GMOとくとくBBの口コミ、評判から見ていきましょう。

※掲載価格はすべて税込です。
田和さん

株式会社ビースリー 代表取締役 田和 充久

株式会社ビースリー代表取締役社長。1999年5月に検索エンジンやポータルサイト、インターネット通信回線事業を手掛けるエキサイト株式会社に入社。新規事業の責任者を務め、インターネットを通した事業開発に携わる。

2007年に起業し、株式会社ビースリーを設立。WEBマーケティング事業を始め、海外(タイ)にて食品事業を開始するなど、国内外に幅広く事業を展開している。事業外においては、NPO法人「格安SIMと格安モバイルWiFiの正しい選択方法の普及協会」を設立し、適切なインターネット通信回線情報の普及にも取り組んでいる。「一般財団法人インターネット協会」賛助会員。

清水さん

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役 清⽔ ⼤介

株式会社イメージ⼯学研究所 代表取締役。1997年、総合広告会社入社。通信キャリアの固定電話向けコンテンツサービスの立上げコンサルを行う。2007年にKDDIグループにジョイン。モバイル広告事業において企画営業、 新商品企画等担務を経て、 KDDIにて、コラボケータイ、新規協業メディアやauスマートパス等の新規事業の企画開発に携わる。

位置情報ビッグデータ分析ダッシュボード『KDDI Location Analyzer』等の新規事業を立上げ、位置情報データにおける全社利活用責任者に就任。 新型コロナウイルス対策における政府等公的機関への連携も統括している。2021年に独立。

KDDI在籍中11年の、新規事業スタートやビッグデータ利活用ビジネスを手がけた経験により、キャリアをはじめとした通信業界に精通している。 メディア掲載歴に「日経新聞」「ケータイウォッチ」が挙げられる。


GMOとくとくBBの評判・口コミ

GMOとくとくBBの良い口コミ

■高額キャッシュバックがもらえる
何と言っても、GMOとくとくBBがおすすめの理由として挙げられるのが高額キャッシュバックです。

WiMAXのキャンペーンは、月額料金割引、キャッシュバック、タブレットのプレゼントなど様々。そんな中、GMOとくとくBBは、WiMAXプロバイダの中でも最高金額をキャッシュバックしているプロバイダです。 2021年現在のキャッシュバック金額は、13,000円となっています。

他のWiMAXプロバイダでも、キャッシュバックキャンペーンは行われていますが、GMOとくとくBBの金額を超えるプロバイダは、今のところ登場していません。

そのため、GMOとくとくBBは高額キャッシュバックで人気の高いプロバイダという認識で間違いありません。キャッシュバック目当てで「申し込むならGMOとくとくBB!」という口コミや評判も多く見られます。

ただし、キャッシュバックの受け取り忘れには注意してください。後ほど詳しくお伝えしますが、キャッシュバックを受け取るためには、契約から11ヶ月後に申請手続きが必要。キャッシュバックの申請を忘れてしまうと、受け取る予定だった金額分、そのまま損をしてしまいます。

うっかり忘れるといったことがないよう、スケジュール帳に記入するなどしておきましょう。

■WiMAX2+回線で高速通信を実現
高額キャッシュバックと聞くと、「繋がりにくいなど、何か裏があるんじゃないの?」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんな心配は一切不要です。GMOとくとくBBが使用するWiMAX2+回線は、UQコミュニケーションズが提供する回線。そして、このWiMAX2+回線は、GMOとくとくBBはもちろん、JPWiMAX、BroadWiMAX、So-netなど含め、全WiMAXプロバイダが使う回線です。

つまり、GMOとくとくBBが高額キャッシュバックでお得だからと言って、WiMAX2+回線の特徴である、下り最大2,700Mbps(au 5G利用時)の高速通信や、月間データ容量無制限のギガ放題プランなど、サービス内容に違いはありません

そのため、高速通信可能なWiMAXのモバイルWi-Fiの中でも、高額キャッシュバックでお得に契約できるGMOとくとくBBは、人気の高いプロバイダとなっています。

■地下でもつながりやすい
これまでWiMAX2+回線は地下に弱いと言われてきました。しかし、2017年2月にWiMAX2+の受信エリアを全国化するなど、つながるエリアはどんどん拡大しています。また、東京では東京メトロ全駅、大阪では市営地下鉄全駅など主要地下鉄内で、WiMAX2+回線が使用できます。

「それでもつながるか不安」という人は、ハイスピードプラスエリアモードのオプション(1,105円/月)をつけることで、WiMAX2+回線に加えて、auのLTE回線も利用可能。LTE回線なら、地下でも、より繋がりやすくなります。

GMOとくとくBBの残念な口コミ

■キャッシュバックが受け取れない可能性がある
GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiを契約する方のほとんどが、高額キャッシュバックを楽しみに契約されているのではないでしょうか。

しかし、そんなGMOとくとくBBの高額キャッシュバックには注意点も。なんと、折角の高額キャッシュバックですが、受け取れなかったという口コミ・評判が非常に多いんです。

その理由について、GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法を見ていきましょう。
  • キャッシュバックの申請時期が11ヶ月後と遅い
  • 申し込み期間が1ヶ月と限られている
  • キャンペーン案内が普段使わないプロバイダメールに届く
上記の3つのポイントをクリアして初めて、高額キャッシュバックを受け取ることができます。

申請が約1年後となると、キャッシュバックであっても案外忘れてしまうもの。そのため、受け取れなかったという残念な口コミ・評判が目立っています。

とはいえ、キャンペーンの申請さえしっかり完了できれば、問題なくキャッシュバックを受け取ることができます。そのため、GMOとくとくBBを契約する際は、前もって予定表にいれておくなどして、絶対に忘れないよう工夫することが重要です。

■GMOとくとくBBギガ放題プラスプランでも速度制限を受ける
GMOとくとくBBギガ放題プラスプランは、月間データ容量は無制限ですが、3日間で15GBのデータ容量を使った場合にのみ通信制限がかかってしまいます。

3日間で15GB以上のデータ容量を使ってしまった場合には、翌日の18時から翌々日の2時までの約8時間1Mbpsという速度まで低速化します。この1Mbpsという速度は、Youtubeの通常画質動画の視聴が可能な速度。低速とは言っても、スマホの速度制限などとは比較にならない程、スムーズにインターネット通信を行うことができます。

メールやLINEのやりとりはもちろん、軽めのWEBサイトの閲覧なども問題なく行えるため「通信速度制限はあるけれど、あまり気にならない」という口コミもある程です。

とはいえ、上記でもお伝えした通り、GMOとくとくBB以外であってもWiMAX2+回線はどのプロバイダも同じ。つまり、GMOとくとくBBギガ放題プラスプランで速度制限を受けてしまうというのは、GMOとくとくBBに限った口コミ、評判ではありません。

GMOとくとくBBというよりも、WiMAXのモバイルWi-Fiへの評判と言えます。

■移動の際に通信が途切れることがある
WiMAX2+回線は障害物に弱いという特性があり、新幹線などの利用中、トンネル通過の時などに通信が途切れてしまうことがあります。そのため、オンラインで映画を見ていても途中で止まってしまい「イライラする!」、「きちんと楽しめない!」という口コミも見られます。

ただし、この口コミに関しても、GMOとくとくBBだけではなくWiMAXのモバイルWi-Fi全ての共通点と言えます。

対策方法としては、移動中に映画などの動画を楽しみたいときは、前もってダウンロードしておくのがおすすめです。AmazonプライムビデオやiTunes Store、dTVの動画サービスでは、映画をタブレットなどの端末にダウンロードしておくことができます。

WiMAX2+回線の場合、2時間程度の映画なら1分程度でダウンロードできるので、駅で電車待ちの間に済ませておくと車内でも途切れることなく映画を楽しめます。

GMOとくとくBBの料金・エリア・制限をまとめました

GMOとくとくBBが提供するプランは、WiMAX +5G ギガ放題プラスのみ。一目でわかるように、表にまとめました。


WiMAX +5G ギガ放題プラス
料金 実質月額
4,094円
機種/速度 Speed Wi-Fi 5G X11
/最速下り2.7Gbps(※)
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
/最速下り2.7Gbps(※)
ネットワーク WiMAX 2+、au 4G LTE、au 5G
月間データ容量  実質無制限
契約期間 3年
契約事務手数料 3,300円(初回のみ・税込)
契約事務手数料 3日間で15GB以上の通信をすると通信速度が制限されます。
制限される時間は、翌日の18時から翌々日2時頃。
※プラスエリアモード使用時

プラスエリアモードとはWiMAX2+回線に加えてau 5G回線も使えるようになるモードです。


GMOとくとくBBで取り扱っているルーター

GMOとくとくBBで現在扱っている4機種の中でも、5G回線に対応している2機種についてまとめました。どれを選んでもルーター代金は無料なので、通信速度を重視するか、バッテリーの持ちを重視するかを基準に選ぶのがおすすめです。

いずれのルーターを選んで頂いても、キャッシュバック金額としては最高額。その中でもW05が、最も高いキャッシュバックを受け取ることが可能です。それでは見ていきましょう。

モバイルWi-Fiで速度がNo.1 Speed Wi-Fi 5G X11

WiMAX(ワイマックス)のモバイルWi-FiルーターSpeed Wi-Fi 5G X11

  • 最大通信速度:2,7Gbps
  • 連続通信時間:ノーマルモード約490分、エコモード約570分

固定回線にも並ぶ、2.7Gbps超えの速度を誇るX11。

Wi-Fi6対応なので、安定した高速通信が可能な端末です。重量が174gと軽く、通信環境の良さ・通信速度、軽さにこだわる場合は、こちらのモバイルWi-Fiがおすすめです。

バッテリーの持ちを重視する人に Galaxy 5G mobile Wi-Fi

WiMAX(ワイマックス)のモバイルWi-Fiルーター Galaxy 5G mobile Wi-Fi

  • 最大通信速度:2.2Mbps
  • 連続通信時間:1,000分

5,000mAhの大容量バッテリーに加え、5.3インチの大画面で操作性がUPした端末です。バッテリーの持ちで選ぶならこちらです。

Speed Wi-Fi 5G X11より速度が劣るものの、光回線並みの速度で利用できます。

自宅利用が目的なら Speed Wi-Fi HOME L02

SpeedWi-FiHOMEL02

  • 最大通信速度:2.7Gbps

最大2.7Gbpsという数値は光回線に並ぶ凄まじい通信速度です。

工事不要で、コンセントに挿すだけで利用できる、便利なホームルーターです。

※画像はすべて公式ページより引用
※最大通信速度は、東京、大阪、名古屋などの都市部を中心とした地域での速度です。

まとめ

WiMAXの代表的プロバイダの1つであるGMOとくとくBBについて解説してきましたが、いかがでしたか。

高額キャッシュバックが、非常に人気を集めている一方で、受け取りが難しいという口コミ・評判が見られました。

また、キャッシュバックを受け取れなかった場合、キャッシュバック金額がそのまま損になってしまうものの、ギガ放題プランの場合はキャッシュバックを受け取れたとしても最安値ではありません。そのため、当サイトでは以下のような方にGMOとくとくBBをおすすめします。
  • 通常プランを最安値で契約したい方
  • 高額キャッシュバックのお得感を味わいたい方
当ページをご覧頂き、「GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiを契約したい!」「やはりキャッシュバックが気になる」という方は以下の公式サイトから詳細を確認頂くことが可能です。

GMOとくとくBBの
公式サイトはこちら

「GMOとくとくBBより少しでも安く契約できるなら他のプロバイダが良い」「安心してお得に受け取れるキャンペーンが良い」という方は、以下でおすすめのモバイルWi-Fiを徹底比較しています。おすすめの最安値モバイルWi-Fiを契約したいという方は以下をご覧下さい。

モバイルWi-Fi徹底比較!
おすすめの最安値No.1はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で最大月額3,278円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
PAGE TOP